オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 「最近急にテレビで見ない」「ついに“あの人は今”芸人か」などと囁かれているオリラジの中田敦彦(35)が5日、妻でタレントの福田萌(33)とのツーショット写真を自身のインスタグラムに掲載した。この日は2人の6年目の結婚記念日と福田の誕生日であり、「#今日の妻も可愛い」とハッシュタグを書き加え、良き夫ぶりをうかがわせた。

 高学歴芸人で受験本も出版していた中田だが、今年3月に「ビビット」(TBS系)のコメンテーターを降板、準レギュラーになっていた「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)のパネリストとしても見なくなった。一部ではMC狙いのために「ビビット」を辞めたという話もあるが、中田のもうひとつの看板“イクメン”キャラも、妻の佐々木希が妊娠中のアンジャッシュ渡部にお株を奪われつつあり、影が薄くなる一方である。

「クイズ番組が人気なので、高学歴芸人の需要はあるけれど、中田の場合は何でも論破してしまうから知識が鼻についてしまって視聴者に好かれない」(テレビ関係者)という声も上がっている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「不倫に対しても厳しく、コメントとしては至極妥当。しかし、中田さんの本分はお笑い芸人。求められているのは正論ではなくて、笑いと安らぎです。クイズもワイドショーも市場としては狙い目なのは確かですが、“嫌われない”ことが大前提。本分のお笑いに落とし込めていないのが問題なのでは」

 頭脳派の中田だけに、マーケティングは合っているが……芸人として面白くないのが致命傷か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA