女子十二楽坊、日本で9年ぶり単独公演 マネジメント会社の倒産・創立者の死、試練乗り越え「戻ってきた」(withnews)

Sponsered Link
Pocket

2003年に日本デビューを果たし、初アルバムが200万枚近くの大ヒット。さらに日本武道館の公演や紅白歌合戦の出場を果たし、一世を風靡した中国の女子楽団「女子十二楽坊」。2008年以降は日本の音楽業界から姿を消していましたが、来月から9年ぶりの日本単独公演を開催します。2008年以降、日本での公演はどうしてなくなったのか。その間の女子十二楽坊の活動は? 日本への思いも含め、団長で、自らは琵琶を演奏する石娟(シー・ジュエン)さんに聞きました。

名前の由来は?

そもそも楽団の名前「女子十二楽坊」には、どんな意味があるのでしょうか。

石さんの紹介によると、「十二」という数字は中国で縁起のよい数字です。十二カ月、十二の干支、十二の星座……。また中国の古典『紅楼夢』にも十二人の美女が登場したことから、十二という数字に決まりました。

「楽坊」は、唐王朝時代の王宮にあった音楽を教育する「教坊」の名にちなんだものです。

「女子十二楽坊」は2001年に北京で結成し、初期はメンバーが13人だった時期もありました(現在は12人)。道具は琵琶、笛、古箏、楊琴、二胡など、中国の民族楽器を使っています。

「新しさ」で日本人の心つかんだ

日本では活動を始めると、すぐに人気を獲得しました。その理由について、「『新しさ』が一つのキーワードではないか」と石さんは分析します。

伝統楽器を演奏する女子十二楽坊ですが、メロディーは現代風にアレンジされています。創立者である王暁京(ワン・シャオジン、2015年に死去)氏は、「ビジュアル系音楽」(視覚音楽)を強調したそうです。

伝統楽器は座ったまま演奏する形が一般的ですが、「女子十二楽坊」では琵琶など一部の楽器を除き、ほとんど立って演奏しています。

また10数人以上の楽団になると、指揮も必要になってきますが、「女子十二楽坊」では指揮も楽譜もなく、メンバーのチームワークで演奏をします。

こうした伝統文化と斬新なスタイルの融合は、「癒やしの音楽」として日本でもファンの心をつかみました。「疲れた時に十二楽坊の音楽を聴くと、リラックスできる」。石さんは、日本のファンからのこうした感想が印象に残っているそうです。

倒産・創立者の死…、頑張り抜いてきた楽坊

日本での活動を順調に続けていた女子十二楽坊。しかし2008年以降、その姿を日本でほとんど見なくなりました。その理由について、マネジメント会社の倒産を石さんは挙げました。

来日して以来、日本でマネジメントをしていたレコード会社が、多額な宣伝費用を投入したことなどによって倒産したのです。

「女子十二楽坊としてはどうしようもない事態になったので、日本での活動は中断せざるを得ませんでした」

さらに追い打ちをかけたのは、楽団の生みの親である王暁京氏の健康状態です。楽団の創立者で活動方針にも大きく関わっていた王氏の病気がこの頃から悪化。日本での活動を継続する余裕はありませんでした。

ただし、中国では活動を続けていた女子十二楽坊。王氏の死後は、石さんが演奏のリーダーと楽団のマネジメントを兼任し、女子十二楽坊の責任を背負うようになりました。

「『女子十二楽坊』は中国民族音楽の一つのシンボルであり、ブランドでもあります。私は10数年間、青春を捧げてきた深い感情を持っています。この楽坊を守っていき、伝承していきたい」と、強い決意を話す石さん。

近年は東南アジアやインドで公演する機会も増えており、来年は全米公演と、再び活動の幅を広げています。

10年間、変わったもの 変わらなかったもの

激動の道を乗り越えてきた女子十二楽坊。この10数年間の楽団についても聞きました。

「変わったものは主にメンバーですね」と石さんが話しました。

当時のメンバーは石さんを含めて3人のみ、残りの9人は入れ替わりました。ただし、メンバーの選抜は依然として厳しいものです。

「メンバーになるには、三つの条件を揃わないといけない。『専門性』『人柄』『態度』が大事です」

メンバーのほとんどは音楽の名門大学出身。全国大会でグランプリを獲得するほどの実力者たちが、「専門性」を支えています。

専門性のほか、チームワークを大事にする「人柄」と、ポジティブで真面目な「態度」も大事だと石さんは話しました。

現在の楽団はジュニアの「練習生」も十数人抱えており、常に刺激を入れることで新たな「女子十二楽坊」を目指しています。

しかし、メンバーの入れ替わりがあっても、「音楽への態度は変わっていない」と石さんが強調しました。

9年ぶりの日本単独公演 不安と期待

今回は9年ぶりの日本単独公演。11月には東京で公演し、12月には千葉公演があります。公演では「自由」「奇跡」などヒット曲も演奏する予定です。

日中国交正常化45年という節目の年に、多くの日中友好団体での支援で開催が実現しました。

しかし、石さんは「正直に言うと、気持ちがかなり複雑です」と話します。

14年前の日本デビューを思い出し、「かつては日本で栄光を手に入れました。美しい記憶がいっぱいあります。日本のファンも中国に来て公演を応援してくれ、いつも感動をもらっています」と喜ぶ一方、当時を知らない若い人たちに受け入れてもらえるか不安もあると言います。

「今年は9年ぶりの日本単独公演です。期待・不安・興奮・感動……いろいろな感情が沸き上がっています。」

それでも、「私はずっと日本に『戻り』、公演を待ち望んできました」と話す石さん。最後に日本のファンにメッセージをくれました。

「いつも応援ありがとうございます。今回の公演を成功させ、来年も、再来年も、また来日して公演を開催したいです」

女子十二楽坊の日本公演は、11月27日(月)に「新宿文化センター大ホール」(東京都新宿区)、28日(火)に「ティアラこうとう大ホール」(東京都江東区)、12月2日(土)に「千葉県文化会館大ホール」(千葉市中央区)で行われます。チケット料金は全席指定で7800円(税込み)。申し込み方法など詳細は専用サイト(http://kusi.co.jp/)で。

Sponsered Link



👦名無しさん
懐かしい。
👦名無しさん
10年間で9人も入れ替わったのか。選考基準が実力以外に専門性、人柄、態度ってのがいいね。それにしても懐かしい。
👦名無しさん
あの頃はとても癒された。しばらく見ないなと思ったらそんな事情があったのか。
👦名無し
もう、解散してしまったのかと思ってた。
👦月経観
有名になった曲はキレイだなぁと思った。ただ、みな同じ曲に聞こえる。
👦名無しさん
突然と見なくなったなぁ、という印象でしたが、そんな事情があったとは
👦名無しさん
オリジナルのメンバーは何とか賞受賞とかみんな肩書があったけど、今のメンバーはどうなのかな?
👦名無しさん
あっ、まだあったんだ。解散しているものだと思った。
👦名無しさん
素直に頑張って欲しいと思う。
良い曲なら、また売れるでしょ。
👦名無しさん
グループ名は知ってるが誰一人、顔も名前も知らない
👦名無しさん
中国の政治家の選抜も同様の条件にして、さらには選挙で選ぶとしないと資質の維持が難しい。
👦名無しさん
あの曲しか知らない。題名は分からないけど。
👦名無しさん
果たして、今も需要があるのかな?
👦名無しさん
ヒット当時あんまり聴いてなかったけど、今YouTubeで聴いてみたらやっぱ懐かしさあるね。
でも思いのほかドラムや打ち込みサウンドが気になっちゃった。
伝統楽器だけで100%生演奏の方がいいと思うな。
和太鼓的なリズム楽器はないんだろうか。
👦名無しさん
別にこの人達の演奏スタイルで癒されはしなかったけど、
赤いドレスの楽団にアップテンポは斬新でしたね。
二胡4つも並ぶと、多すぎじゃない? って思った。
繊細な楽器が大味に感じて。
それぞれの楽器ひとつで4人くらいがいい。
👦名無しさん
東スポの企画で当選して学校に来て演奏してくれました。
一面に載って、当時は盛り上がった!
👦名無しさん
あれ?急に来日しなくなったのは、中国政府の意向と、嫌日・反日的な空気からだと当時聞いたような・・・?
いい曲で気に入ってたんだけど、残念だなぁと思ってたが。
そんな事があったのかぁ、と思うけども、それだけじゃ無かったんじゃないの?と勘ぐってしまう。それにそう言うハナシ「だけ」なら、当時でも何とかしようがあったろう。それが出来なかったって事では?
👦名無しさん
当時はアイドル的な感じで演奏はイマイチという感じがしたけど今はどうかな
👦名無しさん
アルバム買ったなぁ。オリジナルもアレンジも凄くいいよね。川の流れのようにとかめっちゃ好きだった。いつの間にか見なくなってて忘れてたけど、チケット取れそうなら聞きに行きたい。
👦名無しさん
いっぱいパロディがあったな
👦名無しさん
むしろ新鮮な感じで見れたらいい
👦ねこ
今は韓国の音楽中心で中国やアジア各国の音楽情報が少ない、自分は南米の音楽を中心に聞くけど、爺さんは北米やヨーロッパの音楽をよく流している。本当はラジオで聞かしてくれるといいが韓国・アメリカ・ユーロ以外殆ど聞いたことがない。女子十二楽防は好きな曲が多いのでその他の中国の音楽も一緒に聞けるとうれしい。
👦名無しさん
昔、二胡は好きな楽器だった。
このグループが出てきてから二胡のCD種類増えたけど、
他の演者も速弾きや技巧に凝った演奏が主流になった。
どれ聴いても十二楽坊式音楽ばかりになってうんざりしたっけなぁ
それだけ圧倒的な支持を得たグループだった。
👦名無しさん
熟女十二楽坊かな、と思ったけど、メンバー入れ替わってるのか
👦名無しさん
12楽坊?忘れていました!懐かしいねこの楽団の二胡演奏、癒されます。
👦be
チームプレイでは大切な事だけど、今の日本では特に軽視されている選考基準。
にしても、どうして悪い事や辛い事は立て続けにおこるのかな?弱り目に祟り目とはよく言ったもので、いい方の連鎖って、個人的には経験した事ないが、やっぱりあるのかな?あるといいな。
👦名無しさん
個人的にはあまり情緒が感じられず落ち着かない雰囲気の演奏が好みではなかったが、このグループが流行っていた頃、CDショップの棚に中国や台湾の演奏家のCDがいろいろ並んでいたからブームの牽引役だったのだろう。
👦名無しさん
マネジメント会社の倒産とだけ書くとさもその会社が
問題があったかのように思えるが…
そもそもなぜに倒産に至り、どこに問題があったのか、
その「原因」をわかってらっしゃるのかね?????
新しいマネジメント会社の方も気をつけてくださいね。
👦名無しさん
金額強気だね
👦名無しさん
あれからもう9年も経つのか。
👦名無しさん
是非とも関西でもコンサート実施していただきたい!
実現すれば何が何でも見に行きます。なんせデビュー以来の大ファンなんです!
👦名無しさん
小遣い稼ぎ(^^;;
👦ダンマリパンダ
会社倒産、創立者の死、メンバーの交代などいろいろあったのですね。演奏スタイルや音色も、10年前とは違ってきているのでしょうか。実は当時の演奏は、どことなく私の好みではなかったですね。9年ぶりの公演を、ニュースなどでちょっと聴いてみたい気がします。
👦名無しさん
久々に名前聞いた
まだあったんだな
👦名無しさん
懐かしい。ただ、それだけ。
当時は若い綺麗な女性集団かつ、演奏が上手いグループで人気でたと思うが。
実力があっても、もうムリなんじゃないかな?日本では。
👦名無しさん
懐かしいケド
正直どうでも良いかな。
👦名無しさん
すっかり忘れていた。
懐かしい。
👦名無しさん
その辺の良く解らん曲を聞いてるより、ここの曲を聞いて癒されてるのが良いと思ってたわ。
👦名無しさん
最初聴いた時は超絶技巧に圧倒されたな。
また聴いてみたい。
👦名無しさん
KPOPのジャリタレとは次元の違う音楽性がある
👦melody
久しぶりにその名を聞いた。
👦名無し
日本の名曲演奏は上手いが日本人の感性とは違う違和感があるのが残念だね。
👦名無しさん
なんか意味がわからない記事。
10人を超えると指揮が必要??
だれが決めたのそんなこと。
BIGBANDは指揮者がいるほうが珍しいと思うけどね。
👦名無しさん
CD持ってる。最近全然メディアでは聞こえないから解散したかと思ってた。再来日だそうで良かったと思う。
👦名無しさん
アメリカ進出して失敗したと聞きましたよ!それまでは、大好きでDVD付きCDシングルやアルバムを買って車でも家でもDVDを見てました、懐かしいですね、でも最近もDVDを見たところでしたからそんなに懐かしくは無い感覚ですね!あのメロディーはずっと頭に残っていますからね。
👦D7
あの時代は良かった。
👦名無しさん
つまり喰い詰めてた、ってことね。
頑張ってね。
👦名無しさん
頑張って欲しい。
👦名無しさん
楽しみです。
絶対行きます!
初期メンバーは3人になってしまったのは残念、それでもまた聞かれるのは
本当に嬉しいです
👦名無しさん
ご自分で分析されている通り『新しさ』が魅力だったから、10年も経ってはもう無理だと思います。ここのコメントを見ても『懐かしい』ばかりです。懐かしさで一回二回位はライヴも成功するでしょうが。
👦kei
真実はわからない。テレビってそんなもんでしょ。真実は言わない世界。
人気を得る為に嘘をつく世界
👦Chamakinton
本当にパタッと居なくなってしまった感じ。あの頃と今では日中関係がかなり微妙になってしまって残念。今更感が否めないがどーでしょう柳の下にドジョウは二匹は居ないと思います。
👦名無しさん
知らんけど…。何かの団体?
👦名無しさん
k-popなんかよりこういうやつが流行ったほうが全然良い
👦リラックマ
女子十二楽坊と言えば、
昔ですが新春隠し芸大会でTake2の2人が
女装をして中華料理の名前でやってましたよね?
それとか、バラエティとかで中国に関するのだと
必ずと言っていいほど、聞き飽きるほどですが
BGMに使われていたよね…。
👦名無しさん
単に消費されて飽きられて消えたわけじゃなくて、やむにやまれぬ事情があったんですね。また新曲を聴きたいですね。
👦aiwa
都知事の基準にも専門性、人柄、態度が必要ですな
👦名無しさん
エースのエースだったと思う。
人材選びが厳しいそうで。

 
<PR>



▶ CMでも話題の利用者数150万人!ブランド宅配買取実績No.1【宅配買取 ブランディア】
送料・査定料・キャンセル料など全て無料で、お取扱いブランドは6,000以上!!
詳細はこちら ⇒ 利用者数【第1位】!! 宅配買取ブランディア

Sponsered Link

コメントを残す