号泣謝罪もあっさり復帰 ショーンKに向けられる“冷視線”(日刊ゲンダイDIGITAL)

Pocket

 耳を疑った人もいたのではないか。経営コンサルタントを名乗る「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上(50=本名・川上伸一郎)が、7月3日に始まるビジネス情報番組「ザ・ビジョナリー~異才の花押」(TOKYO MX)にメインナビゲーターとして本格復帰するという。

 ショーンKといえば、2016年3月に浮上した経歴詐称疑惑によって、「報道ステーション」(テレビ朝日系)などすべてのレギュラー番組を降板。公式プロフィルに掲載していたテンプル大卒、米ハーバード大でMBA取得、パリ第1大学留学といった学歴・経歴はすべてウソで、実際は高卒だった。また、「すぐにウソをつく」という意味を込めて高校時代に“ホラッチョ”と呼ばれていたことも報じられた。

 TOKYO MXテレビといえば、洗脳騒動で事務所をクビになった元オセロの中島知子や、海外赴任先での経費不正使用でフジを退職した長谷川豊らを次々と起用したことで“キワモノ再生工場”の異名を持つ。今回、どんな経緯でショーンKは復帰することになったのか。

「実はショーンKは今年元日にMXの特番『世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅』に単発で出演しています。そこでの視聴者やネットの反応がおおむね好評だったことから局は“ミソギ”が済んだと判断し、レギュラー起用を決めたのです」(放送作家)

 ショーンKとしては、“してやったり”かもしれないが、今回のレギュラー復帰を冷ややかに見る向きも少なくない。

「ショーンKがメディアから逃げ回っていた時に、なぜ経歴を詐称したのかを聞いたことがあります。しかし、彼は質問には一切答えず、いかに自分がメディアの被害者なのかを号泣しながら語るばかりでした。その目には全く涙がありませんでした。死に場所を探すようなことも言ってましたが、こうあっさりと復帰したことを思うと、本当に罪悪感があったのか疑わしい。今考えると、あれもホラッチョ特有の演技だったのかもしれません」(知人)

 フジテレビ系の「ユアタイム」は、ショーンKの降板劇によって1億円以上の損害を被ったといわれている。虚言癖が2年程度で直るとも思えない。MXもキワドイ勝負に出たものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA