夏川結衣、等身大の主婦役が人気 「まさかフラメンコまで踊るなんて」(THE PAGE)

Pocket

 平田周造(橋爪功)と富子(吉行和子)の夫婦、その長女・金井成子(中嶋朋子)と夫・泰蔵(林家正蔵)、周造の次男・庄太(妻夫木聡)と妻・憲子(蒼井優)、そして夫で周造の長男・幸之助(西村まさ彦)と二人の男の子。史枝(夏川結衣)は、この仲睦まじくも家族ゆえの問題を抱える大所帯を、長男の嫁として切り盛りする。『家族はつらいよ2』公開の際、実はファンが多いのは、“史枝”だと聞いた。個性的な家族の中で、激しくアピールせずとも要となっている史枝の在り方に、共感する人が多いのだろう。それを受けてか、シリーズ3作目となる『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』で、史枝は物語の中心となっていた。

 山田洋次監督は、本作をどういう作品に仕上げたいと思ったのか? 本作を、今回は夏川結衣さんに、史枝という役について、『家族はつらいよ』シリーズについて、そして共演者や山田監督についてうかがった。

夏川結衣(以下、夏川):山田監督は、以前、いつかは主婦の話を撮りたいとおっしゃっていました。たぶん、家族の話を撮られる中で、“主婦”という存在に興味を持たれたのだと思います。それを『家族はつらいよ』に当てはめ、前に出ることはありませんが、家族全員のことを把握している“史枝”がいなかったら、家族はどうなるのか。そう考えられて、本作を作られたのだと思います。描くにあたっては、かなりリアルに主婦を観察されたように感じました。

等身大の主婦・史枝を演じる まさかフラメンコまで踊ることになるなんて!

――夏川さん演じる史枝は、どういう人物なのでしょうか?

夏川:等身大の主婦、といいますか。きれいなお母さんでも、よくできた人でもなく、ちょっとドジで、そそっかしい人。でも主婦って本当に大変だと思います。

 山田監督との初めてのお仕事だった『東京家族』(2013)のときに、私、「粗忽(そこつ)な人だね」と言われたんです。特に何かしたわけではないのですが、普段の私をご覧になっていて、そう感じられたのだと思います。見抜かれたと思いました(笑)。でもそれを踏まえて、夏川ならこういう話ができるなと思っていただいたわけで、とてもありがたく思っています。

――今回は、物語をリードする立場に加え、フラメンコを見事に踊るという見せ場まで用意されていましたね。

夏川:脚本を読んで初めて、「ちょっと待て。これは大変なことになる!」と気づきました(笑)。自分が事件を起こすことで、家族がてんやわんやになるし、まさかフラメンコまで踊ることになるなんて! フラメンコのお稽古は、クランクインの1カ月前から始めました。

山田監督の実演付き演技アドバイスが楽しい撮影現場

――山田監督は演出される際、ご自分で演じて見せることがあるとうかがっています。例えば、『家族はつらいよ2』では、運転免許を取り上げようと家族が画策し、そのことに気づいた周造が怒鳴り散らすリビングから、史枝がそっと抜け出すという芝居をやって見せられたそうですね?

夏川:そうなんです(笑)。それがさすがとてもお上手で。それに山田監督は普通に家事をこなせる役者がお好きなんだと思います。監督自身、「僕はパジャマにアイロンかけるのが上手いんだよ」とおっしゃるように、家事をいろいろなさるようですし。パジャマにアイロン? とは思いましたが(笑)。

 今回、皆さんと話しながら、リビングでアイロンをかけるシーンがあるのですが、撮影では同じシーンを切り返して何度も撮るので、アイロンをかけることに手間取っているわけにはいきません。それに史枝は常になにか手を動かしながら、家族の行動を気にしていて、スポットが当たっていなくてもいつもそこにいるんです。ですので、どういうふうにそこにいるか。それが重要だから、よく考えてと監督にアドバイスをいただきました。

家出の際に子どもは置いて行くけれど、鳥かごは持っていくという演出の面白さ
――ひょんなことから史枝のへそくりが発覚し、それを夫の幸之助が断罪したことで、史枝は家を出ることになります。

夏川:主婦が10年、20年かけて、頑張って貯めた40万円ちょっとのヘソクリに対して、そこまで言わなくてもと、脚本を読んだときに思いました(笑)。貯めたのって年2万円ずつくらいですよ。それが20年かけて40~50万になった。西村さんも多分、「小さい男だな、幸之助って」と思いながら演じてらしたと思います(笑)。でも聞いてみると、男性は自分の稼いだお金をヘソクられるのは嫌だと感じるみたいですね。女性は、家族旅行の足しになればとか、なにか起きたときに保険にと思ってやっているだけ。上手にやり繰りしてくれてありがとう! とも考えられますよね(笑)?

――幸之助は、史枝に暴言を吐きますし、いけずな考え方をすることもあります。西村まさ彦さんが演じているからこそ、可愛げもありますが(笑)。その態度は幸之助の甘えであり、この夫婦は妻でもっていると感じました。史枝の幸之助への態度について、監督はどのように演出されましたか?

夏川:監督には、幸之助さんにひどいことを言われて、瞬発的に湧き上がる「もう嫌だ」という感情を大事にしてくださいと言われました。脚本にはいつ家を出るかは書かれていませんでしたが、史枝は翌朝、ちゃんと子どものお弁当を作ってから家出したことになっています。史枝をそうさせたのは責任感だと思います。でもあの瞬間、鳥かごの前で、史枝は出て行くことを決めていたんでしょうね。

 実はあそこはとても長いシーンなんです。「お兄ちゃんなんかもう知らない」と妹の成子さんが出て行って、今度は縁側で私と喧嘩した後、幸之助さんがお風呂に入りに行く。それを1カットで撮っています。監督はずっと、カメラと一緒に動きながら、外からご覧になっていました。時折、私たちに近づいて、「何とか言ったらどうなの!?」と西村さんの肩をゆすってみたらとか、ちょっと私の感情が高ぶりすぎたときは「瞬間的にうっと泣いてほしい」などと、泣く感情の違いを細かく演出していただきました。

――史枝は、家を出るにあたり、鳥かごを持って行きます。とても細かい演出だと思いました。

夏川:ええ。監督から、子どもは置いていくけど、鳥は連れて行くんだよと言われたとき、喜劇だなと思いました。人は深刻なときに、おかしなことをしがちですが、それこそが喜劇なのかなと。喜劇は人間の中にあるというか。脚本には、鳥を連れて行くとは書かれていません。撮影しながら、監督が付け足してくださる。そういうことが史枝のキャラクターとなって、演技を助けてくれるんです。テストのときに、私が鳥かごを持って立っている姿がおかしいと、みんなが大笑いしたんです。鳥を持って行かなければ発生しない笑い。監督の笑いのセンスの凄みを垣間見た気がします。

――この映画は、山田洋次監督の『東京家族』に端を発して、現在に至ります。『東京家族』のベースになった『東京物語』(1953年)について監督と話をされたことはありますか?

夏川:他の方はあるかもしれませんが、私はないです。『東京物語』では、もともと杉村春子さんが演じた志げ役を、中嶋朋子さんが演じられました。あの役は本当に難しい。杉村さんは大女優だし、中嶋さんはプレッシャーだったかもしれません。あの役に選ばれた時点で、すごいんですけどね。

――夏川さんは、小津安二郎監督の『東京物語』でいうと三宅邦子さん、『男はつらいよ』シリーズでいうと倍賞千恵子さんにあたるのではないでしょうか?

夏川 私にはもったいないお言葉。ありがたいです。山田監督の作品に出演される俳優さんは、皆さんお芝居に安心感があるし、大好きな方ばかりだと思いながら、以前は拝見していました。でも自分が参加してみると、監督は演出にとても時間をかけられ、妥協をされない方で、だからこうして作品が残り、俳優は成長できるんだということが分かりました。山田組を経験した方々は、語らなくてもお互いに通じるものがあるように感じます。山田監督はそれだけたくさんの俳優を演出してこられたわけですが、一人一人の俳優の個性を知り、持ち味を引き出すのは、ものすごく大変だし、体力も使われると思うんです。山田監督に出会えて、苦しいけど幸せだなと思っています。

 夏川さんの魅力にあふれた『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』で、史枝ファンだけでなく、シリーズのファン層も広がりそうだ。

(取材・文:関口裕子、撮影:伊藤さゆ)

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』5月25日(金)より全国ロードショー
(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA