キムタク&静香の次女 大々的デビューの背景に“SMAP解散”(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 「ピュアな魅力と凜とした意志の強さ――その両方をたたえた強いまなざしが印象的なモデルKoki,(コウキ)15歳。」――。

 こんな惹句で木村拓哉(45)と工藤静香(48)夫妻の次女、光希(みつき)がKoki,(コウキ)の芸名でモデルデビュー。高級ファッション誌「ELLE JAPON」7月号の表紙を飾って話題だ。

 デビューを報じたスポニチでは同誌編集長がコウキを「彗星のごとく現れた彼女はまさに次世代を担うイットガール」と絶賛。イットガールとは、メディアの注目度の高い、愛らしくもセクシーさを兼ね備えた新進の女優やモデルのこと。

 撮影したのは広告写真界の巨匠、操上和美氏(82)で、「まず驚いたのは撮影現場での勘の良さ。ファインダーをのぞいた時に目の強さ、芯の強さに圧倒された。15歳なのに物凄いハイブランドの洋服に負けない存在感があった」とこちらも大絶賛したという。

 現在15歳の高校1年生にして身長170センチは確かにモデルとして有望株。ネットではそのルックスについて両親どちらに似ているのかで盛り上がり、話題騒然の芸能界デビューである。

 以前から芸能関係者の間では長女の心美さん(17)と共に美人姉妹として注目されており、AKB48グループへの加入話もあったというコウキ。とまれ、モデルとして芸能界デビューし、トップモデルを目指してウオーキングのレッスンのほか、英仏スペイン語も勉強中。

 同誌では「人は人、自分は自分。誰かと比べることなく自分を信じる強さと、長所と短所をしっかり見つめて前に進むことの大切さ。それを教えてくれた両親は私の誇りです」とコメントするなど、年齢以上に大人びた印象を与えている。

■元チーフマネージャーの圧力から解放

 芸能界のトップを極めた父母のルックスと才能を受け継ぐ愛娘のデビュー。はたして、その裏側はどうなっているのか。

「まず、SMAPの独立解散劇が背景にある」と、事情に詳しい芸能プロ関係者はこう言う。

「元SMAPマネジャーの飯島三智さんは、静香に対して『表に出てくるな』と口を酸っぱくして言っていた。たとえば二科展に静香の絵が選ばれ、そこで“ご主人は何と?”と質問された際にちょっとコメントするだけでも猛烈なプレッシャーをかけてきたそうです。とにかくアイドルである以上、家庭的なイメージを打ち消すのに必死でしたから。

 しかしながら、あのSMAP独立騒動で飯島さんはジャニーズ事務所を退社。ようやく静香が圧力から解放されたことで娘さんの芸能界入りも現実的になったということでしょう。芸能界入りについては、静香が親しい関係にあるメリー(喜多川ジャニーズ副社長)さんにお伺いをたてたのは間違いないし、後ろ盾になってもらっているはず。キムタクは静香と娘が決めたことならノーとは言わないでしょう。まずはモデルデビューで大々的に業界にお披露目して今後の方向性を決める算段ではないか」

 コウキのデビューが可能になったのは飯島女史の独立とSMAP解散の副産物というわけである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA