おディーンさま 主演映画『海を駆ける』の英語会見がカッコよすぎ!

Pocket

5月23日、東京・日本外国特派員協会で行われた主演映画『海を駆ける』(5月26日公開)の会見に深田晃司監督とともに登壇したディーン・フジオカ(37)。同協会で会見を行うのは、昨年公開された主演映画『結婚』以来、約1年ぶり。30分にわたった会見ではすべての質問に英語で対応。フランス、インドネシアとの3カ国で共同制作した同作に参加した動機や、ミステリアスな男・ラウを演じる上での苦労したことなどを終始にこやかに語った。

(動画/Bravoworks,inc.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA