「おっさんずラブ」最終回世界一…続編&映画期待も(日刊スポーツ)

Pocket

 三角関係に陥った男3人を軸にした純愛を描き、大きな話題を呼んだテレビ朝日系連ドラ「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)最終第7話「HAPPY HAPPY WEDDING!?」(6月2日放送)が2日夜、同局で放送された。田中圭(33)演じる天空不動産・東京第二営業所の春田創一が、吉田鋼太郎(59)演じる部長の黒澤武蔵とは結婚せず、林遣都(27)演じる後輩の牧凌太に「俺と結婚して下さ~い!!」と告げ、純愛を貫いたラストにインターネット上で話題が沸騰。ツイッターのトレンドで全世界で1位となった。

 「おっさんずラブ」は、同性の上司と後輩からストレートに好意をぶつけられた春田が、恋愛とは何か、結婚とは何なのかを悩む姿と、3人の純愛の行方が話題を呼び、深夜ドラマながら4月期ドラマ最大の注目作となった。注目の第7話では、春田が自宅でルームシェアしていた牧から別れを切り出され、家を出て行かれた1年後、黒澤に自堕落な生活の面倒を見てもらううちに同居。その中、「俺と結婚して下さい…お願いします」とプロポーズされ、「は、はい…俺で良ければ」と指輪を受け取ってしまい、抱き締められて結婚を受諾してしまう。一方、牧は春田への思いはあったが、同性との恋愛に対する家族や世間の目を考え、春田に迷惑をかけたくなくて自ら身を引いていた。

 春田は、黒澤との2人だけの結婚式で誓いのキスを求められた際、牧の顔や牧との思い出が頭をよぎり、キスできなくなる。その中、黒澤から「神様の前で、ウソはつけないね。本気じゃないキスをされても、俺はうれしくない…いいんだ。分かった。行きなさい。牧は今日から休暇を取って、しばらく旅に出るそうだ。夕方の便だ。間に合う。披露宴はとっくにキャンセルした。何年、お前の上司をやっているんだ、春田。春田ぁ…行けぇ!!」と牧との愛を貫くよう命じられた。春田は「部長…俺、俺、ごめんなさい、ごめんなさい…はいっ!!」と言い、号泣しながら牧を追う。

 そして牧を見つけ、「俺といたら、春田さんは幸せになれませんよ」という声を制し「だからさぁ…お前は、いつも勝手に決めるなよ。俺は絶対、お前と一緒にいたい。だから…俺と結婚して下さ~い!!」とプロポーズ。「ただいま」(牧)、「お帰り」(春田)と互いに言い合い、涙ながらに抱き締め合った。

 そして、春田が中国・上海のプロジェクトに向かう準備をするうちに荷造りでケンカし、つかみ合い、互いに上になって羽交い締めにし、ディープキスする2人と、新たな恋愛の道に進んだ登場人物たちを描き、ドラマは全7話を終えた。

 ツイッター上では「今季、断トツの面白さ」、「春牧(春田と牧)が結ばれて良かった」、「本当に優しいドラマ。こんなに優しい世の中になって欲しい」、「感動の涙が止まらない」など絶賛の声が相次いだ。LGBTやパワハラ、セクハラなど、現代の日本において議論されているテーマが幾つもちりばめられた作品ながら、貴島彩理プロデューサー(28)がこだわった「好きな気持ちに真っすぐな結果、こうなった王道恋愛ドラマ」、「バカみたいに真っすぐ生きるキャラクターが幸せになり応援される世の中であって欲しい」という真っすぐでピュアな純愛ドラマが、視聴者の心を打ったようだ。

 春田と牧が、男同士で真正面から愛し合う姿を描いたラストを、高く評価する声もあった。また「タニタ食堂」などで知られるタニタの公式アカウントも「最終回最後は凄い良い終わり方でしたね。何というか、『人間を好きになるとはどういうことか』という事を考えさせてくれました。素直でいる事って大事。」(コメントは原文のまま)とツイートした。

 「春田と牧の、愛の先が気になる」、「他のキャラクターの恋愛の行方も見たい」、「続編が出来る」、「春田が向かった上海編が見たい」など続編を希望する声や、映画化を望む声は、ますます高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA