長い鼻が特徴的なゾウ、実は「鼻」ではなかった!その正体とは…

Pocket

長い鼻が特徴的な動物園の人気者、ゾウ。ところが、じつはあれは「鼻」ではないのです。あの部分の正体は「鼻と上唇」。
なので、ゾウは口を閉じることができません。

さらに、人間たちが「キバ」だと思っている象牙の部分は「前歯」。鼻と上唇が大きすぎて、前歯が横に曲がってしまったものがキバのように見えているだけなのだそう。
つまり「ゾウはめちゃくちゃ出っ歯」といえるのです。

■監修:新宅広二
1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。動物行動学と教育工学を専門にし、大学院修了後に上野動物園、多摩動物公園に勤務。国内外のネイチャー・ドキュメンタリー、動物バラエティー番組の監修を手がけるほか、動物園・水族館などの展示企画・監修を手がける。著書に「しくじり動物大集合」「もっとしくじり動物大集合」「すごい動物学」(永岡書店)など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA