『コウノドリ』第3話、“産後うつ”のリアルに「他人事じゃない」共感の嵐(クランクイン!)

Sponsered Link
Pocket

綾野剛、星野源、坂口健太郎ら豪華キャストが出演するドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が27日に放送された。今話では、第1話で障害を抱えた赤ちゃんを産んだ高橋メアリージュン演じる彩加が産後うつに陥り、追い詰められていく姿を描き、「他人事とは思えない」と多くの共感を呼んでいる。

心臓病を抱える妊娠36週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)は、産科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)から、心臓への負担を考えて無痛分娩を提案された。しかし、親や友人に言われた迷信をすぐに聞き入れてしまう麗子は、周りの意見に左右されてしまい、無痛分娩を拒否する。一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、彩加(高橋)は、生後2カ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察のため、新生児科を訪れていた。

診察中にみなみの顔を見ることもなく、また泣いているみなみをあやすこともない彩加の様子に、サクラも新生児科の医師・白川(坂口)も助産師の小松(吉田羊)も違和感を感じる。そんな中、みなみを預ける保育園が見つからず、途方にくれた彩加は、赤ちゃんを病院の受付に残したまま姿を消してしまう…。

ドラマではあまり語られることのない「産後うつ」をリアルに描いたことで、SNSでは「産後うつの気持ち分かるな。私も産後悲しくなったり、責められているんじゃないかなとか思ったことよくあったもんなぁ。孤独感がすごかった」「本当に産後うつ無い人なんているのかな…。どうにかなりそうでどうにかしてしまいそうで、恐くてこわくて毎日必死だったな」「今日の産後うつの回を旦那と観れて良かった。私も最近イライラがひどくて、周りに相談もできず話す人もいなくてしんどかった。このドラマが観れて本当に救われた」など、自身の経験を振り返るコメントが多数寄せられた。

また、星野演じる四宮が、ナオト・インティライミ演じる彩加の夫に対して言い放った「人間は2人でひとつになんかなれない。死ぬまでひとりだよ。別々の人間だからこそ、お互いを尊重し合い、初めて助け合える」というセリフを絶賛する声が集まり、「四宮先生カッコ良過ぎる。冷静で、思慮深く、嫌われる事を厭わない覚悟があり、実は愛情深い」「四宮先生の言葉は重みがいつも以上にあったし…愛もあったなぁと。グッときました」というコメントが相次いだ。

Sponsered Link



👦おこめ
ナオトインティライミさんの最後の台詞で育メンじゃなく父親になると言っていましたが、育児している者としてはそこに心動かされました。育メンという言葉は好きじゃない。育児して当然、お互いの子どもだから。
👦名無しさん
程度の差はあれど、産後うつは誰でもなる得ると思う。睡眠不足で体調不良フラフラの中赤ちゃんに昼夜問わずギャン泣きされたら誰だって精神的に参ります。
欲しかった待望の赤ちゃんなのに可愛いと思える心の余裕が無くなってしまうのも分かります。
1人目出産後の自分と重なって昨日は泣いてしまいました。
👦匿名
もう10年以上前だけど産後鬱酷かったなぁ。子どもに軽い疾患が有ったので、なおのこと自分を責めていたと思うわ。二人目の時は知識が有ったので、そこまで自分を責めずに済んだけど。出産前に産後鬱の知識が有るのと無いのとでは雲泥の差だった気がするわ。それでも大変だけどね。
👦名無しさん
最初の子を生んで11年経ちます。産後は、‘ずっと家にいるんだから掃除も料理もちゃんとしなきゃ’とか、‘いいお母さんしなきゃ’ってハイテンションで頑張り過ぎていた気がします。
ソーシャルワーカー役の人も「私も子どもを窓から投げようかと思った…」と。‘わー、同じ!’って。
そして、自分の生活スタイルを変えなかった夫に言われたこと、されたことは今も尾を引き、愛情はゼロに。食べ物の恨みは怖い、ではなく、産後の恨みは怖い、ですよ。
👦名無しさん
私も診察してないけど産後鬱だった。
双子だった。
周りは子育てを美化して押し付けてくる
には泣けた。
実家の母は亡くなっており、お義母さんの陰湿で冷たい言葉は苦しかった。
義母はあなたには母親がいないから、抑えている。と言われた。
一人でほとんどしてるのに…おかげで赤ちゃんを可愛いと思った事がなかった。
なんで人って否定から入るんだろう。
👦LB*
私も今思えば産後は情緒不安定だったかも。
必死過ぎてあまり覚えていないのが正直なところ。
前回、四宮先生が彩加の旦那にあてた『育児を”手伝う”って何だよ。あんたの子供だろ』という言葉にもグッときました。
夫婦で一緒に見たいドラマです。
👦名無しさん
このドラマ、ほんと色々考えさせられる。
昨日の話も産後鬱のバックグラウンドとして
*女性のキャリアプランと全く閉鎖的なままの日本の企業とのギャップ
*自分の価値観を押し付け追い詰める母(実母も姑も)
*父親になりきれないどこまでも他人事の夫
*都会での孤独な育児環境
一話でもあったけど
少子化でみんな赤ちゃんをどうにか増やそう増やそうとしているのに、こんなにお母さんが孤立して辛い社会…どうにかならないかな
👦名無しさん
ちらりと見たとき、一人目の時そうだったなぁと思った。「なんで泣き止まないの!」泣き声聞こえるとおかしくなる感じだった。
その子供が今や小学生。一人目って何もかも新しいことが続くからいつまでも心配なのに、3人目の2歳児は(こうだったなぁ、あーだったなぁ)と少なからず2回は経験してきてわかってきたからゆっくり子育てできてる感じ。
こんなにも一人目と心の余裕が違うのかぁと思った。
👦名無しさん
出産して2ヶ月がたちます。
共感する部分がたくさんありました。
昨日はたまたま旦那も一緒に見て、お互いそれについて何か話すということはなかったけど何か感じてくれていたら嬉しいです。
今橋先生の言葉泣けました、、、
👦adgjmptw99
産後うつは適切な治療で回復するだろう。
しかし、結局は頑張っていたプロジェクトに戻ることはできなかった、やりたい事と育児の両立はできなかった、彼女のせいではないが。
割り切ってマミーズトラックで満足できれば良いかもしれないが、もっとキャリアを積みたいのに出産が足枷になり、仕事の面で不満な結果になることは多々ある。育児の面をうまくサポートを頼めば何とかなることもあるだろうけれど、それには頼れるジジババの有無、シッターへの出費、さらには会社の方針など、色々なものを模索して振り回されたり悩みながら、自分に合っている、充実していると思える道を見つけていくことの大変さ。よほどポジティブでメンタルが強くないとやってけないとよく思うし自分には無理です。
男性側がこうなることはほとんどないのにね。
👦名無しさん
郷里から実母が見舞いに来ていた場面。未だに、あんなデリカシーないことズケズケ言う母親がいるの?ドラマだから大袈裟に演出してるんだろうけど、観てるこっちまでイラッとした。自分も、普段激務で育児に全く関われない夫が夫実家に行く時だけイクメンアピールするのも内心イラッとしてたなぁ。
あと、自分も吉田羊みたいな人が苦手で、産後の保健師の新生児訪問でもつい大丈夫です!て笑顔で言ってしまってました。ドラマでも、そういうのが負担になる人もいるから難しいと言っていたけど、本当にそうだと思う。
👦名無しさん
上の子の産後すぐは、何もかも初めてな事ばかりで、鬱とはいかないまでも不安で一杯でしたね。燃料メーターとボリュームつまみが欲しかったなぁ(笑)
1ヶ月検診の時に助産師さんに『お母さん、上手に育ててますね』って言われたのが人生最大級に嬉しかったのが忘れられません。
今頑張ってる新米ママさんたちに心からのエールを送ります!
👦名無しさん
わたしも産後うつでした。
夫に求めていたのは子育て手伝うとかそういうことではなく、つまらないことでもわたしの話を聞いて欲しいということだったのかな。子供産んだから急に母性が生まれて母親になるのではないという事です。一緒に親になりたかったということです。よく子供に手をかけなかったと思います。紙一重だったと思いました。
👦名無しさん
周りの人は可愛いって言ってくれるのに、自分は全然可愛いと思えないっていう彩加さんの台詞に凄く共感してしまいました。
こんな自分はおかしいんじゃないか、母親の資格ないんじゃないかって。
赤ちゃんに泣かれると更にそんな気持ちを責められてる気がして本当に辛かった。
イクメンじゃなくて父親になる、本当にそうなってくれたら母親は救われますね。
何をしてくれるとかじゃなく、子供の命と成長には自分も平等に責任があると自覚して接してくれることに救われます。
👦名無しさん
心が常に張り詰めていて苦しくて仕方なくて。
どうにかなってしまいそうなギリギリのラインを必死につま先歩きで渡ってるような不安定な状態。
そこに他者(特に親)からの悪気のないダメ出しアドバイス。
私は子供が2歳になった今でも時々追い詰められて苦しくなることがありますが、その苦悩をドラマでよくあそこまで丁寧に描いてくれたなぁと。号泣でした。
👦名無しさん
今年3月に出産し、まさに今この状態です。ドラマになることで客観的に自分を見れました。
夫からは”ネガティヴの性格が赤ちゃんに感染る”と言われ、保健師は的外れなアドバイスばかりで話していて辛い、市の子育て支援課にはたらい回しにされ、保育園の一時預かりはどこも空きがなく、心療内科の予約も全く取れない。実母は遠方。もう疲れて、そっと消えたいと思いました。
今週は夜な夜な散歩に繰り出す毎日でした(子供が寝た後)。死にたいと思って駅のホームに行きましたが、死ねませんでした。
昨日のドラマを見て、少し冷静になれました。行政、医療、福祉って何なんでしょうね。
あの助産師さんが今すぐここに来てくれたらいいのに。。。
👦名無しさん
育児本通りに行かない子育てで赤ちゃんによって性格も違うから正解も終わりも見えなくて毎日泣いていました。退院するときも1人で育てられるのか不安で辛かった。一緒に悩んで話し合えるお母さんがいると心強かったなと2人目を出産して思いました!
👦えす
今までの人生の中で1番辛かったのは、上の子を産んだ後の半年ぐらいの間。昼夜を問わず泣き叫び、寝ない飲まない泣き止まない。私が親である事を拒否されているような無力さを感じていました。こんなにも思う通りにならないことってあるんだ、と。あの頃は鬱という言葉はなかったけど完全に追い詰められていました。
でも日々成長していく子供は愛おしく、自分より大事な存在になりました。母性に勝る愛情はない。無償の愛です。
今まさに、産後鬱になってしまったママさんがいたら、必ずトンネルは抜けます。今はひたすら抱っこしてあげて下さい。と伝えたいです。
👦名無しさん
自分の場合も、決して赤ちゃんが良く寝る子という訳でもなく、産後の身体はボロボロで歩行困難だし、眠れない育児、特にひとり目は慣れない育児で戸惑ったり精神的にも多分いっぱいだったと思います。
けれど、主人が時間のある限り話を聞いてくれたり、一緒に育児をしてくれたので、鬱にはならず、思い出すのは楽しかった思い出や、夫婦で、「あの頃は大変だったよね〜」なんて笑って話せます。
夜中どうしても泣き止まない時などは、申し訳と思いつつ主人にも協力してもらったし、ストレスを内に貯めずにいられたんだと思います。
多分、鬱になってしまう理由の一つに、パートナーが話を聞いてくれるかとか、一緒に育児をしてくれるかとかがあって、そこはかなり大きいんじゃないかと思います。
どんな事でも、夫婦で共に支え合って乗り越えられれば、苦労も楽しくなる気がするし、逆ならば辛いと思う。
👦名無しさん
私は第1シリーズの頃は子どもがいませんでした。
今年出産してこのドラマを改めて知ったので、第2シリーズから観ています。
毎回涙無しでは観られません。
色んなシーンがある中で、大森南朋さんが演じる先生の「お母さんは頑張ってるねって認めてもらえない。僕も育児をやっているつもりだけど、四六時中一緒なのはお母さんなんだからね」のセリフにも、涙が溢れました。
第1シリーズから観ていれば良かったと思いますが、育児の大変さはその立場にならないと分からないと思うので、昔と現在とでは感じるところが違うんだろうな、と思います。
他のご夫婦の方にも、ぜひ観て頂きたいドラマです。
👦名無しさん
産後は本当に気持ちが落ち込みやすく、正常な思考が上手く出来ていなかったように思います。
私は里帰りも出来ず主人も休暇が取れなかったので、退院後から2歳と新生児を一人で見たけれど時に感情的に怒ってしまったし毎晩泣いていました。本当に子供達に申し訳ないことをしたと思います。
どうか産後鬱をもっと知って暖かい手が差し伸べられますように…
👦名無しさん
高橋メアリージュンの演技もなかなかよかった。
昔はみんなで育児をしていたから、と言っても昔のようにばかりは今はいかない。何だかんだでみんなやってきている、という暗黙の風潮のようなものでピン来ない感じがあったと思う。母親の孤独感に寄り添える世の中になっていくきっかけに少しでもなればいいな。
第二子を出産した今は激しく泣かれてもやれやれ、体重が増えなくて周りの子はもうハイハイ始めていても焦らないけれど、第一子の時は焦ってばかりだった。他にも、育児に関する情報に振り回されたりやママ友との付き合い方も上手にできなくてモヤモヤしたりで、今思うと自分も半分危なかったなと思います。
👦m1
産後うつ私もひどかったな~旦那の手伝うよと言いながらあとであとで、、で結局やらなきゃならないのは私で腹が立ったな(;つД`)ずっと抱っこでねかしつけてたら置いとけば寝るんじゃないの?とかも腹立ったな、、そして産後入院中に二回、退院すれば毎週毎週やってくる(かわいいのはわかるが産後に長時間はきつい)義両親にもいらいらしたな、、すぐ乳腺炎になって旦那にもいらいらがやばくて急遽実家で少し過ごしたけど、、実家に帰らずだったらいろいろぶちギレてたかもしれない、、今2歳だけど陣痛きてるときもYouTubeみてたりいろいろ嫌になって産後顔も見たくなかったけどいまだに旦那のこと好きになれない、、
👦名無しさん
昨晩、生後1ヶ月の娘をあやしながらなんとか晩ご飯を作り、娘がウトウトしてるうちに台所でねこまんまみたいにしたご飯をかきこむように食べたところで夫が帰宅。
その夫はお弁当を持って帰ってきていて、じゃあ晩ご飯いらないじゃんって。自分一人分ならちゃんとご飯作らなくても良かったのに。
わたしがわーわー泣く娘をあやしている隣で夫はテレビ観ながらゆっくりご飯食べてて…もう疲れました。
録画したコウノドリ観たいけど、いつ観られるかな。
👦ミサト
私は周囲も協力的だったし、仕事柄子育ての知識もあるから産後鬱にはならずむしろ楽しさしかなかったです。
でも、保育現場にいると産後じゃなくても子育てで鬱みたいになっている方沢山います。核家族化、共働き、自分のキャリア…女性は子育てするうえで一人で背負うものが大きいから、誰でもなり得るこだと思います。
コウノドリ見て、そういう母になる女性の気持ちを少しでも汲み取って旦那さんや周囲の人が気にかけてくれたらいいな…と思います。
👦名無しさん
私もずっと働いていたから家に赤ちゃんと二人きりが苦しくて早く復帰したくて、でも復帰したらしたで急な発熱、体調不良で早退したり大変でした。
そんな赤ちゃんも今では中学生と小学生。生意気になっていく二人をみて赤ちゃん時代が懐かしいと思えるほどになりました。
👦名無しさん
世の男性にこそこのドラマを観てもらいたいとママさん達は思っているようですね。
自分は妊婦の妻と2人で観ていますが、実際ホント勉強になることだらけです。
ただナオトが自分とダブって自己嫌悪に陥ったり、四宮先生の言葉でズタズタにされたり、ママさん達の辛い描写に心が痛くなったり、リアルな出産の描写にボロ泣きしたりと、感情が忙しいです。横にいる妻に何か言われるんじゃないかという緊張感もあるので、一話観るたびにグッタリします。
世のママさん達、気づけるパパはドラマを観るだけで変われると思うので、ドラマ観ながらチクチクしないであげてね。
👦
産後鬱…本当は幸せな時期のはずなのに、不安と孤独しかなくて、こんなはずじゃなかったと辛い時期。
見ていて、涙、涙だったけど、川栄さんの迷信を信じて一喜一憂してしまうのもわかる!とホッコリしながら見ていました。笑
本当に欠かさず見たいドラマです。
👦whatahell
周産期で亡くなるお母さんよりも産後鬱で命を絶ってしまうお母さんの方が多いという報告があるくらい深刻なんですよね。
病気だから治療方法がある。周囲の理解がもっと深まることを願います。
昼夜問わず2、3時間置きに泣いて起きる赤ちゃん、睡眠もまともに取れず、ごはんを食べる時間だってゆっくりとれない。掃除も中々できないから産後の抜け毛で部屋は髪の毛屋敷。
そんな中で必死に赤ちゃんを育てていても、母親だから当たり前。自分で産んだんだから自己責任。そんな社会だと未来は育たないですよ。
👦名無しさん
我が子達はもう中学生と小学生だけど、色々と思い出しました。私は一人目より二人目の時が大変だったな。上もまだ2歳になったばかりで手がかるうえに寝不足な日々だったからね。今橋先生の”ママは頑張ったねって言ってもらえない”という言葉にすごく共感しましたね。確かにママは授乳もオムツ替えもやって当たり前と言われるだけだもんね。パパは称賛されるけどね。だから誰かが”頑張ったね”ってママを認めてあげる事が大事だなと思った。産後うつも認めてもらえない苦しさから来ると思うから。このドラマは妊産婦や育児中のママの気持ちを代弁してくれているようで好きです。
👦yukalittle
「育メン」っていつからある言葉か知らないけど、当たり前のことをしてるんだからね。なんで母親だけが育児する設定なのかわからないや。家事も育児も仕事もして、旦那さんは同僚と飲みに行くのが当たり前で、母親が友達と会う時は「本当にごめんね」みたいな気持ちで出掛けなきゃならない。んで、ちょっと育児に協力したら「育メン」って呼ばれる。いや、わからんわ。
👦名無しさん
一人目の時は本当に細かいことまで気にして必死だった。本と違う事があるといちいち気になって、イライラしたり。二人目、三人目と産んで、赤ちゃんの個性やペースがある事を知って、細かいことは気にしなくていいってやっと思えるようになった。産後は赤ちゃんのことばっかりが注目されるけど、お母さんの心にも目を向けてほしいなって思います。
👦名無しさん
コウノドリ、マンガも面白いけど、ドラマも面白い。原作をうまく活かしてる。
👦名無しさん
この番組、旦那に見てほしいが、ドラマ好きの旦那がこれだけは見ない!
なおさらムカつく!
👦名無しさん
ドラマの中の彩加の呟くようなセリフに「あ〜〜わかるー!」と共感してしまいました。
夜中にギャンギャン泣く赤ちゃんに対しての『泣きたいのはこっちだよ…』
泣き止まない赤ちゃんに対しての『私がダメなお母さんだって言いたいの?…』
早く仕事復帰したくて保育園探しに奔走する最中に赤ちゃんの具合が悪くなって急いで病院に行くことになり『何で邪魔するの…』
同じようなことを思ったことのあるお母さんは多いと思います。
私も初めての育児の時、寝不足と身体の痛みで最初の1ヶ月は本当に辛く、エンドレスなお世話がいつまで続くのか途方に暮れるような気持ちでした。新生児の育児って本当に大変です。。。
👦これから
産後うつかるーくなりました。産んで数日なのに母乳が出なくて泣きました。母乳が出ないぐらいと思いますが、あの時の私はひどく落ち込んで。あー、来週もたのしみ
👦名無しさん
産後鬱って核家族化が生んだ弊害でしょ。
女性が嫁姑問題を避ける代わりに頼れる人がいなくなった。
女性が社会進出を果たした弊害でもある。
子育てに重きを置くと社会から疎外されている感が強くなるから。
👦*
旦那は忙しいと、帰りは遅く「お手伝いやってやってる」感覚。毎日「このまま死にたいな、どうしたら娘の安全を確保しながら死ねるかな」と、考えていました。今思えば、鬱でしたね。
メリージュンさんの「生まれてから初めてこんな離れていた」の言葉に胸が詰まりました。
私も物理的に離れないと「可愛い」と、思えません。今はガンガン一時保育を使っています。「空いてるよ」先生に言われれば断らずに入れています。
👦名無しさん
「早く仕事に戻らないと︎」と言っているシーンを旦那と一緒に見ていたら「こういうこと言う女に限って大した仕事してないんだよ…」と言い放ちやがった。
普段はそんなに女性軽視する人ではないけれど、旦那の本性がわかった気がした。
夫の人間性を疑った。
来週から録画して一人で見よう…。
👦n.w
高橋メアリージュンさんが素晴らしかったですね。心の苦しみを本物のように表現されてました。そして久しぶりに赤ちゃんを抱っこした時の安堵と希望が見えた時の喜びの涙を流す姿は本当のお母さんのようでした。
👦名無しさん
迷信や噂話、年長者からの「こうあるべき」という押し付け、大迷惑ですよね。昨夜は共感しまくりでした。
特に義母との意見の対立は本当に疲れました。病院で言われたから…とか、法律で義務付けられているから…とか説明しても「可哀想にね〜」と赤ちゃんに言ってくるのが苛々としました。
👦名無しさん
今はスマホやPCで外の繋がりができるはずなのに…
自分が出産した時代はそんなの全くない時代
孤独になったらとことん孤独
鬱なんて言葉も…
👦ammym
義母の、「母乳は甘やかし。私が預かれなくなる」「抱き癖がつく」、真夏の「靴下履かせろ」攻撃、抱かせるとバシバシ背中叩いてブンブン揺する、、、書き出したらきりがありません。本当に義母に子供を触られるのがイヤでした。今もイヤですが。
👦名無しさん
褒めてあげる。照れくさいし、言いにくいが、家族にこそ言うべきだ。
👦名無しさん
昨日初めて見たけど、産後に言ってはいけないことを平気で言う実母や夫、そして何もしない癖に口だけは一丁前で「イクメンって呼ばれてるんですよ~」って台詞…見ていて辛くなってきた。産後うつって他人事じゃない気がする。
👦名無しさん
大変な育児を母親の母性だけに頼ることの危う
さ。
子どもが産まれると、より仕事に打ち込む父親は多いけど、本当は産まれた時こそ早く家に帰ってあげて欲しい。
👦名無しさん
子供が好きって言うだけでちゃんと育児が出来るかって言ったら別物。
24時間365日ずーっと一緒にいたら欝にもなる。
その点男は仕事だからと逃げられる。
育児はすべて女任せ!
1話の「手伝うじゃないだろ」って言葉は本当にそう思う。
👦名無しさん
出産してみて育児の大変さに驚いた。
育児は母親が全部やって当たり前、旦那はおむつ一回変えるだけで、イクメン!ってまわりにチヤホヤされて、子供に何かあればもっと早く何とかできなかったの?と嫌味を言われ、家事ができてないと1日家にいてどうしてできなかったの?とも言われた。
挙げ句の果てに奥さんが、妊娠産後に浮気する人の気持ち分かるな〜だって。
毎日ネガテイブな事ばっかり考えて子供と一緒に泣いてた。
今思うと産後うつだったのかも。

 
<PR>


映画・ドラマ・スポーツ・音楽・アニメなどのエンターテインメントをお届けする【WOWOW】

・『最新の映画を毎日見たい』、『生中継のライブやスポーツを高画質な映像で楽しみたい』そんな方にオススメ!
・パソコン、スマホ、タブレットから3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”無料で楽しめるオンデマンドサービスもスタート!

詳細はこちら ⇒ 月間300本以上の映画や海外ドラマを始め、スポーツやライブ、舞台なども楽しめる【WOWOW】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す