「俺と接着(キス)しようか」 アラフォー男性が妄想爆発させた“アロンアルフアCM”が狂気の沙汰(ねとらぼ)

Pocket

接着剤の「アロンアルフア」で知られる東亞合成が、“キスの日”こと5月23日に“若者応援”と称する動画「君に、くっつけ!」を公開。典型的な青春ラブストーリーが宣伝部のアラフォー男性社員の妄想によって大暴走しており、強引にねじ込まれた“接着剤要素”も相まって狂気的な仕上がりになっているとネットをざわつかせています。アロンアルフアはとんでもないものを生み出してしまった。

 「俺と接着(キス)しよっか」と強引なルビを振ったセリフで幕を開け、プラモデル好きの女子高生、今直筑乃(いますぐつくの)と、学校一の接着(モテ)男、九津剛(くっつつよし)のラブストーリーを描こうとしている気がする同作。何かとくっついてくる九津を迷惑がる筑乃ですが、車にひかれそうになったところを助けられると「胸キュンアロンアルフア波全開!」という超理論で心を許し、九津の大胆な“接着アプローチ”にどんどんと引かれていきます。造語作りすぎだろ!
 その後は怒濤(どとう)の展開で、恋のライバル出現に幼なじみからの告白、九津を狙う女子グループからのイジメなど少女漫画の王道ストーリーをたどりますが、途中途中に挟まれるセリフは「そんなに簡単に剥がせないよ!」「この仮止め女!」「強力接着だねって言ったじゃない!」など接着剤感が強すぎるものばかり。筑乃と九津の声優は阿澄佳奈さんと西山宏太朗さんが担当しており、完全なる人気声優の無駄遣い(褒め言葉)といったところです。

 最後は2人の恋路が危ぶまれる展開となるも、筑乃の前に現れた九津がアロンアルフアの豆知識&ガチ解説を披露してどうにかハッピーエンド。接着(キス)寸前のところで何の脈絡もなく実写映像に切り替わり、宣伝部のアラフォー男性の妄想だったというオチが待ち構えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA