指原莉乃『バチェラー2』での「恋愛解説」はクセになる(NEWS ポストセブン)

Pocket

 恋愛や結婚をテーマとしたバラエティ番組は数あれど、Amazonプライム・ビデオの『バチェラー・ジャパン』シリーズは、ゴージャス空間で繰り広げられる浮世離れした世界にあるのにリアリティーショー、という奇妙な面白さが突出している。待望のシーズン2で、さらに日本の視聴者向けに番組のアピールポイントが変更された同番組の新たな魅力について、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が解説する。

 * * *

 指折り数えた日がきた。そうAmazonプライム・ビデオで『バチェラー・ジャパン シーズン2』が2018年5月25日に配信されたのだ!

 ご存知のない方にざっくりとした説明を。

『バチェラー』とは、アメリカ発の恋愛リアリティー番組。容姿、収入、学歴と全てを持った独身男性(英語:bachelor)を20人の美女が奪い合う。バチェラーと女性陣は“ラグジュアリー”な空間で蜜月の時を過ごす。東京スカイツリー貸し切り、プライベートジェットでの大空散歩、豪華ヨットでのクルージング、バブル時代真っ青のデートを繰り広げる。

 各話の最後には、バチェラーが残って欲しい女性にバラを手渡すローズセレモニー。各話ごとに1~2名の女性がドロップアウト。回を追うごとに人数は減っていく“サバイバル”戦を行う。最後の1人となった女性は“真実の愛”をバチェラーと分かち合う。そして、結婚を前提とした交際をスタートさせるのだ。

「世界一の恋愛リアリティーショーの日本版が遂に!」と銘打たれ、2017年2月17日に初配信された『シーズン1』。ジワジワと火がつき、2017年度のAmazonプライム・ビデオの視聴ランキングで8位を獲得した。僕を含め「恋愛番組は興味ないけど『バチェラー』は別腹」、そんな人は多い。射止めたい意中の男性を前にしたときとそれ以外で、女性はまったく別の顔を見せる。だが、そのさまをまじまじと見る機会はそうない。『バチェラー』では、表の顔と裏の顔をクッキリと見られる。そりゃ面白いに決まっている。余談だが、テレビをそもそも見ないうちのお袋もハマった。ま、それくらいに面白いのである。

 5月25日深夜0時、『バチェラー・ジャパン シーズン2』が5話分配信された。1年ぶりに見る『BACHELOR』のロゴ。“O”の文字だけが結婚指輪をモチーフとしたイラストになっており、キラリと輝く。指輪をめぐるバトルなんて『ロード オブ ザ リング』と『バチェラー』ぐらいだ。興奮しつつ、もちろん一気見。

 いやいや『バチェラー・ジャパン シーズン2』は『シーズン1』とは別物だった。番組フォーマットは同じだが、コンセプトが違う。『シーズン1』で嫌というほどナレーションで語られた「真実の愛」なるフレーズがあまり出てこない。

『シーズン1』のバチェラー久保裕丈と選ばれた女性・蒼川愛が“真実の愛”をうたっておきながら、早々に別れたこともあるのか。前回に比べて“純愛”成分は薄い。

 かわりに打ち出されたのが“サバイバル”要素。番組バナーにも「新感覚婚活サバイバル」と明記される。『シーズン1』でロマンチックな恋愛模様の副産物としてあった女のバトルが全面に。それゆえ番組の構成も変更されていた。

『シーズン1』で、本編とは別に配信されたバチェラー・ジャパン総合プロデューサー今田耕司とゲストのトークコーナー『バチェラー・ジャパン プレミアム・トークセッション』。『シーズン2』ではこれが廃止。かわりに今田、藤森慎吾、指原莉乃がVTRを見てのスタジオトークが本編に組み込まれた。

『バチェラー・ジャパン プレミアム・トークセッション』は、ゲストの恋愛観を今田がインタビューしつつ、“ラグジュアリー”な恋愛リアリティーを応援するコーナーだった。しかし、『シーズン2』のスタジオトークは、その趣を受け継ぐことなく“ラグジュアリー”さはゼロ。本音と辛辣さ、第1話の冒頭で指原は「もっとケンカして欲しい!」と早速ゆがんだ欲望を吐露する。

 確かに『バチェラー』で起こる女性同士のケンカは面白い。ドラマで見るような大声をあげるようなことはない。それは、ある女性がツーショットから戻ったとき、つとめて明るく軽い口調で切り出したことから始まった。

女性1「あなたが2回キスしたから、私はもっとしたよ」
女性2「私はそんなの競ってないから(小声)」
女性1「ナニを!? 今、話してもらっていい?」
女性2「キスの回数とか関係ないから。(あなたは)精神状態まともじゃないというか……」

 バチェラーとしたキスの回数で淡々と揉める、生々しさと異常性がある。

 ちなみに、女性2もまともではなく。「この『バチェラー』でうまくいかなくとも、いつか私を日本から探し出してくれる」や「バチェラーと結婚できなかったら、私は一生結婚しない」といった狂信的な発言をしている。

 当初は、民放バラエティ的なスタジオトークに辟易としていた。しかし、回を重ねていくうちに楽しみに。『シーズン2』の女性陣を見て、今田、藤森が感想を述べる。両人のコメントに僕は大いに共感する。2人が話すことは、男性の大多数が思う女性の捉え方だろう。それに辛辣なツッコミを入れるのが指原だ。

 参加者のひとりに「付き合った人をダメ人間にしちゃう、私が甘やかしてしまうから」と語る女性がいた。今田はその女性を推しメンとしてプッシュ。対して、指原は「けどこれって“私は愛情が深い女です”とアピールしている自虐風自慢ですよね」とツッコミ。

 番組の恋愛サバイバルが進み沖縄に移動した一行は、バチェラーとのツーショットタイムを争うビーチフラッグに挑戦。勝者となった女性は過剰に喜びをアピールする。その様子を見て「勝って喜びすぎる姿って女性らしさがないですよね」と指原は評する。

 その直後、番組開始直後からバチェラーの本命だと思われた女性がドロップアウト。男性の理想を体現する純粋なタイプだったので、「本当にいい子のままいなくなったね」と藤森。そして「だー違う、あざといのにな」と顔をしかめる指原。「違うよ違う、バチェラーにふられたときに涙も見せなかったじゃない。そんな健気ないい子だよ」と今田。この意見の相違に、指原は「ケンカします?」と鼻息を荒くする。

 上記のような、指原による女性目線での解説。これが『シーズン2』の魅力を最大限に引き出す。非現実な婚活サバイバル『バチェラー』を小気味よく裁き、ラグジュアリーで浮世離れしたサバイバル空間と、現実とのパイプ役を果たす。

 当初は、指原の解説により面白さが説明的になった『シーズン2』は、『バチェラー1』と比べ、退化したと見ていた。しかし嫌いだった解説が段々とクセになってくる。指原の解説を求めている自分がいる。こんな心変わりは、サッカー日本代表戦で居酒屋解説をする松木安太郎以来、2度目。まぁ、指原の方が比べてものにならないくらい理性的な解説なんだけど……。

『バチェラー・ジャパン シーズン2』は、今現在(2018年6月7日)6話目まで配信している。女性陣も20名から5名にまで絞られた。今後も海外デート、バチェラーの両親との面談、そして女性陣のケンカと魅惑の展開が続くだろう。なにかと話題が尽きない『バチェラー』、ゆえに話のネタにもなる。そういった意味でも見て損はしないコンテンツだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA