井上真央はなぜ毒親から離れられないのか? 『明日の約束』の歪んだ親子関係(リアルサウンド)

Pocket

火曜ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)で井上真央演じる主人公の藍沢日向は、これまで悩みを抱えた生徒たちを親身になって救い出してきた。誰の目から見ても良い人柄の持ち主で、良識もある。しかし、だからこそ「なぜ“あの母親”と一緒に暮らしているのか?」という疑問が浮かんでしまう。

第2話までの放送で、日向の母・尚子(手塚理美)の過干渉ぶりは明らかになっている通り。幼い頃から強制的につけさせていた「明日の約束」という交換日記には、「ママがいいと言ったお友達以外とは遊ばない」「ママに口ごたえしない」「ママをイライラさせない」といった約束が記されていた。さらに日向は、「ママに無断で男の子を好きになったりしない」という約束からか、3年もの間、付き合っていた本庄和彦(工藤阿須加)のことを尚子に教えていなかった。

回想シーン、9歳の日向が開いたページには「日向の読む本も、遊ぶ玩具も、食べるおやつも全部ママが選んであげる。日向にとってそれが一番正しいんだから」と書かれ、尚子が「今日は遊べないの」と家に訪れた日向の友人を追い払う姿が描かれた。日向が生まれてから29年もの間、尚子は日向が自分の意思で手にしたもの、人間関係にも干渉し、自分の思い通りにしようとしてきた。そしてそれは、現在も進行中なのである。

日向は、週刊誌記者の小嶋修平(青柳翔)から事件の真相について迫られ、気持ちを休めようと和彦の元へ向かう。和彦の家の玄関に入ると、日向は和彦の胸に寄りかかるようにくっつき、和彦はその様子を心配そうに見つめつつ肩を抱く。圭吾(遠藤健慎)の死をきっかけに、様々な人間の悪意が日向に降りかかっていた。「ちょっと怖くなったから」と、日向が第3話にしてやっと誰かに弱音を吐く姿を見せたことは、和彦が日向にとって唯一、安心して寄りかかることができる存在であることを示していた。

しかし、部屋の中に入るなり、日向の目には、思いもよらぬものが映る。「鎌倉 風月庵」の紙袋と箱。それは昨日、日向が尚子からもらったお菓子のお店のものだった。日向はその日、そのお菓子と尚子から言われた「本庄さん素敵な人じゃない。ちゃんと幸せになるのよ」という言葉を、笑顔で受け取っていた。だが、和彦の部屋で日向は一瞬のうちに表情を強張らせる。「うちのお母さんに会った? 会ったんでしょ? いつ」。日向が尚子のことを和彦に話すときの眼差しはいつも冷たく、声のトーンは低い。和彦は「お母さん、日向のこと心配してて、でもでしゃばると嫌がられるからって」と、黙っていた理由を打ち明けるが、日向は「帰る」と部屋を出て行く。

唯一、日向が気を休める存在でもあった和彦にまで尚子の手が伸びてきていることに、ネット上では、彼女の行く末を心配する声が止まない。日向が「良いお母さんなんかじゃないよ、あの人」と、はっきりという時の鋭い表情は、尚子の悪意の潜んだ笑顔と並ぶほど、強烈に映る。東京で就職していた日向が、父親が亡くなったのをきっかけに地元に戻ったのはすでに明かされている事実だが、本当に単に尚子のことが心配で日向は彼女の側にいるのだろうか。「何か、聞いた?」「随分前に事故でって」「そっか」。日向と和彦が第2話で交わしていた何気ない会話だが、尚子の左手の怪我にも何か理由があるのかもしれない。

大和田茉椰

Sponsered Link



👦コタツルン
ドラマの話ではあるんだけど、毒親というものは「離れられない」「離れない」から毒親たるんです。普通の親というものは、仲がいいにせよ悪いにせよ自動的に距離をとっていく、意識せずとも、そうなっていくものなんです。それゆえ非常にリアルなんですよ、このドラマは。
👦@
義母は典型的な「離れられない親」です。私たち家族の休日の予定は把握してないと気が済まない。主婦、母親である私は平日家に居て当たり前。なので昼間に電話を毎日かけてきて私がいるか確認。もし出掛けてたら夕方の電話でどこで何をしてたのか聞かれ怒られてました。私にとって毒親とは義母です。血の繋がりもないので事情を夫に話し、この先義母の言いなりにはならないと決め少し離れました。こんな事を毎日されてると本気で気が狂いそうになるので、まだ悩んでる人たちがいるのなら、心の底から応援します。
👦名無しさん
あそこまで酷くないけどうちの母親も似たような所が有る
仲間も怖いけど手塚も怖い
👦名無しさん
ちらっとドラマ見たけど、世間では普通に有りがちな事。まだこれから展開していくだろうから一概には言えないけど。あたしの母親はこれの真逆の毒母。「あんたなんか産まなきゃ良かった。川原で拾ってきた、生後3ヶ月の時に信頼できる住職さんが、この子は残念ながら何の取り柄も才能もない子供だと言われたわ」とかね、怒ったときや不機嫌なとき、いつも言われてきたし、干渉はなかったから放置主義。
👦名無しさん
ネグレクトタイプの毒親ですね。
👦名無しさん
このドラマ観たことないのですが
私も母がアル中で殴るのは当たり前で何度も何度も家を出ても結局戻ってしまう。殴るか極端に優しいときがあって「こっちが本当の母だよね?」て。殴られて施設の方に避難したときに警察に言うよう促されても奮闘する自分が嫌になります。
👦名無しさん
毒親に支配されつづけるのは、正しい親という存在をしらないから。
私もそうだった。気分一つで罵声を浴びせられても過干渉されても、親とはこんなものなんだろうとどこかで諦めていた。波がある生活の母の悪い所も良いとも全部自分の親なんだと信じて疑わなかった。
結婚して、義母ができて始めて正しい母親はこういうものなんだと知ることができた。
義母の優しさに触れて以来、実母の毒親を始めて客観視できるようになり、始めて自分が長い間毒親によって支配され、振り回され、傷つけられてきたのか知ることができた。
実母の事は恨んではいないが付き合いは疎遠になった。
虐待や毒親に悩む子供達は逃げないのではなく、今いる環境が異常であることに気がついていないだけ。
👦名無しさん
うちの母親も毒親だから興味深く見ています
👦マティーニ
彼氏役の配役はどうなの。
👦名無しさん
ドラマの話かい!
👦名無しさん
井上真央って、実名だもんね(^_^;)
👦名無しさん
ドラマの中の話ですか。
タイトルだけ見たら、井上真央のご両親が毒親なのかと思ったわ
👦a
観てないけど、教師の娘と毒母ってちょい前にやってた波瑠と斉藤由貴の、ドラマとかぶるね
👦KA*
義母と義姉の関係みたいで、辛くなります。
小さな頃から洋服の好み、門限、友達、全て義母の気にいることしか許されない、反抗出来ずお利口に生きてきた義姉は、結婚も好きな人とは出来ず、義母の勧めるお見合いで無理矢理でした。
結局、義母事由で離婚、重い鬱で入退院を繰り返し、少しでも義姉を助けたいと画策した私まで義母に攻撃され、疲れ果てました。
今はたまに会う義姉の活力ない目に、心が苦しくなります。
ドラマのような母娘、世の中多いのかも…血縁だからこその離れにくさがあるんだろうなと思います。
👦名無しさん
日向ママと圭吾ママの毒親レベルが拮抗してきた
👦名無しさん
嫌みたっぷりの記事タイトル。
👦名無しさん
NHKが波瑠と斉藤由貴でやったドラマとそっくりじゃない?波瑠のも先生だったし。
👦どらえもん
井上真央さん1回だけお願い出来ませんか
👦はいはいほーっっ
マインドコントロール 毒親が病気で入院するとか亡くならない限り子供は逃れられない この世の中 親が子供を苦しめ長生きして子供は早く死にたいと思っている
👦名無しさん
ヤバ
👦名無しさん
バスケの顧問襲ってたの、時子だよね?

 
<PR>



【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

詳細はこちら ⇒ 【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

コメントを残す