安達祐実、“お金に困る役”が多いことについて言及「幸薄そうに見えるみたい…」(AbemaTIMES)

Pocket

映画『ゼニガタ』の初日舞台挨拶が26日、都内で行われ、俳優の大谷亮平(37)、安達祐実(36)らが出席した。

 表向きは普通の居酒屋で、深夜0時を過ぎることで闇金に変わる「ゼニガタ」という店を舞台に、10日で3割という違法な金利に振り回される人々を描いた物語。

 昔から“お金に困る役柄”が多いという安達は、今作でもOLから農家に転職し資金繰りに苦しむという役柄を演じているが、この役をオファーされた時の心境について、「不幸そうに見えるってよく言われる…幸せに生きているんですけど、ちょっと幸薄そうに見えるみたいです」と話し会場の笑いを誘った。

 闇金業者と一般人が対峙するという物語だけに私語は厳禁で、常にピリピリした現場だったそうで、主演を務めた大谷は、「安達さんと渋川さんが微妙な感じで向かい合う役柄だったので、雰囲気的にあまり私語を許してもらえる感じではなくて…監督もそこには厳しい方だったので、今日久しぶりにお会いしてやっと爽やかに話せるなって感じです」と現場での雰囲気を振り返った。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA