「紀州のドン・ファン」妻は海外も? 和歌山カレー事件の林健治氏が助言「刑事事件に強い弁護士を雇うべし」(AERA dot.)

Pocket

 紀州のドン・ファンこと、実業家の野崎幸助さん(77)が5月24日夜、和歌山県田辺市の自宅で急性覚せい剤中毒で「怪死」した疑惑。6月11日は野崎さんが「自分の遺産をイブ(の飼い主)に相続させたい」と溺愛していた愛犬、イブの「お別れ会」が和歌山県内の高級ホテルで予定されていた。

 イブも野崎さんが亡くなる18日前の5月6日に突然、もがき苦しんむという怪死を遂げていた。

 野崎さんが経営する会社の元従業員はこういう。

「普通、こうした事態になったので、野崎さんの奥さんら遺族からイブちゃんのお別れ会は中止と連絡が入るはずですが、何もありません」

 お別れ会が予定されたホテルに取材すると、「いろいろと報道されていますが、もともと予約は入っていなかった」と困惑する。

 野崎さんの55歳年下の妻(22)は6月8日未明に和歌山の自宅から車で出かけて以降、報道陣の前から姿を消したままだ。

 野崎さんの親族も妻と連絡が取れないと困惑している。

「49日法要をいつどこでやるのか、その打ち合わせなど、全く奥さんから連絡がありません。まだ、幸助のお墓も決まっておらず、どう弔うのか、こちらも困惑しています」

 そして妻の代理人に就任したという弁護士が11日、報道各社にファクスを送り、加熱する報道に対し、慎重な対応を要請した。

 同弁護士事務所は、野崎さんの妻に対する行きすぎた取材、臆測に基づく記事、名誉、肖像権の侵害が多数、散見されると主張。今後は法的措置も含め、厳重に抗議するという。

 最近、妻と連絡をとった関係者はこう言う。

「6月7日、和歌山県警の家宅捜索に立ち会い、これまでも何度も県警に事情を聞かれ、すっかり疲れ果てたと言ってました。『日本にいれば、いろいろ騒がれるから海外に行きたい』と話していました」

 紀州のドン・ファン怪死の報道を見ながら、「20年前を思い出すわ」と、しみじみ語るのは、和歌山カレー毒物混入事件、林眞須美死刑囚の夫、林健治氏だ。


林眞須美死刑囚の夫、林健治氏

 野崎さんの和歌山の自宅前を連日、メディアが取り囲んでいるが、カレー事件の時も同じ光景が繰り広げられたというのだ。

「状況はカレー事件の時とよく似ている、そっくりや。テレビ見たら、カレー事件の時にいた記者連中の顔もあったな」と健治氏。

 カレー事件は1998年7月に和歌山市の園部地区の夏祭りで、屋台で提供されたカレーに毒物が混入され、5人が急性ヒ素中毒で死亡するという前代未聞の事件だった。

 同年10月に眞須美死刑囚と健治氏は保険金詐欺容疑で逮捕された。

 その後、カレーにヒ素を混入したのは眞須美死刑囚とされ、殺人容疑で逮捕。2009年には眞須美死刑囚の死刑判決が確定した。

 一方、健治氏は詐欺罪で懲役6年の実刑が確定。05年に刑務所を出所した。

 事件から逮捕までの2か月以上、すさまじいメディアスクラムの状況だったと健治氏は振り返る。

「家の電話は朝から夜まで鳴りっぱなし。インターホンが聞こえて出ると必ずマスコミや。マスコミに翻弄される毎日やったわ。トイレに行く時間すらなかった」

 そんな中でも健治氏は心がけていたことがあった。

「ワシは今でも眞須美は冤罪やと思っている。だから、メディアに家を取り囲まれても、外出の必要があれば堂々と出かけた。逃げるように、コソコソするとそれこそ犯人や、怪しいというイメージになる。世論に犯人だとされてしまうと思ったんや。だから、『堂々としていたら、ええんや』と家族にも口をすっぱくして言うたわ」。

 メディアに追いかけ回される野崎さんの妻の映像をテレビで見たという健治氏はこう同情する。

「右も左もわからん若い女の子がマスコミに追いかけられて気の毒なもんや。ほんま、同情する。その心情は自分のことのようにわかる。しかし、犯人ではないなら堂々とした方がええ」

 さらに同じような経験をした立場からアドバイスをしたいと主張する。

「おこがましいけど、一刻も早く刑事事件に強い弁護士に依頼をするべきや。和歌山は腕のええ弁護士があまりおらん。地の利から見れば、大阪の弁護士がいいと思うな。ワシも弁護士を選任して、窓口になってもらい、かなり楽になった。弁護士にはちゃんとカネを払うこと。そうしないと、働いてくれやんからな。やっぱり金やで。資産家のドン・ファンの妻なら弁護士代くらい安いもんや」

 和歌山県警は野崎さんが自宅でビールを飲んだ後、急死したことから覚せい剤を口から摂取した可能性が高いとみて、自宅から押収したビール瓶2千本を鑑定するなどの捜査を進めている。

「はじめて野崎さん宅を捜索したとき、亡くなった日に飲んだビール瓶が、すでに経営している酒店に戻されていた。それゆえ酒店にあったビール瓶すべてをチェックすることにした。墓から押収した愛犬イブの鑑定も進めている。ただ、イブの体内から覚せい剤が検出されだけでは、決め手にならない。野崎さんの体内から検出された覚せい剤と、同一か否かがカギになる。捜査は長期化する可能性もある」
(和歌山県警関係者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA