松岡修造の長女・恵さんにファン殺到、「すみれ募金」で異例の個別対応(AbemaTIMES)

Pocket

将来のタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校の生徒による恒例行事「すみれ募金」が27日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場前で行われ、約3000人のファンが訪れた。

 「すみれ募金」は小児がんへの支援を呼びかける活動で、本科生・予科生合わせて80人が募金を呼びかけた。中でも一際注目を集めたのは、白ゆりをあしらった黒の着物で登場した、元プロテニスプレイヤーでタレントの松岡修造(50)の長女・恵さん(18)。あまりの混雑に恵さん1人だけの列を作るほどの人気ぶりで、今年で55回目を迎える「すみれ募金」では異例の個別対応となった。

 集まった144万円の募金は、小児がんや難病の子どもが家族と暮らしながら治療を受けられる施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に寄付されるという。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA