石原さとみ「何が何でもラブストーリーをやりたい」野島伸司と初タッグ、日テレ系「高嶺の花」(スポーツ報知)

Pocket

女優の石原さとみ(31)が、7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」(水曜・後10時)に主演し、華道家役に初挑戦することが24日、分かった。初共演の銀杏BOYZ・峯田和伸(40)と“超格差恋愛”を演じる。

 野島伸司氏(55)によるオリジナル脚本。華道の名門「月島流」本家で圧倒的な美貌と才能を持ちながら、実は孤独で繊細な月島もも(石原)は、婚約者の二股交際や挙式当日の結婚破談に陥る中、平凡な自転車店主(峯田)とまさかの恋に落ちる―。純愛エンターテインメントだ。

 石原の熱烈ラブコールで野島氏との初タッグが実現した。約8年前に一度だけ野島氏と対面し、「ずっと『野島さんのラブストーリーをやりたい』と(事務所に)ゴリ押ししてもらってたんです。30歳を超えて何が何でもやりたくて、その夢がかなった」と大喜び。野島氏も「着実にキャリアを積み重ねてきた自信と風格を感じました。今の石原さんで書けるのは最高のタイミング」と相思相愛だ。

 石原は「高校教師」「101回目のプロポーズ」などさまざまな形で純愛を描く野島氏のファンで、今作の台本も「感情を言葉にする情報量が多くて、野島節がたくさん。震えるくらい心揺さぶられた」。複雑で速い展開は今までで一、二を争う難役で「プレッシャーで怖い」としながら、「自分自身に負けないよう挑戦したい。視聴者の皆さんの心を振り回せたら」と力を込めた。

 連ドラでは校閲ガール、法医解剖医に続き、着物姿で華道家役に挑む。華道の所作を特訓中で、指導する専門家から「センスがある」と腕前を絶賛されたという。劇中で峯田を激しく罵倒するシーンが多く「どんなリアクションをしてくれるかワクワクします。早く罵倒したい」と今月下旬からの撮影を心待ちにした。

 ◆相手役の峯田はMっ気たっぷり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA