しんちゃん「後任」は平野綾がピッタリ? 「らき☆すた」激似モノマネに再注目(J-CASTニュース)

Pocket

 国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)で、野原しんのすけ役を26年以上務めた矢島晶子さん(51)の降板発表を受けて、インターネット上で早くも「後任候補」として注目を集めている女性声優がいる。

 「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒ役などで知られる平野綾さん(30)だ。主人公の泉こなた役を務めたアニメ「らき☆すた」の中で、しんのすけの声マネを披露する場面があったためだ。

■「次世代のしんのすけ役」!?

 「しんのすけの後任は平野綾なら間違いない」「平野さんが適任だと思う」――。 矢島さんの降板が発表された2018年6月1日、インターネット上にはこうした書き込みが相次いで寄せられた。

 実際、同日夕時点でツイッターの検索欄に「しんのすけ」「しんちゃん」と入力すると、関連ワードの候補にはどちらも平野さんの名前が表示される。それだけ多くのユーザーが、平野さんとしんのすけを絡めた投稿をしているということだ。

 こうした反応が出たのは、平野さんが過去に披露したしんのすけの声マネが、当時から「ソックリすぎ」「激似」などと話題を集めていたためだ。

 平野さんは07年放送のアニメ「らき☆すた」の第4話で、主人公・こなたが冗談でしんのすけのモノマネをするシーンを演じた。このときは、しんのすけの特徴的な「エヘ~」という笑い方のほか、

  「かがみん(編注・登場キャラのあだ名)の魅力に、また一つ気づいただけだゾ~」

というセリフを披露。作中ではその後、周囲のキャラから「マジで似てるからやめぃ」とツッコまれていた。

実際、今回の降板発表を受けて、「ニコニコ動画」に投稿されている上記シーンをおさめた動画にも、「平野さん後任お願いします」「次世代のしんのすけ役」といった書き込みが出ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA