元ドロンズ大島「借金、糞尿まみれ…」地獄の介護生活を告白(女性自身)

Pocket

「母の介護中は、それにかかりきり。芸能界の仕事はほとんどできず、日雇いの引っ越しバイトやコールセンターのバイトでなんとか食いつなぐしかありませんでした」

こう語るのは、’96年に『進め!電波少年』(日本テレビ系)の“南北アメリカ大陸横断ヒッチハイクの旅”でブレークした、元ドロンズの大島直也(46)。その後の半生は、まさに波瀾万丈。芸能界の外で始めた飲食店経営は大成功したものの、その後は一転、離婚・借金・親の介護と試練の連続だった。

「一昨年末、突然、母から電話が来て『病院の検査に引っ掛かったから来てくれないか』と。それで母の病院通いに付き添って、何回目かの検査でとうとう“ステージ4”、末期の肺がんと診断されました。すでに腰骨に転移していました。別居していた僕は、母と一緒に暮らすことにしたんです。当初は、母も僕と買い物ができるほど元気だったんですが、だんだんできることが少なくなって、母の精神のバランスが崩れていきました。がんになったショックから“反応性うつ病”になって……。あのころがいちばんきつかった。ある日の朝、『何時に帰って来るの?』と聞かれました。『遅くなるよ』と言ったら『帰ってきたら、死んでるかもしれないから』って。僕はブチ切れて『そんなこと言われてどんな気持ちになるかわかってんの!』と母に顔を近づけて怒鳴り、手は出せないから代わりに床をドンと叩いたりしてしまった。後から、もっと母の気持ちを理解してあげればよかったと自己嫌悪に陥りましたが……」(大島・以下同)

母親は、感情の波が激しくなっただけでなく、次第に体の痛みで起き上がることもできなくなっていった。

「入院するレベルと言われましたが、病院に空きがなくて。でも、もう自分でトイレも行けないし、おむつを自分でずらしちゃうんです。僕におむつを替えられるのが嫌だったのかもしれません。部屋は糞尿まみれになって、家に帰ると便の臭いがツーンときて。これが毎日続くのかと気持ちが重くなりました」

母親の年金や、兄からの援助はあったが、母の介護で働けない分、増えたのは借金の額。現在は「だいぶ減った」と言うが、まだ200万円ほど残っているという。そんなさなかの今年4月、母の容体が急変する。

「5月に、“余命3カ月”と宣告されて覚悟しました。でも、それでやさしくなれたというか、一緒にいる時間を大切にしようと、2日に1回は施設まで会いに行っていました。会話もだんだんできなくなり、寝ている母の手を握っていました。どうしたら喜んでもらえるかと、おふくろの誕生日に僕の子どもを連れていったり。まだ、元気なころの母は介護士さんに『知ってる? うちの息子』と自慢してたらしい。それを聞いて、うれしかったですね。亡くなる間際も、『買い物に行かなきゃ。直也のご飯作らなきゃ』って。こんな状態でもまだ僕のことを心配している……切なかったです」

7月に入り、母は水も飲めない状態に。大島は「葬儀屋さんを探してください」と施設から言われてしまう。

「めちゃくちゃつらかったですね。精神的におかしくなりました。葬式の準備をしながら、母の面倒を見ている矛盾。まるで2人の自分がいるようで、引き裂かれる思いでした」

7月8日、危篤の知らせが来た大島は、遠くから駆けつけた姉と共に施設の母の元へ。

「数日間、施設に寝泊まりし、たまたま廊下で電話して部屋に戻ったら、もう息を引き取っていました」

いま、大島は“介護離職”してしまった芸能界の仕事に、少しずつ戻りつつあるという。

「やっと、まだ仕事をやりたいと思えるようになりました。でも、介護は終わったけれど、これで“終わり”にしたくないなと。自分が経験した介護の知識や情報を伝えたくて、介護団体に顔を出して、サポートもやっています。介護についての講演の声もかかっています。ニーズがあれば、介護経験を生かした仕事をしていきたいですね」

Sponsered Link



👦名無しさん
似た経験をしたので、読んでてとても共感できました。
ガン患者の精神状態も悪くなりますが、やはり充分なお金が無い限り看護する側の精神状態もおかしくなります。
最愛の母が亡くなられた事は悲しいですが、お互いが肉体的にも心理的にも楽になれたと思い今後の仕事を頑張ってください
👦名無しさん
絶対的に自分にもいずれ来る
出来事。
辛いんだろうなぁ。
👦桐生さん
親孝行しなきゃな…。
ちょっと今切実に思った…。
(´・ω・`)
👦名無しさん
この方自ら話させてくれって言ったわけではなく、雑誌が取材させてくれってきたから話しただけなのに批判的な意見を言う人がいるのが切ない。負けないでどんどん伝えて欲しい。共感してくれる人も味方になってくれる人もたくさんいるはず。
👦mno
介護離職しなくてすむ政策の整備が急務だと思うんだけど、国の方針は、在宅介護……
どうしたらいいんだろうね。
👦名無しさん
大変だったのはよく分かるな、私の場合は母はそこまで悪化する前に他界したから苦労は少ない方だったが、冷静に病院などから指示があった通りに葬儀の手配や母の金銭面やその他の処理をしていたら妹や親族から「あんたは人でなしだ!」と批難された事の方が心理的にキツかったな、葬儀がスムーズに終了した後に皆理解してくれたがその晩やっとなくことが出来たな。
👦名無しさん
介護サポートもやってるんや。大変やったぶん経験から得たもんは大きいやろうな。。
介護を仕事にしたい気持ち十分伝わったし
他人事違うぶん余計めっちゃ参考になった。こーゆーニュースはええなぁ。。
👦名無しさん
ほとんどの人が起こるかもしれない現実。
もしそうなったらどうしよう…。
👦名無しさん
誰もが向き合う可能性がある親の介護。
その時自分がちゃんと向き合えるか不安になります…。
👦名無しさん
親孝行が全然出来ていないので、率先して行おうと思う。
子供にも、同じ思いをさせたくないとも思う。
👦名無しさん
「買い出し行ってご飯作らなきゃ」って言葉で涙が出ました。自分がどんな状況でも、いつまでも母なんですね。
👦名無しさん
誰もが他人事とは思えないと思う
👦名無しさん
顔つきに苦労がにじみ出ている
👦名無しさん
経験した方でないとわからないお金のことから生活、精神的なことなどたくさんあると思います。どんどん講演などして広めてほしいし、今まさに苦しんでる方も自分だけじゃないと思ってほしい。いつかは自分の身に降りかかる事と思ってある程度の覚悟はしておかなくてはと思う。
👦名無しさん
何だかかなりやつれて見える。頑張って欲しいです。
👦名無しさん
私の母も今年ガンで亡くなりました。最後まで割りと元気だった母には厳しい事を言ったりしてしまって今は後悔の日々です。この記事を読んで共感する事が多く慰められました。大島さんもお仕事頑張ってください。
👦名羽梨子
ご本人の辛さはもちろんの事、でもそれ以上に介護を目の当たりにする身内の辛さは計り知れないと思います。家族だから出てしまう甘えや苛立ち、経済的に厳しければ施設に入る事も出来ない。祖父母、父母がいる家庭では避けて通れない道であり他人事ではないのだから、もっともっとクローズアップされなければいけない問題だと。
👦名無しさん
母が同じような状況で疲れています。
今はまだあまり実感はないが、いつかは必ず誰しもに降りかかる問題だと思う。
姉妹で2人とも家を出て近くにいないし…
切実に考えさせられる問題。
👦名無しさん
ひとごとじゃない。親も自分自身も形は違えど必ず訪れる。怖いなぁ。
👦名無しさん
こうした人は多いと思うし介護サービス等の社会資源の利用について知らないために苦労している人もたくさんいると思う。癌患者の実情や地域でのサポート体制など是非とも広めて欲しい
👦名無しさん
お母様のご冥福をお祈りいたします。
看護、介護、終わりが見えない毎日。
とても、大変でしたね。
経験した人でないと、決して分からないと思います。
肉体的、精神的、金銭的に、介護する側の負担が大き過ぎて、地獄の日々ですね。他に協力しくれる人がいると、少しは精神的に違ってきます。
これから、ますます高齢化が進み
介護する側の人手が足りなくなると思います。
もっと、行政は医療や介護に積極的に取り組むべきだと思います。
無駄な税金は使わず、福祉に力を入れて欲しいです。
大島さん、お疲れ様でした。
👦三年前はペンギンでした
過去に同じ経験をしました
やはり最後はお金なんです
お金がないと施設にも入れない
葬儀だって大金がいる
やっと落ち着いた頃に49日
翌年には新盆、一周忌
さらには翌年に三回忌
最後はお金がモノを言うんです
親が手厚く保険に入っていた事に感謝しました
👦**^_^**
私も若い頃、看護離職をしました。
でも、自分で選んだ道だろうと、父や兄弟から感謝の言葉はなし。
むしろ、仕事をたまに休んで顔を出しただけなのに、本人たちは看護したつもりになってるのが、未だにモヤモヤ。
私が仕事を辞めなければ、どうなっていたか一度冷静に考えて欲しい。
👦名無しさん
母が先に数年前に亡くなって、
去年父を末期癌で亡くしました。
看病してる最初の方は、今まで育ててもらった分やれる事は全部してあげようと思ってたのですが、あまりの父の頑固さとわがままさに、
最後の方はもう知らんわって感じになって、
嫌々病院に通ってました。
親が年を取ったら子供が親の面倒を見るもんだと昔は漠然と思ってましたが、自分にも仕事や家族もいるしその時になるとけっこう難しいもんだなぁと思いました。
今自分はアラフォーで子供がいないので、このまま夫か自分が先にいなくなったとしても、
どうやって死んでいくのかなぁ、お墓は誰が入れてくれるのかなぁとかいう不安もあります。
いろいろそれぞれ大変ですね。。
👦名無しさん
経験した人でないと絶対わからないやろうな。
👦nappy3838
自分は母親を入院させる事が出来たので介護まではしてないですが、母親の精神的不安定、日に日に弱っていく姿、毎日病院通ってましたが帰りは毎日泣いて運転してました、自分がどうにかなりそうで恐かったです、母の最期の日悲しかったですが不思議とホッとしたと言うか、なんかもう辛そうな母の姿を見なくていいんだなって、やっと楽になれたねって思った。
👦名無しさん
私はもう過去の事となりましたが、介護を1人で行うのは肉体的精神的に困難です。兄弟姉妹がいるのなら分担して介護サービスなども利用してください。親が高齢の人は元気なうちに手を打つのをオススメします。長男長女だけに押し付けるのは駄目です。
👦pmsrx698
あまりに辛い内容でした。
👦名無しさん
頑張ったね、大島さん。
皆もしも、いつかを忘れて生活している。
決して忘れていてはいけない事を人間は意識から外してストレスを回避している。
でも誰かが貴重な体験を話してくれると、暫しその事を考える。
そしてその暫しの時間がとても有意義な時間。
語ってくれた事をありがたく思います。
👦名無しさん
お兄さんやお姉さんは大島さんが介護に専念できるくらいの金銭的援助が出来なかったのかしら。
金銭的援助が厳しかったら、介護の手伝いを多少でもしてあげて(してたのかもしれないけど)、彼の精神的、肉体的負担を少しでも軽くしてあげることは出来なかったのかしら。
👦美味しいお水
政府はこんな人がたくさんいるのわかってんのか?
👦名無しさん
偉いです。率直にそう思いました。
涙でそう…
私は両親の借金1500万円を返済している最中、母が脳卒中。入院費などすべてで300万ほどかかりました。借金して返しての繰り返しの人生。ようやく解放されたと思ったら父が肝硬変で働けないから仕送りがほしい。と…それも母が25万いるわ毎月。という始末。
最初は頑張って給料全部渡していました。借金もしながら。でも、とうとう私キレてしまい、今はお金のいるときしか連絡がないです。
そんな親の面倒見れないです。
👦名無しさん
私も離職ではないが母が倒れ入院先から
たまに呼び出しあり、勤務中に何回か
抜け出して病院に行ったことがあったので
すが、上司より今後控えるように注意
されました。勤務中なので抜け出すのは
良くないと思うのですが、ほっとくわけに
いかず・・・。最近社内の立場がヤバい
です。正直介護と仕事の両立は難しい
👦名無しさん
NEWSな2人という番組でこの方の密着を見ました。壮絶でしたよ…。介護については自分から調べないと誰も何も教えてはくれません。有名人がどんどん積極的に体験談をテレビで話す機会が増えるといいなと思います。
👦名無しさん
介護の仕事をしていますが、仕事だから時間が決まっているし、お給料もいただける。だから、排泄の介助やオムツ交換も割り切って行えるし、認知症で暴力的な人にも優しい言葉をかけることが出来るのかもしれません。これが先の見えない、なんの見返りもない身内の介護だったら、こんな余裕を持ってないだろうなと思います。
決して人ごとではない。自分も仕事としてではなく、近い将来親の介護をする日が訪れると思いますが、大島さんのように在宅で介護をされた方のお話をたくさん聞いて、心の備えをしておこうと思いました。
👦名無しさん
2月に父を。8月に義母を。9月に母を亡くしました。主人は頼りにならず。一人っ子で他にたよれる身内がいなかった。私の弟は大阪単身赴任。
父が亡くなった後は、母のお世話になる施設を探し回り。入居してすぐ腎炎、肺炎で入退院を繰り返し。義父は数年前に他界しているので現在空き家が2件。忙しかった。。亡くなった後のすべての事務処理もまだ終わっていないけれどなんだか悲しいのは当たり前だけれど言葉には表せない様々な感情が、グルグルしている。
あの日々は何だったのか。
生きるって何だろう。
👦名無しさん
すごくわかります。介護は大変です。自分自身も性格が変わってしまうのでは?と、思います
👦伊木手志努男
病気・入院・介護・危篤・死・葬式・・・・・。
かなり高い確率でやってくる。
うちも両親とも癌で死亡、病院のベッドで。
変な言い方だが、当然来るべきものが来たという感覚でしかなかった。
不慮の死の辛さは計り知れないが、独立した子供として、親の死まで道のりは粛々と過ごせばいい。
自分も子供が独立するまで育て上げたら、お先に逝かせてもらいます。
👦名無しさん
貯金とそこそこの安定収入は絶対に必要だな。これがしっかりしてれば自分自身まで悲惨になることはない。親を看取るのは全員に当てはまるけど、実際に介護しなきゃいけないのはまた別だから。
👦名無しさん
「エンディングノート」が持て囃されてるけど、両親は「まだまだ大丈夫。」「そのうちね。」と書く気がない。大半の人がそうじゃないかな。
母は姑(私からは祖母)の介護がきっかけで介護施設で働くようになった。介護の時は「おばあちゃんの首を絞めたい」って何度も思ったらしい。足を骨折しても介護をしないといけなかった母の辛さは、この記事を読んで分かる。母は「私達の世話にならず、ぽっくり死にたい」って言ってるけど難しいと思う。
👦名無しさん
介護離職して、母父の介護して、
見送りました。
いろんなことがつらかったけど、
見送りできてよかったです。
まあ、それも終わったからいえますが。
介護期間が長かったこともあり、
もう、私は元の仕事に戻れないです。
体もボロボロだし、前のようには
仕事ができないし。
でも、体を治しながら、働ける場所が
あれば働きたいです。
戻れる場所があるのって
うらやましいです。
👦名無しさん
うん、どちらの気持ちもすごく伝わってくる。
お互いが辛くても耐えてるのが伝わってくる。
普通に涙の出る話ですね。
親は大切にせなあかんな、改めて思う記事でした。
👦名無しさん
辛かったですが、よく頑張られましたね。
お疲れ様でした。
👦名無しさん
私も介護離職をしました。
介護度で入れる施設も変わる為、何かと大変ですが、最近やっと入れる施設も決まり、一時期よりは落ち着けそうです。
とは言え、施設に入ってある程度様子を見ないと再就職活動は厳しいかな。
👦名無しさん
辛かっただろうな。
泣けますね。
👦名無しさん
難病で寝たきりに近くなっていた母だったが、ある日ベッドから転落してあっけなく亡くなった。もっと優しくしてあげれば、と後悔した。あとから思うと、なんだけれど…。あの時ああしていたら、が多すぎる。それが人なのかもだが、悲しい。
👦名無しさん
私も近い経験をして、親を亡くしました!
1日も早く、癌が風邪のように治る時が来たらと考えます
👦名無しさん
涙出ました。
自分の両親はこれからやってきます。
大島さん凄いですね。きっと親としては幸せだったような気がします。
自分もその時が来ないとわからないですが、大事にして行きたいです。
👦名無しさん
色々と考えなきゃならないな。
👦名無しさん
痛感しますね‥‥
患者さんが一番辛いのかもしれませんが
介護と直面している方のサポートというか
必要ですよね
一人で頑張らなくていいような
環境が必須です
👦名無しさん
自分も介護経験ありますが本当に地獄です。
国は在宅介護を押し付けようとしていますが、往診してくれる医師はほとんどいないし、普段の生活を助けてくれるようなサービスも少ない。ケアマネージャーも当たり外れが大きく、中にはこっちが積極的に動かないと何もしてくれない人もいます。
👦名無しさん
お気持ち、分かります。私の父も末期の膵臓癌と分かりそれまでの生活が一変しました。母も年齢的に体力がなく、兄二人は仕事があったので長女の私が仕事を辞めて、毎日、通院に付き合いました。介護休暇がない会社だったので、一番、忙しい12月、休んで嫌な顔されるならと、8年働いた会社を躊躇なく辞めましたが、本当は金銭的な事が不安でした。12月末に父が亡くなりましたが、父が亡くなったあと、私が鬱状態と胃潰瘍になりました。まだ、兄弟がいたから、助け合えましたが、一人っ子だったらと思うと・・・・。これからは、介護破産が増えると思います。やはり、お金さえあれば・・・、と本当に思いました。
👦名無しさん
人間、病気で死ぬ時は似たりよったり。自分の親の時は数ヶ月ですんだが、長期間になるとかなりつらいと思う。子供に面倒をかけないで死にたいと思うのだろうが、理想どおりにならないのだろうね。
👦名無しさん
偉いなぁと思う。
自分は同じように献身的にできるかな。多分できないと思う。
介護はプロがやる時代になってほしい。
👦蟹汁500円
まずは大変お疲れ様でした
この辛さは本人じゃないと解らない
失礼たが、お互いポックリの方が都合がいいのだが、神様はそれを許してくれなく、大概介護という都合が悪い方に向かわせるんですよね…
今は母親の亡くした辛さもあるでしょうが、徐々に芸能界に復帰してほしい!
待ってます!
👦名無しさん
お気持ち良く分かります。
お母様とは違いますが、
事故等の後遺症により数十年後に脳に水が溜まるタイプの認知症に母がなった時に付き切りでした。
垂れ流してしまう事に未だまだ抵抗もあるのに運動野に限界が来て自分でコントロールできなくなる認知症です。
母の場合、幸いな事に手術によりかなり快復しました。
自分語り等ではなく、同じ症状でお困りの方が少しでも手術で快復される事を願って書いています。
問題は合併症があるとか、高齢だから等の他に抱える問題点から手術せずにその儘放置する事です。
手術すれば未だ元気に生きられる場合もあります。
正常圧水頭症と呼ばれ、高齢になってから発症する場合が多い病気です。
介護された大島さんにお疲れ様でしたと申し上げたいです。
この場をお借りして介護は介護でも違う症状のお話をさせて頂きました。
垂れ流して…の記述を見て書かせて頂きました。
👦名無しさん
うちの父親もガンで闘病してましたが、余命告げられてから本人の希望で自宅に帰って、26の時に私と姉で仕事やめて、二人で父親の終末介護を3ヶ月して最期は看取りました。私が介護職をしていたので親の介護は楽勝だと思っていたけど、感情が入って割りきれないから辛かった。父親は59で死んでしまったけど、その時期に出来る限りのことはしてあげたので今は悔いはありません。今は3人の子供の母親ですが、育児より親の介護のほうがよっぽど心身に負担がきます。
👦名無しさん
病気は違いますが…
祖父母の介護を母がしてるのを10年以上みて育ちました。
元気だった頃とは違う会話にならない会話をする祖父母、おしっこ垂れ流しながら歩いた廊下、お風呂場で本人の意思と関係なく出てしまった便で泣きそうな祖母。
いずれ自分もする時が来るんだと思ってます。
でも自分の子供たちにあの姿は見せたくないとも思います。
👦flash
どういう状況であれ介護してくれる人がいるだけで幸せだったとおもう
自分はどうなるかわからない
もっと簡単に人は死ねないのかね。なんで病気で死ぬのが多いんだろう。
眠るように、電池が切れるみたいに死ねるのなら死は怖くない。
痛い思いしたり、薬で苦しんで死にたくはないな・・・
介護おつかれさまでした。
お悔やみ申し上げます。
👦名無しさん
うちの母親も癌で亡くなったけど、最後はすっかり瘦せ細っちゃってかわいそうで見ていられなかった。
大島さんはまた芸能界で活躍できるといいですね。

 
<PR>


映画・ドラマ・スポーツ・音楽・アニメなどのエンターテインメントをお届けする【WOWOW】

・『最新の映画を毎日見たい』、『生中継のライブやスポーツを高画質な映像で楽しみたい』そんな方にオススメ!
・パソコン、スマホ、タブレットから3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”無料で楽しめるオンデマンドサービスもスタート!

詳細はこちら ⇒ 月間300本以上の映画や海外ドラマを始め、スポーツやライブ、舞台なども楽しめる【WOWOW】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA