総武線「痴漢疑惑で鉄塔逃亡男」は一流大卒・メガバンク行員だった(現代ビジネス)

Pocket

 6月2日、総武線・幕張本郷駅の鉄柱にしがみついた男が世間を騒がせた。痴漢がバレて逃亡をはかり、逃げ場を失い、たどり着いたのが「鉄柱」だったのだ。実はこの男、ただの痴漢ではない。本日発売の週刊現代は男の「素性」と「立派な経歴」について報じている。

パンツ姿で

 「意識ない! 意識ない!」

6月2日午後11時40分を回った頃、千葉県千葉市花見川区のJR総武線幕張本郷駅。駅舎を支える鉄柱から、腰にベルトを掛けてぶら下がった消防のレスキュー隊員が、階下の線路で待機している警察官に向かって必死に叫んでいた。隊員の前には、鉄柱につかまりながら、ぐったりとしている中年男性の姿があった。

「その中年男は、青いシャツを着ていましたが、なぜか下半身はズボンと靴を身につけておらず、素足にパンツという異様な姿でした。身長は175㎝程度、でっぷり出ている腹から想像するに体重120㎏はあるんじゃないかな」(目撃者)

 それから約5分後、その中年男性を抱えながらレスキュー隊員が鉄柱をつたって降りてきた。建造物侵入容疑で現行犯逮捕されたのは家田慎也容疑者(51歳)。痴漢の疑いもかけられていた。

家田がしがみついていた鉄柱の高さは約5m。すぐ近くの架線には高圧電流が流れる危険な場所だ。彼はなぜ「パンツ姿」でこんな場所にいたのだろうか―。

「女性客が痴漢の被害にあったと訴えている」と駅員から同県警千葉西署に通報が入ったのは、その日の午後9時10分のことだった。

数名の警察官が急いで駅に駆けつけると、駅員によって駅舎の2階にある事務室で待機させられていたはずの被疑者の姿が見えない。

どうやら、駅員が席を外した一瞬のスキをついて逃亡を図ったようだ。おそらく事務室の窓から外に出たのだろう。家田は線路に逃げるべく、ホーム上にある駅舎から飛び降りようとした。しかし、高さにおののいたのか実行できなかった。結局、駅舎を支える鉄柱に隠れることにしたらしい。

駅員と警察官たちが慌てて辺りを探し、鉄柱にしがみつく家田を発見したのだ。

一流大からメガバンクへ

 多大なる迷惑をかけた「鉄柱しがみつき男」は、一体どのような人生を歩んできたのか。

 家田の知人の男性はこう明かす。

「実は、家田は慶應義塾大学を卒業したエリートなんです。卒業後の’90年に、メガバンクに就職しています。いくつかの支店を回りながら、都庁に出向してオリンピック招致の仕事に携わっていたこともあると聞きました。雰囲気が暗くて、口も達者なタイプではないですが、数字に強く、金融に関する知識はそれなりに持ち合わせていました」

 一流大学から大手メガバンクに就職と、華々しい経歴を歩んでいたのだ。知人はこう続ける。

「’08年に銀行を退職した後、本人からは『流通大手のイオングループに転職した』と聞きました。『経営企画室に在籍している』と自慢していましたね(イオンの広報担当は在籍について『お答えできない』)。そこも5年足らずで退社し、整体院グループを経営する会社に就職しました。本人は『困っている人の体を治したい』と話していましたが、どこまで本気かわかりませんでした」

家田はその整体院も退職。直前には、今回と同じような事件を起こしていた。全国紙の地元支局記者が言う。

「実は、’16年10月にJR成田線の車内で熟睡していた女性に抱きついて、胸や太ももを触って現行犯逮捕されているんです。それが原因で、整体院の会社もクビになっている。しかも、そのときも現場から逃走しています。痴漢に気づいた女性が成田駅で家田を駅員に引き渡そうとしたところ、線路に降りて猛ダッシュで駆けだしましたが、結局捕まったそうです」

本日発売の週刊現代では、家田の「余罪」や交友関係についても詳細に報じている。さて、迷惑男はこの一件でどれほど大きな「代償」を追うのやら――。(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA