嵐・櫻井は“ギャル男”だった!? 笑撃告白にファン「翔くんのプリントシール見たい!」(夕刊フジ)

Pocket

 7日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)で、櫻井翔(36)が ジャニーズJr.時代の思い出を告白。「ギャル男だった」と発言し、スタジオを驚かせた。

 この日のオープニングトークは、サッカーのロシアW杯がまもなく開幕するということから「ワールドカップと言いますと、渋谷のスクランブル交差点が話題になったりします。最近スクランブル交差点渡りました?」(櫻井)と、かなりピンポイントな話題に。さすがにメンバーは「いや~どうでしょう…」とまったく盛り上がらず、櫻井も「うん、トークテーマ変えよう!」と潔く切り替えてスタジオの笑いを誘った。

 トークは「じゃあね、スクランブル交差点といったらわれわれJr.のときの思い出とかもあるわけじゃない。NHKに行きますっていうときにさ」と、デビュー前の話題へ。以前にも番組内で語られていたが、当時、Jr.がNHKに集合する際、待ち合わせ場所は原宿、渋谷、代々木公園という3つの駅ごとに分かれていた。二宮和也(34)と相葉雅紀(35)は「われわれは代々木公園ですね」。櫻井と松本潤(34)は「ここ渋谷組」。そして大野智(37)は「俺、原宿組」。ここで二宮が「逆言うと、原宿から行けないかも。NHK」とこぼすと、大野は「ファンの子が案内してくれるよ」と天然発言。二宮としては「仕事関係なく行く場合に道順が分からないかも」ということを伝えたかったのだが、ファンがいる前提で話す大野に、メンバーは手をたたいて爆笑した。

 一方の櫻井は「Jr.のときも、高校生のときも含めて週8日くらい渋谷にいた」と当時を回顧。「あるときは右側のゲーセン行ってサッカーゲームをして、あるときは左側のゲーセン行ってプリントシール(現在のプリクラ)撮って」と述べ、とにかく毎日渋谷で遊んでいたことを告白したが、「あれ、何が楽しくてあんなに写真撮ってたんだろうな…」とふとわれにかえる場面も見られた。

 松本が「(撮ったプリントシールは)残ってるの?」と問いかけると、「全部残ってるよ」と櫻井。「今井翼くんと撮ったやつとかあるよ。松本くんもあるんじゃないかな」と懐かしげに語り、スタジオを驚かせた。

 街を闊歩(かっぽ)し、プリントシールを大量に撮るなど、まさに当時のギャルのような時間を過ごしていた渋谷組。「ちょっとギャルっぽかったのよ(笑)」(松本)、「俺らギャル男だったんですよ!」(櫻井)と本人たちも認め、現在の大人なイメージからは想像できない告白でスタジオに爆笑を起こした。

 この思い出話にSNSでファンが即反応。「翔くんのプリントシール見たい!」「プリをちゃんととっておいてるの、翔くんらしいな~」と大盛りあがりとなった。また、「オープニング企画だけで1時間やってほしい!」などと、嵐5人だけのトークをもっと見たいという意見も多く見られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA