女版キムタクの声も 次女コウキを待つ“親の十四光”の呪縛(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 女性ファッション誌「ELLE JAPON」7月号の表紙でデビューした、木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女・光希(みつき=15)。芸名は「Koki,(コウキ)」で、28日にELLEがユーチューブにコウキの動画をアップすると、再生回数は1日で187万回に達した。

 順調な滑り出しにもみえるが、あまりに木村と目鼻立ちがそっくりなことから、ネット上では〈キムタクが女装したのかと思った〉〈キムタクの顔がちらつく〉という声もチラホラ。良くも悪くも、これから“キムタクの娘”という看板を背負って芸能界を生きていく宿命になりそうだ。

 2世タレントはワンサカいるが、両親が元芸能人の“十四光タレント”は特に苦戦が目立つ。三浦友和と山口百恵のふたりの息子はともに6~8年前に芸能界デビューしたが、大ブレークしたとは言い難い。

 明石家さんまと大竹しのぶの愛娘IMALUは、09年にデビュー。歌手、モデル、女優などをかじり尽くしたが、今では芸能界をフェードアウト状態。

 神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加も順風満帆とは言い難い。歌手や女優を経験し、ミュージカルにも出演して芸を磨いているが、いまだに「聖子の娘」として見られてしまう。芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

「キムタクは次女のデビューに消極的だったのに、静香の鶴の一声で決まったそうです。『ELLE』での大々的な売り出し方を見ていると、『親バカ』とか『十四光』と言われようが、“絶対に次女のプロモーションを成功させる”という静香の強い意志が感じられます。アイドルの先駆者として“商品”になるという自信があるのでしょう。しばらくコウキを静観するのでしょうが、いざ失敗しそうになれば、キムタクがフル稼働させられるのは間違いありません。フジが2クール先の月9でキムタクの主演ドラマを準備し始めたという話もありますが、そこで“父娘共演”が見られるかもしれません」

 コウキも15歳にして険しい道を選んでしまったものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA