内田前監督は悪質タックルを「しっかりと見ていた」 関東学連が発表(J-CASTニュース)

Pocket

日大アメフト部の悪質タックル問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は2018年5月29日に臨時理事会を実施。柿沢優二理事長らは記者会見を開催した。

 記者会見では、日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチが悪質タックルの場面を「しっかりと見ていた」との結論を報告した。

■「映像で確認できる」

 会見に出席した規律委員会の森本啓司専務理事は、問題の悪質タックル場面について「内田前監督、井上前コーチはサイドラインからしっかりと見ていました」と説明した。

 森本氏によると、内田、井上両氏はパスが投げられた後のボールの方向でなく、タックルをした日大選手の動きを追いかけていたといい、これは「映像で確認できます」という。

 森本氏はさらに、当該選手はこのプレーで「15ヤード罰退」のペナルティ―を課されたにもかかわらず、内田、井上両氏らが当該選手に声をかけている様子はなかった、などと話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA