長沢まさみの白T水着姿をムロツヨシら回想し大興奮(日刊スポーツ)

Pocket

 山田孝之(34)長沢まさみ(30)が2日、都内で、公開中の映画「50回目のファーストキス」(福田雄一監督)の公開記念舞台あいさつに登壇した。

 交通事故の後遺症で新しい記憶が1日でなくなる「短期記憶障害」を患う女性と、ハワイに暮らすプレーボーイの恋を描いた作品。山田演じる大輔は、自分を覚えていない瑠衣(長沢)に、毎日いちずに思いを伝え続ける。舞台あいさつには共演のムロツヨシ(42)佐藤二朗(49)太賀(25)山崎紘菜(24)も出席した。

 撮影は昨年4月から5月にかけて、ハワイで行われた。キャストやスタッフは撮影の中盤、滞在していたホテルのプールサイドで流しそうめんを楽しんだという。

 ハワイでの思い出を聞かれたムロは、流しそうめんの会を振り返り、「まさみちゃんが、プールサイドだから水着で来たの。でも目のやり場に困るだろうから、白いTシャツを着てきたの。男子が一番好きなタイプ!」と、思い出しながら大興奮。「まさみが(Tシャツを着たまま)プールに入るじゃない? プールサイドから出たときは、男子が一番好きな女子の姿になるわけ! 全然酔えないけど、いい酒でした」と、“水着にぬれた白Tシャツでプールサイドを歩く長沢まさみ”のすばらしさについて熱弁した。

 作品にちなみ「理想のキス」の話題になると、男性キャストの勢いに圧倒された長沢は「特にないですね」と困り顔。ムロから「唐突なやつと、『今日はキスされるな』っていうの、どっちがいい?」と聞かれると、「唐突じゃなくて、『ねえねえ』『うん?』って振り向いた瞬間とかの“間”が欲しいです」と持論を展開した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA