「恋ダンス」動画削除は「やってみた文化」の終焉か? 「恋チュン」と違い「相乗効果」期待できず…(withnews)

Sponsered Link
Pocket

星野源さんのヒット曲「恋」に合わせて踊る「恋ダンス」を巡る削除騒動。曲を広めたいけど、売れない……。動画サービスの古典とも言える「やってみた系」。以前はCDセールスなどに結びついたのに、今や足を引っ張る存在になってしまった理由とは? 音楽評論家の榎本幹朗さんは、今回の現象からジレンマに苦しむ音楽業界の今が垣間見えると言います。

「踊ってみた」は動画サイトの古典

――ヒット曲に合わせてダンスする「踊ってみた」動画は、YouTubeを始めとする動画投稿サイトの定番コンテンツに成長しています。今回の「恋ダンス」ブームもその一連の流れの中で起きました。

「踊ってみた」文化というのはYouTube自体がブレークしたきっかけだと言われています。2005年にYouTubeが誕生した当初は、創業者たちが動物園に行って「ゾウの鼻が長い」みたいなことを言っている何の変哲もないビデオがアップされるばかりで、当初は鳴かず飛ばずでした。

そんな状況を打破した動画の一つが、世界中の至る所でダンスするビデオを投稿したマット・ハーディングという人の「マット君のダンス世界一周」シリーズでした。

世界各地を旅し、時に一人で、時に現地の人と、様々な場所で踊ったこの元祖「踊ってみた」動画は世界中のテレビ番組で取り上げられ、YouTubeの名は初めて社会的に知られるようになりました。

――そうだったんですね。知りませんでした。

「踊ってみた」以外に、「歌ってみた」も人気を博したのは10年前。当時12歳だったジャスティン・ビーバーが部屋で音楽をかけながら歌う姿を、母親がYouTubeに投稿。その評判がきっかけでデビューし、世界的な歌手となりました。

「歌ってみた」も「踊ってみた」も、動画投稿サイトの古典。こうした文化は今後も広がりを見せるはずです。

「宣伝→消費」の公式が崩壊

――そんな中で、「恋ダンス」の動画投稿が9月以降削除される事態に。発売元のビクターエンタテインメント社は期間限定で一時は容認していましたが、期限を迎えた8月末に「著作権法に基づく動画削除の手続き」をホームページ上で改めて宣言。投稿者が次々と削除する事態になりました。

今回、楽曲の権利を持つビクター側は、「恋」の音源を使った動画投稿を認める代わりに、投稿者に対して、(1)音源の使用時間を、フル尺での投稿ではなく90秒程度に制限するよう求めた(2)その上で、投稿期間(今年8月末まで)も設定しました。

これが音楽ファンには否定的に伝わった。「音楽会社は、『踊ってみた』を嫌がっているのではないか。著作権違反で取り締まりたいのではないか」と誤解が生じた。「恋ダンス」の音楽ビデオは、明らかに「踊ってみた」を誘発することを狙ったつくりだったので、その誘いに応じて恋ダンスを投稿した音楽ファンを中心にぶしつけな印象を与えました。

一方で、全く制限をかけずに「踊ってみた」で曲がすべて聴けてしまうと、レコード会社としてはプロモーションにならなくなってしまう現実もあるのです。

――制限をかけなければ、動画投稿サイトはプロモーションの場として機能しないのですか?

動画投稿サイトという場が、音楽のプロモーションに必ずなる、という時代ではもうありません。

宣伝というのは、宣伝した後にお金を使ってもらうからこそ「宣伝」ですよね? でも、今は8割の人、学生なら9割の人がYouTubeなどの動画投稿サイトで何度も繰り返し聴いて、それで終わりなんです。動画投稿サイト自体が消費の場になっています。

――少し前は違ったのですか?

人々がパソコンからYouTubeなどの動画投稿サイトで音楽を聴いていた時代は、そこで好きな音楽動画を見つけたら、iTunesで買ったり、ライブに行ったり、CDを買ったり……と、こうした「宣伝→消費」の公式がある程度成立していました。

けれども、スマホでYouTubeなどが手軽に利用できるようになって、みんながスマホを持ったら、その公式が崩れた。そこで消費して終わりになってしまったのです。ここ1、2年の「スマートフォンの若い世代への完全な普及」という、状況の大きな変化は本当に大きい。

ラジオでも過去に似たケースが・・・

――こうした変化が今回の「恋ダンス」の「期限を設定した90秒限定」投稿につながったのかもしれない、と。

何が困るかというと、一般人が音源をフルに使って「恋ダンス」動画を作り、動画投稿サイトにアップしたら、他の人はスマホでいつでもどこでも手軽にYouTubeなどを立ち上げて曲を丸々楽しめばいい、ということになる。これはレコード会社としては一番困る。宣伝の場のつもりが、消費の場になってしまうわけですから。

「ライブで稼げばいい」という声もありますが、チケットやグッズの売上は基本的に音楽事務所のもので、レコード会社の売上にはならないのです。CDや音楽配信で稼げないなら、制作費とプロモーション費を出したレコード会社の大損になります。

けれど、例えば、2次創作が90秒に制限されていたら、どうでしょう?曲をフル尺で楽しめない。楽しむには、CDを買ったり、音源をダウンロードしたりしないといけませんよね。90秒で十分2次創作が栄えるなら、動画サイトの投稿がCMのような形できっちり機能するわけです。

――ラジオが普及したときも、似たよう騒ぎが起こったそうですが。

米国で1930年代、ラジオで音楽をすべて流すようになったら、音楽が無料になったとみんなが喜んで、レコード売上が激減してしまった。

それで、1950年代にレコード会社は、ラジオ向けに短めの曲をシングルカットして、ラジオで流してもらうようにしました。するとレコード売上は好調になった。音楽の「無料プロモーション」はこのとき定着しました。20年の試行錯誤があったわけです。

YouTubeが登場して12年が経ちます。今回ビクターの真意はわかりませんが、こうした長期的な調整の側面もあるとみています。

――仮に消費の場になったとしても、広告費として利益を上げられないのでしょうか? YouTubeの場合、第三者の音楽や動画投稿で著作権上問題があれば、レコード会社など作品の権利者に自動通知し「投稿をブロックする」か「動画に広告を表示させて収益化する」か、選べるシステムがあるといいます。

動画投稿サイトの広告単価は、新聞やテレビといった他のメディアと比較しても圧倒的に低いと言われています。動画1本が100万回再生されても音楽側に支払われる収益はよくて15万円ほど。プロモーションならいいですが、消費の対価としては低いですよね。

――音楽業界が、動画投稿サイトにおける「踊ってみた」文化とどう距離を取るか苦心しているように見えます。

例えば、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」って、一昔前なら彼女たちのファンにしか伝わらなかったはずです。それが「踊ってみた」文化の普及で、動画が相次いで投稿された。その結果、「これは良い曲だな」と広まり、じわじわと売れ、再生回数が蓄積され、アクセスランキングに入り、さらに再生数が伸びて……とファン以外にも拡散し、多くの人に聴き継がれました。

――「踊ってみた」文化は、これまでとは違う仕方で、「定番」ソングを生み出す装置になっているわけですね。

この部分に関して、レコード会社もまったく異論はありません。素晴らしいことだと思うし、実際、積極的に仕掛けるケースも多々あります。

一方で動画サイト自体が消費の場に変化したことで、安易に「フル尺で」「無期限で」音源を使用されるのが困る状況もある。とはいえ、今回の「恋ダンス」の事例のように、レコード会社が引用の仕方や使用期限を伝えるのは印象が悪く、今後のプロモーションには悪影響が出かねません。

――音楽ファンも気持ちよく『歌ってみた』『踊ってみた』を楽める。音楽もちゃんと売れる。そのためには、どんな仕組みが必要でしょうか。

すぐできるのは、初めから二次創作用の短い音源を用意しておくことですが、音楽ファンに周知する過程で、やはり否定的な印象を与えかねません。

動画投稿サイトに協力してもらい、「曲の引用は90秒までOK」と権利者が設定したら、自動的にそうなる機能を用意してもらうのが一番わかりやすい。ビクター1社の問題ではなく、音楽業界が一体となって取り組む必要があるとみています。

Sponsered Link



👦名無しさん
身内ならまだしも素人の踊ってみた見ても面白くもなんともない
👦名無しさん
結構、長い間許可してくれてたと思ったんだけどなぁ。
そんなに文句言ってるかなぁ?
ありがとう。て思ってる人は発信しないから、ほんの一部の文句言ってる人が目立つんじゃないの?
👦名無しさん
このビクターさんの「恋ダンス」対応は、基準が明確で良かったと思います。
そもそも好きだからといって著作権のある曲を勝手にネットにアップするのは、いけないことと知らない人が多いのだと思います。そして、ユーチューブで曲は聞けるから買わないという人を量産してしまっています。
👦世紀末占星術師
もう旬も過ぎてるし、良いのでは?
むしろ今まで容認してくれていた
会社に感謝だね
👦名無しさん
レーベルの対応はかなり寛大だったし、発売して一年近く容認してくれていた事に感謝する声のが圧倒的に多かった。文句言ってるのは、動画をアップすらしていないガヤのような意見がほとんど。この記事もそうだけど、マスコミが不満を煽ってるような印象でした。そもそも一年以上前に発売した曲の、ごくまっとうと思われるレーベルの対応を、わざわざネガティヴな印象の記事にしているニュースをトップに配信するYahooに悪意すら感じる。
👦名無しさん
結局これはドラマを盛り上げるための宣伝作戦というか
だから番組が終了したらハイそれまでよ
TBSも音楽事務所もある意味自分たちの都合の良い時は活用しただけ
今回の件は色んな意味で分岐点になると思う
👦名無しさん
ルール内ならいいって、いってくれるのって凄い良心的だと思うけど!
👦名無しさん
逃げ恥見てなかったから、最近まで恋ダンスは名前しか知らなかった。
「売り上げに貢献した」って意見もあるけど、ほとんどの人は素人の動画じゃなくてガッキーのダンスが見たいんだと思うけど。
👦バードメン
逆にゾウの鼻が長い動画も面白そうだ。
👦名無しさん
確かに、恋ダンスに限らずYouTubeでPVとか探して聞いてたら、超気に入ったアーティストなら買いに行くけどちょっと気に入ったアーティストなら満足してしまうかも?
レコード会社も気合い入れてこだわって作ったPVを普及させる様な販売したら、もう少し変わって来ると思います
👦名無しさん
歌ってみたはやめて欲しい。
聴きたい曲を探してクリックしたら、素人の雑音だった事がよくある。
そんなもん、カラオケボックスで自己満足しといてくれよと強く思う。
👦名無しさん
確かに著作権の問題は難しいけど、そういう時代の流れになってしまった。削除したからCDが売れるってことは、もうないと思う。逆にこういう動画が宣伝になって 海外にもアピールできるってメリットもあると思うけど 日本の事務所が閉鎖的すぎて さっぱり海外展開できてないから。うまく利用したのはKpopじゃないかな。
👦名無しさん
実のところ世間は大して恋ダンスが好きなわけじゃないと思うけれど。ブームだったのはメディアが主導で流行らせようとしたのと流行りに乗っかって人気を得ようとする動画投稿者が多かったと思う。これではセールスに繋がらないのは当たり前の話。
👦名無しさん
日本における「踊ってみた」「歌ってみた」はニコニコの方が盛んだけど、記事に一言もニコニコという文字がなくてわろける
あたかもyoutubeが牽引役みたいにかいてあるし
ニコニコってよっぽど嫌われてるんだな笑
まあ最近のニコニコくそつまんねーしyoutubeの方が面白いから仕方ないね
👦真島吾朗
まぁ、ちっと、星野源をターゲットに叩いてるだけだよな。

他のアーティスト、また事務所によっても対応がまるで違う。
ブームはあったと思うし、YouTubeを使って、そのブームを乗っかった人もいる。
いざ、そのやり方が出来なくなって、ブーブーいうのは、なんか違うな。調子良すぎ。
ユーチューバーを仕事としては、認めてはいないけど、稼いでる人は、どんどん違う分野で稼ぐ知恵があるので、恋ダンスがYouTubeで出来なくなっても、そこらへんは、割り切ってると思う

👦名無しさん
YouTubeでは流行ったかもしれないが、、、興味がない人は元を知らない。私もそうだけど、ドラマ観ないし。ネットで騒いでるから盛り上がってる、という最近の風潮はちょっと違うんだけどね。
👦名無しさん
MattHardingさんの「WheretheHellisMatt?」シリーズは、それ自体がオリジナル感溢れた映像作品だと思うけどなぁ。
素人が安易に踊る作品とは全く同列に語れないよ。
👦名無しさん
楽曲通りの「歌ってみた」はまだしも、既成のダンス通りの「踊ってみた」で表現者云々言われても片腹痛い。
オリジナルダンスならわかるけど、既成のダンス通りのものなら素人動画なんていらないしむしろ消されてほしい。
振り付けを覚えたいなら振り付け動画をメーカーが売ればいいと思う。
素人の「踊ってみた」動画って、覚えたい人以外誰が見てるんですか?
👦tadanohimatsubushi
まあ、言いたいことは理解できるんだけど、日本で現状音楽ダウンロードの市場が発展してないのは別の要因がでかいと思うけどね。
・CDという媒体に固執している
・メーカー・配信元各社が独自の規格で音楽データを配信している
この2つでしょ。権利保護の側面があるとはいえ、ユーザーに不便を与えている。
すでに便利な道具(スマホ・MP3プレイヤー)をもってて、いちいちプレイヤーを変えずに聞きたいユーザーからすれば、購入元・アプリ・機器をいちいち変更しなきゃいけない現状じゃ、面倒で買いたがらない。
だから多少音質がおちててもyoutubeとかで流れてるMVで満足しちゃうんだよ。
囲い込みなんてやめてMP3でダウンロードさせてみればいい。
👦名無しさん
踊ってみたとかのやってみた系がおおいに流行ったのってニコ動のほうがメインだと思ってたわ
YouTubeはどちらかというと欲しい曲とか昔の曲を探したいときに聞く程度だったし
👦名無しさん
知らない曲をカラオケで歌ってはくれない
動画サイトで聞く→カラオケで歌う(お金が発生する)もあると思うけどなー
👦tadanohimatsubushi
まあ、言いたいことは理解できるんだけど、日本で現状音楽ダウンロードの市場が発展してないのは別の要因がでかいと思うけどね。
・CDという媒体に固執している
・メーカー・配信元各社が独自の規格で音楽データを配信している
この2つでしょ。権利保護の側面があるとはいえ、ユーザーに不便を与えている。
すでに便利な道具(スマホ・MP3プレイヤー)をもってて、いちいちプレイヤーを変えずに聞きたいユーザーからすれば、購入元・アプリ・機器をいちいち変更しなきゃいけない現状じゃ、面倒で買いたがらない。
だから多少音質がおちててもyoutubeとかで流れてるMVで満足しちゃうんだよ。
囲い込みなんてやめてMP3でダウンロードさせてみればいい。
👦名無しさん
フォーチュンクッキーは売れてないでしょう。AKBは握手券でしょう
👦名無しさん
エアチェックしてた時代は録音できたし、レコードも買っていましたね。
これだけ情報過多だとしかないと思いますね。
👦名無しさん
何でも無料で楽しもうとする浅ましい輩が多すぎ。
創作者や場を提供する企業への対価を払うのは損だと思ってる。
👦名無しさん
初めからレコード会社に1年間1000円で権利を買い、レコード会社経由でアップすれば?1年後更新も1000円で返事が無ければ自動的に削除でいいという条件を最初からかわしていれば、いいのでは?
👦名無しさん
よく叩かれてるとか文句をいう人がいるってニュースになるけど、そりゃ当たり前で、少数をいかにもわーわーみんなが騒いでるみたいにニュースで取り上げるのはなんだかなぁ。
それに、曲を売る側になれば、売れないのは死活問題なんだから
👦名無しさん
やっぱり、本人じゃ無きゃね?(-_-)You-Tubeで素人が「カラオケで歌ってみました」って、イラッってする。
👦グリーゼ581g
iTunesでは32位
カラオケランキングでは1位
売上に貢献していると思いますが
👦名無しさん
対応によれば金の卵を産む鶏をしめてしまう事もある。
原則論だけで安易に考えるものじゃないと思う。
👦名無しさん
巧妙な記事だね。
洋楽はほぼみんなフルコーラスでビデオをアップしているよ。
単にJPOPが金を払う価値がないからだと思う。
音質はひどいし、コード進行もメロディーも同じやつばかり。
握手券と投票券を除けば、CDが売れているのは海外の方だからね。
音楽をカラオケの予行練習にしか聞かない人間ばかりにした、日本のレコード会社の怠慢のせい。
日本のCDの売り上げが落ちたのは、単純に音楽がつまらないから。
だから、CD以外のあらゆる音楽サービスが失敗している。
Spotifyが日本で低調なままなのは、レコード会社のせい。
👦名無しさん
CD購入時やダウンロード購入時に付いてる登録コードと踊ってみた動画をビクターに送ればYoutubeの専用チャンネルに公式アップロードして送った人にURLを送り返してくれる的なシステムだったらどっちもWin-Winだったのかもね
👦名無しさん
歌ってみた、踊ってみた系はフル尺で聞こうが見ようが歌がよければ買うしそうでもなければ買わない。そもそも音質がよくないフル尺の動画がいくつ配信されていようがそれを聞くことで満足してCDを買う気にならないということはない。買わないなら結局それまでの曲だったということ。
👦名無しさん
>今回ビクターの真意はわかりませんが
記者ノータリン?
👦名無しさん
『~踊ってみた』シリーズとかは確かにそのアーティスト、ダンサーの曲を結果的に広める手段、宣伝になる事は間違いないけど、
高音質で音楽までフルサイズで流れるので、
いくらでもスマホなりパソコンなりに音源を無料ダウンロードアプリから落とせてしまい、
公式から一曲¥250支払わなくても、細かい音質にまでこだわり抜かなければ問題ないレベルまで聞けてしまう事が、
アーティスト、クリエイター側からする悩みどころでもあるんだよね
ブームが利益直結しないという、ね
👦⎳⎳⎳
90秒は長いです。30秒くらいの方が
あ~もう一寸聴きたいって思うと思う。
ほんで30秒なら誰でもその音楽を使った
イメージビデオとか作ってもOKにしてほしい。
もちろんその収益は著作権側でもいいし、
2割くらいは投稿側でもいい。
お互いメリットがあるのが一番いい。
👦名無しさん
恋ダンスはノリノリでネットで広まって良かったけど、
収益がさほどないことに驚きです。
ピコ太郎もネット配信で一躍有名になったので、凄かった。
ネット配信と収益がマッチするように、今後の課題。
👦名無しさん
そもそも注目されなければ、ヒットしなかったのでは?
👦名無しさん
恋って、かなり長期間ダウンロードでベスト10にいたし、今でもかなり上位にいる。フルタイムならダウンロードが減るというのは事実と異なるのでは。何か他の理由があるのではないか。
👦名無しさん
CD不法投棄問題もあるし、音楽業界は大変やね
👦名無しさん
まずドラマを作った時点、曲を販売した時点で
この現象が起こる事が予測されていなかった事なので
その中ではレコード会社とドラマ側で上手くやって相乗効果を
得られたと思う。
ただ、ドラマが終わると相乗効果も切れる訳で
そこに期間限定の許可が必要となり
それを理解した上でのUP者は今後望めるのか?と言う面では
そういう相乗効果を意図して組み込むのは難しいのかもしれない。
偶然の産物をどれだけ結び付けて伸ばすかの手腕と言うかセンスも
大事。 あのドラマにはそういう人達のセンスも揃ってたんですねw。
👦名無しさん
これ音源が星野源オリジナルじゃない場合(例えば初音ミクに歌って踊らせた場合)どうなるのかな。
👦名無しさん
ビジネスとして考えると、全うな対応だとは思います。ただやるのであれば全てに対してやるのが筋では?あっちでは見れないけど、こっちでは見れる、なんて事があるのはどうかと思います。例として同じユーチューブで同じ投稿者であるアカネキカク(大阪登美丘高校ダンス部)の恋ダンス踊ってみた。は音声のみ削除されているけど、ダイジェスト版では音声があります。何が有りで、何が無しなのか明確な基準を持ってやらないと結局中途半端に終わると思います。あと削除したところで次から次へと沸いてくるのがネットです。
👦名無しさん
なんか知らんけど、買ってまで聞きたい曲でないことはわかった
👦
音楽会社の判断だから仕方ないけど、アーチストとの距離が出来たのは否めません。
👦名無しさん
先輩とかにはCD数百枚持っている人が普通におるのに後輩にはCDすら持ってない人がたくさんおるっていう現実
👦sukinbo
やってみた歌ってみたって
誰がみて得するの?
👦RON
時代が変わってきているのに対応が追い付いていない「老人が仕切る日本社会」がそもそも原因。東京五輪も元森首相が会長でいたり異常な国なので業界自体の抜本的な改革がないと朽ちる。本来なら海外進出するアーティストが居てもよいが通用するだけの実力者が日本には居ないので当分年寄り主導の音楽業界だね。若者のエネルギーが欲しいが飼い犬生活が長いのか突出した人は見当たらない。残念な国。
👦名無しさん
恋チュンは握手券や特典があるから比べるのとは違う
👦moss-hear
著作物に対する認識を広く知らしめるような事を、もう少しした方がいいような気はする。
遠藤憲一CMもガンバッテルと思うけれど、この問題はちょっと違うし。
違う人で、アプローチの違うCMつくってもいいかもしれない。
👦yuzu
仕方ないのかな。
👦gakuyakunkietekure
普通にようつべでミュージックビデオがフルに見れる
そっち見ちゃうから、踊って見た、とかあんまり関係ない気がする
👦名無しさん
つまんねぇもの
どんどん消しちゃって
👦近所のエセ学者
単に「消費者の懐が豊かになり、生活に余裕出来たら」いくらでも購入する人は増えると思いますよ!
日本を「貧富の格差が増大し、ストレス多き社会」にしてしまった
自分たちの「自業自得」の結果なのでは?
昨日の「選挙結果」を見たら、
今後も音楽業界は「自滅の道」を進み続けることでしょうね!
👦名無しさん
海外ではとっくにCD売るビジネスモデルは捨ててる。
レコード会社が生き残りたいんだったら自社が音楽事務所やジャスラックがやってることを自前でしていくしかない。
👦名無しさん
著作権を考えれば、期間限定とはいえ、投稿を許してくれたのは素晴らしいと思うけど。
このご時世、どうやって各権利を守るかは、益々大事になってくる。
👦名無しさん
最近はオリジナルの曲がショートバージョンでしかPVが作られないことが多くなった。
フルで聴きたい人はカバーミュージシャンが歌うのを聴くようになっている。それでカバーミュージシャンが本家よりもファン登録が多くて逆転現象のようになってたりする現状。
魅力的なカバーミュージシャンもメジャーデビューしてしまえはYOUTUBEに余り顔を出さなくなるだろうけど・・・ファンからしたら一長一短だな~って思う。売れてほしいけど売れてほしくない的な・・・。
👦名無しさん
踊って「みた」、歌って「みた」ってのが嫌い。踊った動画をあげさせていただきましたとか踊らせていただきましたとかにしてほしい。
👦りんご
ドラマは面白かったけど、『恋ダンス』は別に…ドラマは録画して観ていたけど、エンディングの恋ダンスまでは見てなかったよ。流行っていたような気がしたのは、メディアが流行らそうと騒いでいただけ。CDやらが売れなかったのは、結果が出なかっただけ。動画も、あれだけ長い間フルコーラス聴いていたら旬も過ぎるし、飽きる。

 
<PR>


映画・ドラマ・スポーツ・音楽・アニメなどのエンターテインメントをお届けする【WOWOW】

・『最新の映画を毎日見たい』、『生中継のライブやスポーツを高画質な映像で楽しみたい』そんな方にオススメ!
・パソコン、スマホ、タブレットから3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”無料で楽しめるオンデマンドサービスもスタート!

詳細はこちら ⇒ 月間300本以上の映画や海外ドラマを始め、スポーツやライブ、舞台なども楽しめる【WOWOW】

Sponsered Link

コメントを残す