乃木坂46、セラミュで華麗にメイクアップ! 白石麻衣の月の女王にタキシード仮面とのキスシーンも(ねとらぼ)

Pocket

 乃木坂46の選抜メンバーが出演することで話題を集めていたミュージカル「美少女戦士セーラームーン」。6月8日の開幕に先駆けて公開ゲネプロが行われ、メンバーそれぞれが華麗な変身シーンを披露しました。

 原作の第1期が描かれる同作は、武内直子さんの人気少女漫画『美少女戦士セーラームーン』誕生25周年プロジェクトの一環として上演される3大ステージコンテンツの1つ。舞台は、乃木坂46から選抜された10人が「Team MOON」「Team STAR」の2チームに分かれセーラー戦士を演じるWキャスト方式を採用し、演出はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などで知られるウォーリー木下さんが手掛けます。

 7日の公開ゲネプロでは、「Team MOON」の舞台が上演。セーラームーンを演じた山下美月さんらセーラー戦士たちが無限のパワーを持つ「幻の銀水晶」を探し守るためダーク・キングダム四天王らと戦うアクションシーンや、石井美絵子さん演じるタキシード仮面(地場衛)とセーラームーンのロマンチックなキスシーンなど、ドキドキワクワクさせられる展開が舞台上で繰り広げられました。

 変身シーンでは、プロジェクションマッピングを駆使した映像技術とともに、メンバーがそれぞれのキャラクターの特徴を生かしたパフォーマンスを披露。変身前のセーラー服姿もキュートでしたが、変身後はラメが施された衣装が舞台上でキラキラと輝き、より一層場を華やかに彩っていました。

 さらに、映像での出演が決まっていた白石麻衣さんも登場。“月の女王”クイーン・セレニティとして、セーラー戦士たちとの掛け合いを見せました。

 ゲネプロ公開に先立ち行われた囲み取材では、両チームでのアピールポイントを聞かれ、「Team MOON」でセーラーマーズ(火野レイ)を務める高山一実さんは、「私のチームには舞台の経験がある能條愛未さんと樋口日奈さんが演技について引っ張っていってくれたので、チーム全体が高いところを目指していたと思います」とコメント。「Team STAR」でセーラームーンを務める井上小百合さんは、「ふざけるところはふざけて、シリアスなシーンは真面目に取り組める2面性のあるチームだなと思っています」とチームそれぞれの魅力を語りました。

 苦労した点について聞かれると、口をそろえて「着替え」と回答。「1回ステージからはけたら、ゆっくりしている暇がない」(高山さん)とハードな舞台裏が明かされましたが、山下さんは「変身シーンがものすごいことになっているので注目していただけたら」とアピールしていました。


ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-LeMouvementFinal-ダイジェスト映像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA