小栗旬 親子初共演に秘めた劣等感「まだ親父には及ばない…」(女性自身)

Sponsered Link
Pocket

「小栗さんは、お父さんを誰よりも尊敬しています。時間を見つけては2人で酒を酌み交わし、熱い演劇論を闘わせることもあるそうです」(映画関係者)

今年で35回目を迎える『サントリー1万人の第九』。12月3日、大阪城ホールで行われる年末の風物詩に、朗読ゲストとして小栗旬(34)の出演が決定した。

このコンサートの演出を手がけるのが、小栗の父で舞台監督の小栗哲家氏(68)だ。

哲家氏はウィーン国立歌劇場やニューヨーク・メトロポリタン歌劇場など、世界トップのオペラ劇場で舞台監督を務めた経験もある日本を代表する舞台監督。意外にも今回が“初の親子共演”だという。

10年の映画『シュアリー・サムデイ』で小栗は初の監督を務めたが、もともと“いつかは自分も表舞台から裏方に回りたい”と長年思い続けてきた。それも父・哲家氏の背中を見て育ったからだと、前出・映画関係者は話す。

「哲家さんは小栗さんが小さなころから国内外を飛び回り、家に居ることはほとんどありませんでした。小栗さんが俳優を志した中学生ごろには、休みは年に10日もなかったそうです。でも哲家さんがひさしぶりに帰ってくれば、家族はすぐに元通り。母親の手料理を囲んで話に花が咲いたそうです。小栗さんは、そんな両親の姿こそが“自分の理想”だと言っていました」

仕事でも私生活でも、哲家さんは小栗にとって“超えられない背中”だったようだ。

「初監督を務めたとき、飲みの席で小栗さんは『まだまだ親父には及ばないなあ』と哲家さんの偉大さを改めて語っていましたね」(制作関係者)

緊張?暴走?尊敬する父との“初共演”で、どんな小栗が見られるか――。

Sponsered Link



👦名無しさん
こんなにすごいお父さんがいたとは驚きました。
👦名無しさん
小栗旬、何をしてもかっこいい。
昔も好きだけど、今はいい年の取り方をしてより一層魅力を感じてだいすき。
いつまでも輝いていてほしい!
👦名無しさん
一番嬉しいのはお父さんだろうね。
自分が手がけた作品に息子がでるのは︎
👦魔女集会
お父さんが業界の方だというのは以前wikiか何かで見て知ってました
ただどのくらい凄い方なのかは詳しく調べたことなかったです
裏方志望の斎藤工さんのお父さんも、たしか似たような?だった気が、違ってたらごめんなさい
職種は違うけど声優の坂本真綾さんもお父さんが舞台関係者だったりするし、やっぱり親の背中を見てその世界に憧れるんだろうかね
👦名無しさん
蛙の子は蛙
👦名無しさん
意外とこれ、父親の方が緊張するんじゃないかなあ。
父親経験者としては、そう思ってしまいますね。
👦名無しさん
ダサいのに自分はカッコいいと思っているのが見てて伝わってくる。
👦名無しさん
なんだ…苦労人かと思ってたのに
2世かよ…
だから実力も無いのに活躍してるんだな。
やっと納得。
👦名無しさん
家族の皆様といつまでもお幸せに。
👦匿名
当たり前だよ。

 
<PR>



【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

詳細はこちら ⇒ 【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す