「これが博多のやり方だ!」の最終公演でHKT48指原莉乃&宮脇咲良が涙

Pocket

アイドルグループのHKT48が、春のアリーナツアー「これが博多のやり方だ!」の最終公演をマリンメッセ福岡で開催した。同グループが5都市で開催した今回のツアーは、計5万3000人を動員。この日、メンバーはファーストアルバム「092」の収録曲や、5月2日に発売したニューシングル「早送りカレンダー」などを披露した。「2018年の橋」を歌う場面では、歌唱メンバーで現在休養中の兒玉遥の映像が流される演出も。兒玉のいないステージで同曲を歌った指原莉乃や宮脇咲良らが、思わず涙する場面もあった。この日はまた、約2年ぶりとなる新メンバーオーディション開催が決定したことも発表された。

出席者:HKT48

2018年5月27日;福岡・博多
2分57秒

【時事通信社】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA