「名探偵コナン」歴代主題歌、なぜアニメファンからも受け入れられる?(THE PAGE)

Pocket

 人気アニメ「名探偵コナン」の最新劇場版作品「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」が興行収入75億円を突破し、シリーズ最高収入を記録して話題を集めている。

 「名探偵コナン」は、青山剛昌氏による原作の漫画で1994年の連載スタート以来、「週刊少年サンデー」では今もなお連載を続ける長寿人気作品だ。

 アニメに関しても96年からシリーズを重ねて、放送開始から23年目を迎える今年も1月から日本テレビ系、読売テレビで放送中。

 「名探偵コナン ゼロの執行人」も劇場版としては22作品目となるなど、長きにわたって人気を集め続けている。

B’z、倉木麻衣、いきものがかりら大物アーティストが楽曲提供

 そんな「名探偵コナン」シリーズのアニメや劇場版作品といえば、数多くの人気アーティストが楽曲を手掛けていることでも知られている。

 公開中の同映画では、歌手で俳優の福山雅治が主題歌を担当しているが、昨年7月には、00年に『Secret of my heart』がエンディングテーマに起用されて以来、21作品にも及ぶ楽曲が同アニメに主題歌に起用されてきた歌手・倉木麻衣が「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」でギネス世界記録に認定された。

 過去にはB’zやZARD、大黒摩季、いきものがかり、斉藤和義、柴咲コウ、ポルノグラフィティなど名だたるアーティストが楽曲を提供している。

 音楽誌編集者はこう語る。

 「古くは、沢田研二さんによる『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版、ゴダイゴによる『銀河鉄道999』の劇場版、海援隊による『ドラえもん』の劇場版、小林幸子さんによる『ポケットモンスター』の劇場版など、アニメの主題歌を大物アーティストが手掛けるケースは以前からあります。日本のアニメが昔以上に世界規模で存在感を放っている近年では、安室奈美恵さんがテレビアニメ『ワンピース』の主題歌を担当するなど、大物アーティストによるアニソン参入の動きもありますが、『名探偵コナン』ほどテレビアニメ、劇場版を通じて数多くの人気アーティストとコラボしている作品は他にはないでしょう」

アーティストとアニメによる相乗効果

 さらに、同アニメの主題歌ならではの特徴もあるという。

 「人気アニメとアーティストのコラボについては、悪く言うと宣伝などビジネス的な臭いを発するケースもあり、とくにそうした微妙な“空気”を察するアニメファンからネガティブなイメージを抱かれるケースも多い。その点、『名探偵コナン』の場合、初コラボの時点ですでに売れていた倉木さんが『一緒に育った』といった趣旨の発言を口にしているように、良い意味でアニメとアーティストとのバランスが取れている印象があります。倉木さんに限らず、過去にコラボした他のアーティストに関しても、アニメ作品に対する愛着や尊敬の念が感じられ、その点も過去の主題歌が長く愛され、相乗効果を生み出している理由ではないでしょうか」

新OPもYahoo!トレンド検索ワードで1位に

 現在放送中のテレビアニメに関しては、5月26日から新たなオープニングテーマ曲としてシンフォニックロックユニット、NormCoreの新曲『カウントダウン』が起用されているが……。

 「NormCoreのボーカルで東京音楽大学卒業のFumiは、“うみくん”名義でアニメソングやボカロ曲など数多くの動画をインターネットサイトに投稿し、ユーチューバーとしても注目を集め、『ジャパンエキスポ』のリポーターを務めるなど、アニメへの造詣が深い。バンドとしても過去に東京MXテレビで放送され、中国の動画投稿サイトでも人気を集めたアニメ『EVIL OR LIVE』や『一人之下 羅天大ショウ篇』を担当するなど、アニメ主題歌の実績もある。一方、作曲を手掛けた、まふまふもネットカルチャーから生まれた新進気鋭のクリエイターということで、ネット業界、アニメファンの間でも話題になっています」

 実際、同日に「名探偵コナン」の新オープニング映像がオンエアされると、NormCoreというワードが、Yahoo!トレンド検索ワードで1位にランクインする現象も起こるなど、反響を呼んだ。

 アニメ作品、アーティスト、双方に相乗効果をもたらす、理想のコラボが実現している同アニメの主題歌には今後も注目が集まりそうだ。

(文:竹下光)

※Fumiは「u」の上に点が2つつく、ウムラウトつき「u」が正しい表記です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA