悪質な嫌がらせの一環か “はるかぜちゃん”出演舞台のヌード表現に児童ポルノ強制の通報 警視庁から自粛要請で内容差し替えに(ねとらぼ)

Pocket

 女優で声優の“はるかぜちゃん”こと春名風花さんが出演予定だった舞台「偏執狂短編集IV」が、警視庁から「ヌード及びわいせつ物の露出表現の自粛」の要請を受け、公演内容を一部変更することを決定しました。春名さんはブログを更新し、警察を動かした要因だと考えられる“悪意ある通報”について積年の思いを明かしています。

 同舞台は、歴史上実在した偏執狂をモチーフに創作された短編演劇シリーズ「Paranoia Papers」の最新作で、演出の一環としてヌードなどの表現を含む作品。主宰劇団「Voyantroupe」は6月1日、公式サイト上で公演内容の変更を発表しており、代表の宇野正玖さんが自粛要請のいきさつや通報に対する遺憾の意をつづった「表明文ならびに謝罪文」を掲載しました。

 その文中では、「『わいせつ物の陳列および未成年者への児童ポルノ強制または青少年育成法違反の疑惑がある』と指摘され」と、過激な表現と未成年者の出演を問題視する通報があったことが明かされており、これについて宇野代表は「未成年の児童に対しては本人はもちろんご家族の了承を得て所属事務所へ出演のオファーをしたものであり未成年者へヌードの要求をすることもございません」と正当性や未成年者がヌードになる演出は一切存在しないことを説明。

 春名さんは2日にブログを更新すると、文中に登場する“未成年出演者”が自分自身であることを告白し、「今回、警察を動かした『通報』について、このブログをご覧の皆様に一つだけ聞いて欲しい事があります」と胸中をつづりました。

 今回の通報について春名さんは、「『善意の一般市民』の方からのものではありません」と未成年者である春名さんの身を案じたものではないと断定。2016年の舞台出演直前にネット上に書き込まれた“春名さんの殺害及び劇場の爆破予告”を再掲しながら、降板危機に直面するも条件付きで舞台に立つことができた当時の状況を振り返り、「嫌がらせをしている人達にとってそれは決して、楽しい結果ではありませんでした。何が言いたいか分かっていただけると思います」と今回の通報との関連性を示唆しました。

 春奈さんは今回の一件も同様のものだと考えているようで、「『未成年者である春名風花から、必死で打ち込んでいる舞台を奪ってやろう』とする人たちからの悪意のものです」と嫌がらせの一環だと主張。春名さんは、子役時代から実年齢とかけはなれた大人びた発言が注目を集めていましたが、一方でそのスタンスはアンチを増やす側面もあり、これまでにも悪質な嫌がらせが多く発生していました。

 公演内容の変更という事態を受け、「彼らが表向き『善意の通報者』『平均的な一般市民』の顔をして通報を続ける限りはいくら気持ちでは理解してもらえても、どうすることもできないのです」と対応策がない現状に悔しさをにじませた春名さん。ブログの最後では、差し替えが決まった同作について「私が18歳になった時に上演致します。どうか観に来てください」と再演を誓う言葉を残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA