主役俳優の美学貫く 田村正和の引退にみるスターの引き際(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 プロスポーツの世界には「引退」があり、有名選手の引退会見の言葉は度々、語り草になる。

 芸能界に目を転じると、「引退」したはずが撤回して復帰する人もいるように、完全なる引退は少ない。必然的に正式な引退会見も聞かないが、二枚目俳優としてドラマ界を代表する顔だった田村正和(74)が静かに引退宣言した。すでに親しい人には今年の年賀状で「のんびりしたい。無職の日々が楽しみです」と挨拶していた。それを受けた形で先月、週刊誌の直撃取材に「もう僕は十分やったよ」とあっさり引退を決めたという。

 きっかけは2月に放送された田村の代表作のひとつ「眠狂四郎」シリーズの集大成「The Final」の試写を自ら見たことだった。田村は「もうだめだなあ」と悟ったという。デビュー当初こそ脇役だった田村だが、後は主演でしかも二枚目役者として貫き通してきた。一時、「キザでセリフが聞き取りにくい」といわれたこともあったが、いつしかキザも田村の魅力。

「自分自身に対してのこだわりも強いのがスター。自己診断も厳しくなる。試写をチェックしたとき、ビジュアル、立ち居振る舞い、セリフ回し、声などから納得いかなかったのだろうと推測する。職人と同じで、自身が納得しないものをお茶の間に提供することはできない。それができなくなったら潔く引退するのは、田村の役者としての美学だと思う」(演劇関係者)

 芸能メディアでも田村は特別な存在だった。私生活は一切、公表せずベールに包まれていた。

「昔の映画スターは私生活を見せないことでより存在感を高めた。大スターだった父親の阪東妻三郎さんを見て自然に学んだのでは」(映画関係者)

 見える顔は「俳優・田村」のみ。芸能人のプライベート報道を巡ってよく論争になるが、私生活を自ら明かさない人に対してはメディアも自主的に報道を自重するのが暗黙のルール。田村の家族構成さえいまだに知る由もない。

「まだできる」と田村の引退を惜しむ声はファンのみならずドラマ界にもあるが、田村がやることはないだろう。脇役はどんな役でもこなせば息の長い役者生活を送れるが、それをやらないのが主役を張り続けてきた人のプライドであり宿命でもある。

 役者・歌手・芸人を問わずひとつのことをやり通せる人は少ない。それができなくなっても「未練は残る」のが芸能界。田村の引退宣言は新たなスターの終わり方を教えてくれたようにも思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA