寄り添い、寄り添われるという関係性 深い悲しみを通して描く「コウノドリ」第5話(デイリー新潮)

Pocket

産科を舞台にした医療ヒューマンドラマ『コウノドリ』は、毎回異なる患者を迎えて、さまざまな出産のあり方を描いている。前作から2年が経過したセカンドシーズン、前半戦の山場となった第5話は、鴻鳥サクラ(綾野剛)らと、下屋加江(松岡茉優)ら若手の医師が、どのように「患者に寄り添うか」、それぞれの心のありようとともに、患者たちがいかに「医師に寄り添ってもらっていると感じられるか」に焦点を当てたものだった。

下屋は緊急搬送されてきた大松美代子(井上依吏子)に、未熟児状態での帝王切開出産という手術をほどこした。しかしその後大松の息子は、動脈管開存症という合併症を起こし、早期の手術が必要になる。しかし帝王切開になったことに納得のいかない大松夫妻は息子の手術を拒否してしまう。

一方、サクラの担当している妊婦、西山瑞希(篠原ゆき子)が切迫早産のために急遽入院することとなった。瑞希は同じく切迫早産で入院していた、同室の七村ひかる(矢沢心)と友情をはぐくみ、ともに長くなるであろう入院生活を支え合っていくことになる。

しかし、瑞希の胎児は、突然のIUFD(子宮内胎児死亡)という事態を迎えてしまった。

サクラは深夜まで、海外の論文や資料を調べて原因を探ったが、胎児死亡の理由は分からなかった。それでも「僕には今回の事態を予測することができませんでした」と彼が西山夫妻に頭を下げたのは、妊婦に寄り添う責任感からの行動だったように思える。サクラのその言葉を受けて、瑞希は「違う……」と首を振って号泣した。先生のせいじゃない、と言いたいのが画面を通して伝わる、切実で苦しい表情に涙がこぼれた。

死産でも、母は陣痛を起こして子どもを産まなければならない。夫婦で決めた「あかり」という、娘の名前を叫んで呼びながら、瑞希がもう生きていない娘を分娩するシーンでは涙が止まらなかった。

瑞希を熱演した篠原ゆき子の公式ブログには、放映後、多くの共感やねぎらいのコメントが寄せられており、いかに今回のエピソードと篠原の存在が視聴者に響いたのかを、物語っている。

「寄り添ってもらえている」という患者の実感

「寄り添う」という言葉を、たびたび私は本作レビューで用いてきたし、これまでの放送では、医師側が「患者に寄り添う」様々なアプローチが描かれてきた。しかし今回は、患者が「医師に寄り添ってもらえている」という実感をしっかり得たことで、我が子の死産という現実を受け入れることができた、相互的な心の交流に気づかされた。患者が医師に何を期待していて、どのように接してもらうことが心の安息につながるのかが見えた回であった。

あかりちゃんの沐浴に立ち会うサクラ。その様子を見ていた下屋は、かたわらの新生児科の医師・白川領(坂口健太郎)に「患者さんに寄り添うって、どういうことだろうね」と小さくつぶやく。下屋はサクラの姿を見て、自分ももっと患者である親たちと「共にある」気持ちを大切にしなければならないと気づいたのだろう。

大松夫妻へ、意を決して手紙を書いている下屋に、声をかける四宮春樹(星野源)。サクラが患者に謝罪したことについて「俺なら絶対に頭を下げない。次の出産に向けて綿密な計画を練るだけだ」という四宮の言葉には、彼なりの患者への誠実な寄り添い方が表れていた。対照的に見えるサクラと四宮の姿勢は奥底でつながっている。そこから下屋は「では自分はどうするべきか」という問いかけを受け取ったことだろう。下屋の誠意ある手紙が通じ、大松夫妻は息子の手術を承諾した。産科から新生児科へ、命のバトンが渡された際の描写に、下屋や白川が踏み出した確かな一歩を感じた。

幸せと不幸せが同居する「産科」という場所

西山瑞希の死産を知らないひかるが「赤ちゃん、元気?」と声をかけ、それに対して瑞希が「……かわいいよ」と振り絞った返答。瑞希は嘘をついていなかった。元気ではなくても、死産でも、赤ちゃんはかわいい。その実感がこめられた一言に私は三たび涙を流した。死産だった西山夫妻の娘、あかりちゃんは戸籍には名前が残らない。それでもあかりちゃんは二人の“家族”でありつづける。

産科という、幸せと不幸せが同居している分野で、患者が医師に心から寄り添ってもらっていると感じられる場面は少ない。産婦人科の診察は、女性にとって心身ともにデリケートな部分に触れるものだ。病院によっては、妊娠が判明しても妊婦に正面からは告げず「おめでとうございます」と言わないところもある。待合室には、不妊治療に悩む人、女性疾患で治療を受けている人など、様々な境遇の人がいるからだ。私の通っている婦人科では、診察室への男性の立入りが不可となっている。妊娠のために通っているのではない私にとっては、それがありがたい配慮であることは事実だ。

今の病院にたどり着くまで、私は何度も婦人科の診察で傷つき、そのたび病院を替えてきてしまった。孤独や不安を払拭してくれる医師に出会うことができなかったからだ。そのことが正しかったかは分からない。だが、今、誠意を尽くしてくれ、心から私の身体を慮ってくれていると感じられる医師の存在が、どれほど支えになるかは骨身に染みている。

次回第6話は、下屋の医師としての成長がますます問われることになりそうだ。医師は医師である前にひとりの人間である。当然であるはずのそのことを、かつてないほど濃密に描いていることこそ『コウノドリ』が多くの視聴者を惹き付ける理由なのだ。

西野由季子(にしの・ゆきこ)(Twitter:@nishino_yukiko) フリーランサー。東京生まれ、ミッションスクール育ち、法学部卒。ITエンジニア10年、ライター3年、再びITエンジニアを経て、永遠の流れ者。新たな時代に誘われて、批評・編集・インタビュー、華麗に活躍。

2017年11月15日 掲載

新潮社

Sponsered Link



👦ひよこ
同じ経験をした。予定日まであと数週間だった。
今、妊娠中。
怖くてドラマは観られなかった。
今観て自分がどんな精神状態になるか。
普通に『泣ける』で終われる自信がない。
とりあえず無事に産んだら観ようかな。
のちにまた妊娠できたのは、死産の時寄り添ってくれた医師が言ってくれたある言葉のおかげだと思う。
それがなかったら私も死んでたかも。そのくらい当時は発狂してた。
👦名無しさん
毎回、号泣してるけどこの回は個人的には神回だと思った。西山さん夫婦を演じた役者さんが素晴らしいと思ったし矢沢心さんも良かったと思う
👦muuran2017
ドラマ「コウノドリ」毎週観てます!
綾野剛さん・星野源さん・松岡茉優さん
吉田羊さん・他にも素晴らしいキャストで
送られる涙と感動のドラマですね・・・
確かに第5話も良かったです!
高橋メアリージュンさんの鬱病を発症して
しまう役もスゴく良い演技でしたね。。。
志田未来さんの聴覚障害を乗り越えての
出産と産後の夫婦の支え合ってる所とか
本当に毎回が楽しくて、悲しくて、嬉しくて
視聴者の心をガッチリと掴んだ分かり易く
優しいドラマだと思います・・・・・
これからも楽しみにしております!
👦名無しさん
初めて見たけどあの女優さん演技上手かったなぁ。見る気なかったけどつい引き込まれて最後まで見ちゃった。
初期流産したばかりだけど、一人目で後期に死産とかしてたら妊娠が怖くなっちゃうだろうなと思った。私もそうだったように、自分に起こるまではどこか他人事な気がしてる人が多いけど、実は初期流産含めるとかなりありふれた出来事。何のトラブルなく生まれてきてくれた子供たちは当たり前じゃなく奇跡だったんだと実感した。
👦名無しさん
役者さんが、大森南朋、吉田羊のベテランを重しに、主演の綾野剛、星野源がストーリーを引っ張っていき、若手の松岡茉優、坂口健太郎も実に上手い芝居をしている。その他、松本若菜などの脇役の方まで本当に上手い表現者を起用している。
バランス感覚が非常に優れている。新人の宮沢氷魚も初々しくて、研修医の感じが上手く表現されている。
TBSのドラマ制作能力は優れている。てかこのプロデューサーやスタッフは逃げ恥チームですよね。流石です。
👦名無しさん
号泣回でした。ただいま産後4カ月。きっと妊娠中だったら、怖くて見れなかったかも…
それくらいリアルに表現されていました。
泣き笑いの顔で矢沢さんに「元気な子を産んでね」と言った篠原さんの演技が忘れられません。
👦名無しさん
胎児が突然亡くなってしまったのを演じてた人は、演技が凄くて、泣いてしまった
けど、この記事の「幸せと不幸せ」みたいな書き方はどうなのかな
子供が産まれた→幸せ
子供いない→不幸せ
って訳でもないし、子供が亡くなるのは不幸な出来事に間違いないんだけども、最後にあかりちゃんと「ここがパパとママの店だよ」って言ってた時は…幸せそうに見えたよ
👦ka
産婦人科医の友人が今回のコウノドリをどう観たのか、気になって聞いてみました。
「流産死産は日常的にあること、このケースも珍しくないし、赤ちゃんが亡くなった原因が分からないことは、特に総合病院では多いよ。だから、特異なケースのように描かれると困るけど、家族のサポート周りのサポートは凄くいいと思った。」
サクラ先生いわく、唯一、日常「おめでとうございます」と患者さんに言える産婦人科、でも辛く悲しい思いをされる方も多いことが、ドラマで少し周知されるのかなと思いました。
現実の総合病院の産婦人科医は多忙を極めてますよね、不妊治療で長く通われてる方も少なくないし。
👦名無しさん
第3話で四宮先生が言っていたけど、産科医が足りずギリギリで回す中で、実際に産科の先生が妊婦さんのメンタルのケアまで全て担うのは難しいと思う。きめ細かいケアは看護師さん、助産師さん達の力を借りて、退院後も気持ちを吐き出せるよう天使ママの集まりを紹介するなど、継続した支援が大切だと思う。
それにしても今回の妊婦役の篠原ゆき子さんの演技は素晴らしかった!役に憑依していたというか、演技に見えないくらい自然だった。何度も録画を見てストーリーは分かっているのに、何度見ても泣いてしまう。すごい女優さんだと思う。
👦名無しさん
改めて妊娠も出産も軌跡なんだなと思いました。こうのとりに出てくる先生は皆、前を向いて進んでいるのがよくわかりますが、実際、このように真剣に接してくれている産科医とかはどのくらいいるのかと思ってしまいます。
👦名無しさん
「普通に生まれる」ことが奇跡のようだと教えてくれる。
生まれてくる命を、母親をこれだけ大切に丁寧に描いていて。
妊娠、出産なんて関係ない!って思っている人も、自分が生まれて来た奇跡、周りの人のこと、将来のこととして見たら良いなあと思います。
命って、大切。
👦名無しさん
あー、どうしてこんな論評が出ちゃうかなぁ。
確かに医療者には共感性の低過ぎる人も多々いるのは事実だけど、そうですねそうですね、って話聞いてくれるけど腕の低い医師に治療して欲しいのかな?
このドラマのもう一つのテーマが全然伝わってない。
寄り添う医療者が必ずしも正義じゃないと思う。
四宮先生が何度台詞の中で言ってきたか。
私は四宮先生のような人にかかりたい。サクラタイプのドクターで腕のいい人なんて少ないと思うから。
なぜなら時間は限りがあり、同じ時間の中で、医療者はたくさんの患者を診て、知識・技術の自己研鑽をし、プライベートでしっかり休んで気力の回復をしなければならない。
その葛藤を1stシーズンからずっとみんなが話し続けてるじゃない。
寄り添うのは確かに大事だけど、それだけにフォーカスして欲しくない。
👦ほしほし
泣きました。頭が痛くなるほど。
妊娠したら元気に生まれるは当たり前じゃない。
今目の前に元気にいる子供は奇跡なんだ。
寝てる子供の顔見たらまた涙がぽろぽろと…
👦名無しさん
第4話が木下優樹菜と安めぐみの安っぽい演技だったからか第5話はめっちゃ泣けた!
西山夫婦を演じた2人は最高だったなぁ。
👦名無しさん
あんないい産婦人科あったら人気殺到して激混みだろうなぁ。実際、今通ってるところも流れ作業な診察です。それでもきちんと診てくれて必要な情報を的確に伝えてくれれば十分です。それすらできてないとこも多いから。
👦名無しさん
寄り添ってかつ腕のあるドクターだといいのは当然ですが、そんな人ばかりではないと思います。
流産数回→不育症治療→不妊治療→妊婦健診で、これまで色んな病院で10人以上の産科医に診てもらいましたが、
1番信頼できると思ったのは、厳しい口調でも実績があり、はっきり根拠を示してくれた医師でした。
1番不信感があったのは、初めての妊娠の時、流産の兆候があるにも関わらず当初一言も言ってくれなかった医師。気を使ってくれたんでしょうが、私にとってはトラウマです。
👦名無しさん
コウノドリ、毎回見ています。
思わず、「寄り添い、寄り添われる」の言葉にドキッとしました。
ドラマの内容とは関係ないのですが、主人の親と
同居→別居→同居→別居、私のみ今は別居してからは会っていません。よく義両親からは寄り添え、甘えろと言われてましたが、だいたいが義両親の都合がいい事ばっかりで、それに答えられないと「赤の他人のくせに」とよく言われて来ました。それから、私の中で「寄り添う」って何だろう?とわからなくなっています。
コウノドリを見て、もちろん、妊娠、出産がメインだと
思いますが、それプラス、人間関係がとても良く描かれていると感じました。
中々、寄り添う、寄り添われる関係って難しいと思うのですが、身内じゃない他人だから出来る事もあるのかな。
私自身、すごく学ばされます。
👦名無しさん
篠原ゆき子さんの演技が素晴らしかった。こんな女優さんがいるのかと思うほど。彼女が演じてくれて一層深みが出た。
👦名無しさん
今まででいちばん泣けた回でした。
10ヶ月ずっと一緒だったのに、いよいよって時に死産なんて、辛すぎる。
それでも、あの妊婦さん二人の友情が本物だったことが救いでした。
👦名無しさん
わたしはやっぱり高橋メアリージュンの産後うつの話だなぁ、、、
コウノドリはいろんな角度から母親や父親、家族をとらえた作品なんだなぁと感じました。
前作は、どうせ御涙頂戴でしょ、とか、妊婦様が増えるんじゃない?と反抗的な気持ちで見ませんでしたが、コウノドリ2をたまたま見て共感・感動し、前作をAmazonプライム・ビデオでぶっつづけに10話見ました!

ただ、デリケートなぶん、リアルの世界ではコウノドリの話はしづらいです。
もしかしたら不妊で悩んでるかも?もしかしたら前に流産を経験してるかも?と思って、人には進められないのがすこし残念なところです

👦kar※※※※※
今妊娠しているからドラマを見られる様になったが
前回の時は不妊だったので、赤ちゃんを見るのも辛くて見られなかった…。

妊娠している今だからこそ、どんなリスクがあるのかもしっかりと理解出来るし、夫婦で感動して観ていられます。

👦名無しさん
毎回見ていて号泣です。音楽もあっていて、泣けます。。赤ちゃんの問題について、取り組んでる。私も妊娠したらコウノトリ先生みたいな人に見てもらいたい。
👦名無しさん
次の日目が腫れるくらい泣いた。このドラマ、子供と一緒に観れる時間帯にやってくれたらいいな。性教育にもなるし、命について考える事もできる。こうやって元気で過ごせているのは、奇跡なんだって思ってくれたら、自分の事も相手の事も大事にできると思う。
👦Rina
ドラマとして、毎週みています。こんなに手厚く寄り添ってくれる医師や看護師さんには出会ったことがないです。医療の現場も変わって、ドラマのような体制になっているならいいですが、以前は1人1人の状況に合わせてはくれなかったのが現実でした。ドラマのように個別にスタッフで会議をしていたのかも、疑問です。出産と流産の人が同じ部屋でしたし、個室希望も叶わず精神的ケアもなく、ダメージを抱えて堪えるのみ。ドラマは感動しながら観ていますが、毎回ドラマだなぁと。患者さんに寄り添う医療になってほしいです。
👦AQB姫
前シーズンの8話も辛い話でした。
でも、きちんと描いていた。
多くの人に見てもらいたい命のドラマです。
👦名無しさん
途中おんなじ文章出てきますよ。
コウノドリ、毎回号泣です。
もうすぐ臨月のママより。
👦名無しさん
今、目の前にいる子どもは奇跡のあとの現実だなって思いながら色んなおかあさんがいることを忘れてはいけないって強く感じています。
👦名無しさん
記事の「幸せと不幸せ」に傷ついた。赤ちゃんを2回流産し、今、お腹の子も育ちが遅くてどうなるかわからない私は不幸せだ。。。。やっぱり、コウノトリは観れない。感動したと言ってる人は、幸せだからです。
👦名無しさん
フィクションとはいえ、あの夫婦また赤ちゃんが宿ってほしいと思った。
👦名無しさん
産後6ヶ月だけど、ドラマが見れない。
我が子と重なって毎回苦しくなりそうだから。
落ち着いたらDVDで見たいドラマですね。
👦名無しさん
毎度これ見て、改めて子供大切にしようと思う。ありきたりの毎日に、子供が生きている喜びを感じられる。
👦名無しさん
「あらすじ」と「泣ける」ばかりの評価が目立つ中で、思い入れは強いけど制作者の意図をきちんと伝えているので、毎回新潮さん読んでいます。
シーズン1ではスタッフ・キャストも売れ始めた人ばかりで小栗旬がヘルプ?に入っていたのが懐かしいです。2年を経ての今期は脚本家の坪田さんがメインに昇格してしっかり仕事をされていて、キャストも成長著しく、ファンとしてうれしく、見ています。
いいチームだよね
👦名無しさん
このドラマは本当に難しい、奥が深すぎ、でもタイヘン良く作られていると思う、演者の方々も非常によろしい。
👦名無しさん
コウノドリに出てくる先生や助産師がいる病院なんてあるのでしょうか?あそこまで患者に寄り添うほど産科に余裕はないと思う。私が入院した総合病院は通院、産後含めケアを率先してやってくれる感じはなかった。
👦名無しさん
産婦人科入局者希望者が増えてくれれば良いのだが。
実際はピアノ弾くどころか眠る時間もロクに無い事ぐらいは今の賢い医学生はお見通しだろうな。
👦名無しさん
いいドラマだと思う。
これからの若い子にも見て欲しい。
👦名無しさん
毎週楽しみに観てます自分の妊娠中とかぶることもあって毎回号泣。大好きなドラマです。
👦名無しさん
私は不妊治療後に妊娠した第二子を4ヶ月程で胎内死産した。街の診療所だったからか「あ~心臓動いてないね。来週診て心拍なかったら下ろしましょ。」と。何の事か理解できず、帰り道泣いてた。堕胎時も一人で病院へ。大変だったね程度の声はかけてくれたけど身内も他人事のように日常を送ってた。こんなに寄り添ってもらえたら私ももう少し素直な人間でいれたかもしれない。
👦名無しさん
毎回泣けるな(ToT)
作者がリアルに産科医に取材して協力してもらって出来てる作品。m(__)m
全て実話が元の漫画です。m(__)m
👦スポンジボブズボンは四角
毎度涙です。
本当に妊娠出産は命懸けだと思う。
👦名無しさん
このドラマ、大好きで毎回観てますが、ドラマの感想をいちいち記事にしなくていい
👦さんちゃん
放送日記載して欲しかった
👦生姜ご飯が好き
今話は、ずっと泣いてたわ。
(賞味期限切れのプリンと、ジャムパンのシーンでやっと休憩できたくらい)
何とも言えない表情で、矢沢さんに「元気な赤ちゃん産んでね!」と言ってたシーンは、胸が苦しくなったよ。。
👦k…
結婚する前の娘と息子と親子で毎回見てます。西山さんは演技であっても真に迫っていたし、死産のシーンなどリアリティのあるドラマに家族みんな真剣に受け止めていて、情操教育的な結婚して子供が出来たら生まれたらの話をしながら見てます。こう言うドラマがこの世の中だから必要なのかもしれないですね
👦名無しさん
記事の前半部分、重複してますよね?ビックリした(^^;
👦名無しさん
私も医師ですが、内容がすごく濃い良いドラマです。産婦人科医の先生、本当にご苦労様です。
👦名無しさん
このライターさん、最初は星野源だけの写真載せて主役扱いしてたり四宮好き好きな記事書いてたけど、これはまだまともな記事ですね
👦名無しさん
経験した者にしか分からない。
簡単に分かるとか感動したとか
言葉が薄っぺらい。
👦名無しさん
あらすじをなぞっただけではない、いいレビューだと思います。
毎日子ども達に腹をたてたり怒鳴ったり、の日々ですが、今、目の前に当たり前のようにしてある幸せをしっかり抱き締めて毎日生きていこうと思わせてくれる、本当に素敵なドラマです。
流産や死産は、皆大っぴらには決して言わないけど、そんなに珍しいことではない。
実際、私の周りにもすぐ思い付く身近な人だけでも数人いる。
彼女たちの負った痛みを、今回の篠原さんの演技でまざまざと見せられて、いかに自分の想像力が足りなかったのか、と…。
傷を抱えて生きている人たちがいる、という認識をもって、想像力を働かせて人とは接したい。
👦名無しさん
ドラマみたいに、四宮先生タイプとさくら先生タイプと両方いる病院ならよいのですが、私が出産した病院は全員、四宮先生タイプで、ちょっと怖かった・・
👦名無しさん
寄り添われて当たり前!な妊婦様が増えなければいいけど。
👦名無しさん
男ってほんと何にも出来ないよね
歯がゆいわ
👦名無しさん
これって韓流ドラマ枠だよね笑?
華の無いブサ俳優が相も変わらずゴリ押されて
キム千冷蔵庫とかそろそろ出てきそうだよな笑?

 
<PR>



☆★楽天カードでポイント生活はじめよう!★☆

キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、楽天市場で使える楽天スーパーポイントプレゼント中!

★顧客満足度No.1!ベーシックな楽天カード★
<特典1>年会費永年【無料】!
<特典2>楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍!
<特典3>楽天Edyを使っても200円につき1ポイント貯まる!
<特典4>大好評♪お買いものパンダデザインが選べる!

楽天カードが人気の理由はこちら ⇒ 楽天カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA