フジ女性アナ、虐待女児の「反省文」に嗚咽 肩を震わせ「5歳の子が、どんな思いでこれを…」(J-CASTニュース)

Pocket

 東京・目黒区の女の子(5)が虐待を受けて死亡した事件で、女児が生前に書き残していた両親への「反省文」を伝えた女性アナウンサーが、生放送中に目に涙を浮かべ嗚咽する一幕があった。

 2018年6月6日夕の「プライムニュース イブニング」(フジテレビ系)でのことだ。番組のメインキャスターを務める島田彩夏アナ(44)が、女児が残したメッセージの全文を読み上げた直後、「すみません…」と手で口元を覆ったのだ。

■「5歳の子が、どんな思いでこれを書いて…」

 今回の事件で警視庁は6日、女児に十分な食事を与えなかったうえ、衰弱しても医師の診察を受けさせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで両親を逮捕した。各メディアが報じている。

 女児は生前、覚えたての拙いひらがなで両親への「反省文」をノートに書いていた。そこには、「もうおねがいゆるして ゆるしてください」「もうほんとうにおなじことはしません ゆるして」などの切実な言葉が残されていたという。

 同日の「プライムニュース イブニング」で島田アナは、こうした反省文について「本当にあまりに悲しく、あまりに辛いものでした」とコメント。「でも、目をそらしてはいけないと思い、ここで全文を読み上げます」として、女児の言葉を一文ずつゆっくり丁寧に紹介していった。

 だが、全てを読み終えた直後、島田アナの目には涙が浮かんでいた。「5歳の子が、どんな思いでこれを書いて…」と話し始めた途中で、手で口元を覆いながら「すみません…」。そして、肩を震わせながら、

  「どんな思いで死んでいったかと思うと、本当に胸が詰まる思いですっ…!」

と、どこか振り絞るような涙声で訴えた。

「気持ちが痛いほど分かる。辛すぎる」

 その後も、目を赤くした島田アナは、鼻をすすりながらも涙声のまま番組を進行。資料を確認するために顔をうつむかせた際には、涙のような液体が床へこぼれ落ちていった。

 涙をこらえながら番組を進行し続けた島田アナの姿は、視聴者から大きな注目を集めた。ツイッターやネット掲示板には、番組の放送中から、

  「島田アナ。本当に悲しいです。伝わりました。涙しました。よく最後まで読めましたよ。辛かったはずです」
  「読みながら泣いてる島田アナの気持ちが痛いほど分かる。辛すぎる」
  「島田アナが涙こらえて話すからこっちはもう涙涙です」

といった声が寄せられていた。

 また、プライベートでは09年に実業家の男性と結婚し、現在は2児の母でもある島田アナだけに、「島田さん確か子持ちだよな 自分の子供のことと重なってなおのこと可哀想に思って当然」と心情を慮るような意見も出ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA