キンコン西野、3億円借金騒動 マスコミもネットもまんまと“巻き込まれた”?(リアルライブ)

Pocket

 キングコング・西野亮廣が4日、ブログを更新。『【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える』と題して、先日行われた仮想ライブ空間「SHOWROOM」記者会見で明かした美術館建設について説明した。

 自身が手掛けた絵本を題材にした『えんとつ町のプペル美術館』を地元・兵庫県川西市に作ることになった西野。彼は、ARや滑り台などを取り入れた体験型の美術館を建設するために3億円の借金をするというのだ。西野は以前から貯金をしていないと明かしており、読者に「100円で救える命がある。300万人が100円ずつ募金すればいい」と訴える。「SHOWROOM」配信中に視聴者からお金を募り返していくため、「借金返済が番組の企画になっているがガチ自腹だからな。3億円の“ゴチになります”だ」と綴った。

 6日に更新したブログでは、すでに借りているのではなく、「借金のメドがついた」と説明。6月中に土地の契約を済ませ、西野の友人から3億円を借りることを明かしている。

 「“炎上芸人”なんて揶揄されていますが、ハロウィン後の清掃やクラウドファンディングを募って海外で絵画展を成功させるなど、彼はどんなことにもイノベーションを起こしてきました。芸人が絵本作家になるなんて誰もやってなかったことでしょうし、そもそも彼はお笑い芸人でもエリート。NSC(養成所)在学中に先輩を蹴落として大阪の漫才賞レースを獲得しています。誰よりもネタの練習をして這い上がった努力家でもあるのです」(同ライター)

 同記者会見で、「SHOWROOM」代表取締役社長・前田裕二氏も「(西野は)『30万人で作ったら30万人に売れる』といつも言ってる」と絶賛している。

 「西野は何をやっても炎上してしまうイメージがありますが、そもそもデビュー当時から、“キングコングはナインティナインの二番煎じ”と叩かれていましたので、もう叩かれ慣れているのではないでしょうか(笑)。どんなに過激な発言をしても彼についていく人が多くいるのは、エンターテイナーとして常に新しいものを提供する“人を魅了させる行動力”を持っているからに違いありません」(同ライター)

 戦略家としても知られる西野。彼が物事を進める時は必ずと言っていいほど炎上する。西野を叩きたい人は、炎上がニュースになって日本中へ宣伝されていることに気づいた方がいい。それこそ彼の思うつぼ。西野は人を巻き込む天才なのだ。

記事内の引用について
西野亮廣公式ブログより

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA