ミス・アメリカ“水着審査”廃止でミス日本は? 事務局に聞く(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 1921年から続く米国のミスコン「ミス・アメリカ」機構が5日、水着とイブニングガウンの審査を廃止すると発表。同機構の理事長が「私たちはもはや美人コンテストではない」「出場者を今後、外見で判断しない」と述べたと報じられ、日本のネット上もカンカンガクガクだ。

「外見もその人の個性だと思う」「美しさだけ頭から否定するのは変」などなど、“廃止反対派”を中心に大いに盛り上がっている。

 とはいえ、何かとアメリカの後追いをしがちな日本。日本のミスコンも水着審査がなくなるんじゃないか。

 1950年に始まった「ミス日本コンテスト」は、「美と健康で、より良い社会を築く」を目的に毎年1月に開催。事務局によると、「内面・外見・行動」の“3つの美”を備えた女性を選んでいる。それを審査するためにパーティー審査、ステージ審査を2日間で行い、パーティー審査では社交性を判断、ステージ審査では和装、ドレス、そして水着の衣装で審査員の質問に答えるという。要するに水着審査もある。

 事務局長の和田健太郎氏は「ミス・アメリカの判断は私たちには分かりませんが」と前置きして、こう話す。

「以前からミス日本でも議論がありましたが、審査は必ずしも“水着”でないといけないわけではありません。美しい体型は1日にして成りません。普段から不摂生な生活をしていると、お腹が出るなど、プロポーションはすぐに崩れます。日々の生活の鍛練、努力を審査するのに水着が適しているだけなのです」

 日々の鍛練による健康的なプロポーションの保持が確認できれば、実はトレーニングウエアでもOKなんだとか。

「今後、3つの美(内面・外見・行動)を判断する中で、今回のミス・アメリカの水着審査廃止についても議題に上がってくると思います。次回の水着審査については検討中です。他のコンテストのグランプリ受賞者は芸能人になるケースが目立ちますが、ミス日本の受賞者は学者や経営者になる女性が多いですね」(和田事務局長)

 健康的な美の追求には大賛成だが、時代の流れには逆らえないか。ちなみに、来年1月に行われる「ミス日本コンテスト2019」の応募の締め切りは7月15日だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA