中高年が支持 スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」の魅力(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 スティーブン・スピルバーグ、過去10年の監督作として最高となる全米オープニング成績を記録した「レディ・プレイヤー1」が日本でも評判だ。すでに全世界興収は約640億円に達するが、意外にも劇場では中高年層からの支持が強いという。

 行き過ぎた経済格差で街が荒廃しつつある近未来の米国を舞台に、仮想現実「オアシス」でのゲームに現実逃避する人々を描くSFアクション。その魅力について映画批評家の前田有一氏が解説する。

「オアシス内では誰もが自分の好きなキャラに変身し、好みのマシンでレースに参加できたりするのですが、80年代を中心とした超有名作品の懐かしメカやロボットが出てくるのでお父さんたちは大コーフンです。原作者は1972年生まれのファミコン世代で日本のサブカルにも詳しい。スピルバーグは映画にそれらを出すため数年がかりで著作権交渉をしたそうで、製作難度はこれまででトップクラスだったとボヤいているほどです」

 オアシス創設者が亡くなり、VR内に隠した鍵を入手した「プレイヤー」に莫大な遺産と運営権を譲るとの遺言が発表される。色めき立った大衆に加えてライバル社も組織的に参入し、激しい争奪戦が繰り広げられる。

 見どころのひとつであるレースシーンには「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンや「AKIRA」の金田バイク、バットモービル等が登場。「ジュラシック・パーク」のT―REXやキングコングの妨害をかわして爆走する大アクションが繰り広げられる。

 ほかにも誰もが知る作品から多数の“隠れキャラ”が登場。その一部はメインキャラとして大活躍するし、著作権がクリアなのでオリジナルデザインのままハリウッドレベルのCGで実写化されているのがうれしいところだ。

■異例の日本リスペクト

「それでも苦労は多かったようで、原作に出てきたウルトラマンはアイアン・ジャイアントに変更、『ウォー・ゲーム』(83年)の代わりに『シャイニング』(80年)が引用されるなど苦心の跡もうかがえます。ただ、中国推しが目立つ近年のハリウッド映画としては異例なほどの日本リスペクトぶりで、もし洋画を久しく見ていない中年以降の男性がいたとしたら、これだけは見ておくことをすすめます」(前出の前田氏)

 まだ上映劇場が残っている今週末は、青春時代のノスタルジーを追体験しに行くのもアリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA