吉本はなぜNetflix、Amazonと組んだのか:大崎洋吉本興業社長が語った9000字(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Sponsered Link
Pocket

吉本興業がネット動画で攻めている。

Netflixで配信したドラマ『火花』は世界190カ国で視聴され、明石家さんま、松本人志、浜田雅功ら大物芸人が続々とAmazonやNetflixに活動の場を広げている。アメリカからやってきた動画配信の黒船は、制作現場に何をもたらしているのだろうか。大崎洋社長がBusiness Insider Japanに語った90分。

Business Insider Japan(BI):NetflixやAmazonで、次々に吉本興業の動画コンテンツを制作しています。きっかけは。

大崎洋・吉本興業社長(大崎):実は、Netflixの人たちとは1回食事しただけで、Amazonの人とは会ったことがないんです。

二十数年前、インターネットが出てきたころだったかな、新しいメディアの黒船がアメリカから来るのかな、ひょっとしたら中国からも赤船が来るんと違うかなと、ぼやっと思っていました。その頃から黒船と赤船のへさきの先頭に立って、こっちこっちと水先案内をしたら、会社は生き残れるかもしれないなと。日本独特のソフトパワーがあるとするならば、新しいタレントマネジメントの方法や、コンテンツマネジメントの方法があるはずだし、それを身につければ、吉本は生き延びられるんじゃないかなと思っていました。

その時代の“適正配分”みたいなものを、もう一度「えいや」で考え直して、外に出る体制をつくれたらと。国産の(動画を配信するような)インフラはまだないから、海外のものに乗っかって、もう少しソフトパワーを持てば、適正配分に近くなって対抗できるんじゃないかなと、ぼやっと思っていました。

僕が考える適正配分とは、支払われるべきところに、きちんとお金が落ちること。

インターネットが普及し始めた当初から、インフラのコストはすごく安くなると言われていました。テレビはインフラ整備にかなりのお金がかかる。インターネットならそのコストがものすごく安くなるというのを何かで読み、いつか黒船か赤船が来るんだろうなあと個人的に思っていました。うちの副社長のおかもっちゃん(岡本昭彦副社長)とは、「おかもっちゃん、絶対そうなるからな。ここで踏ん張らないと、吉本は100年を迎えられへん」と話してました。

ファミマのアジア進出の時にも「お前行ってこい」

BI:吉本興業はテレビ、インターネット、携帯電話と時代に応じたコンテンツの売り方を常に考えて来たようにみえます。

大崎:深い考えや、戦術・戦略があったわけでもなくて、良くも悪くも、いつも、ちょっとやっとこうかぐらいのことなんです。

任天堂さんがゲーム機に動画の配信をするというニュースを、たまたま新幹線の中で朝刊で読んで、ガラケーで写メを撮って、おかもっちゃんに、「おれ、任天堂の人はだれも知らんけど、おまえとりあえず行ってこい」と。ファミリーマートさんがアジアに進出したときも、記事を携帯でカシャっと撮って、「お前、とりあえず行ってこい」と送り込むみたいなことをずっとやってきました。

BI:エンタメ、メディア業界以外の会社の動向も見ているわけですか。
大崎:勝手に、コンビニも一つのメディアと考えて、吉本として何かできるかなと。

BI:中国には早くから取り組まれています。
大崎:サラリーマン生活40年くらいで、27、28年前から回数でいうと500回くらい中国に行ってるんです。実績はゼロなんですけど。

日本で仕事をしてるとね、フジテレビさんに行っても、社内の同期や先輩や後輩と(自分の担当している芸人が番組出演などで)バッティングする。それがいやでね、終わったら同じ釜の飯を食う仲間なのに。テレビの企画部が深夜の司会を探していることを聞いた時に、本当なら同期の子に「フジテレビで探してるよ、行ったほうがいいんちゃうか」と言わないかんのですが、自分だけにしとくみたいなのが、なんか嫌だなあと思っていて。誰ともバッティングしないところで仕事したほうが健全というか、のびのびとできるんじゃないかと思って、アジアに行けばいいのかなと。

BI:東京に事務所がなかった時代から、新しい市場を開拓する仕事を東京で続けてこられたことが影響しているのでしょうか。

大崎:当時の吉本興業は大阪だけの会社で十分やと、劇場で日銭を稼いで、芸人さんを面倒みながらやったらええんやと、東京なんて行かんでもいいという時代でした。社内では島流しと言われてね。

東京は連絡事務所の位置付けで、要するにお前たちは判断するなと。連絡係だぞと。大阪のなんば花月やうめだ花月、京都花月の出番を休んで、東京のテレビ局に出すのはならん、あり得ないという時代でした。

カチャカチャにボタンついてるのはすごいなあ

BI:Netflixで配信した『火花』は、本格的にデジタルコンテンツの動画の展開をしていくきっかけとなった作品でしたか。

大崎:その前に、YNNとかいってCNNをパクった動画を作ったりとか、ちらちらやってました。もちろん赤字。本当に小さな小さなところから始めたという感じなんです。

BI:『火花』の映像化はたくさんのオファーがあったのでしょうか。

大崎:岡本くんに聞くと「いっぱい来てますよ」って。放送局さんに持っていくと「じゃあ、うちがつくってやるから、ギャラいくらくらいほしいの」という感じなんです。岡本くんと、そりゃつまんないなと思っていて。そんな時に、制作費もそれなりにもらえて、ある程度こちらでコントロールできて、もちろんネット技術として世界に通用するための構成とかストーリーテリングとかノウハウを全部教えてもらいながらこちらで作れると。じゃあ、それが一番いいんかなと。

吉本が地上波のドラマをつくりたいと言っても、(テレビ局は)来年、再来年まで制作するドラマは決まっているとも言われます。吉本が東京まで来て、お笑いだけじゃなくドラマにも入っていくとなると、すべての制作会社や芸能事務所から反感をくらう。だから、こじ開けようと思わなかったし、こじ開けられなかったかもしれない。そういう時に、Netflixの話があった。

BI:それまで、Netflixは見たことがありましたか。

大崎:何かで読んで、「Netflixっていうのはテレビのカチャカチャ(編集部注:リモコンのこと)のところにボタンがついてるらしいで」っておかもっちゃんに言って。おかもっちゃんがどこかの電気屋さんに行って「本当に付いてましたー」って。あっそう、すごいなーって。テレビのカチャカチャについてるってのは、すごいなあNetflixって。まあ他人事のように。

制作会社を育てなかったテレビ局の罪

BI:Netflixは、制作費が日本のテレビ局とはひと桁違うとも言われます。

大崎:そんなことはないです。ケースバイケースだけれど、1本につき1500万から2500万円程度。いい時の地上波のプラスαぐらいかな。その前に、アメリカのドラマが1本1億で作るらしいって何かで読んで、岡本くんに「アメリカのドラマって1本1億円で作るらしい、そうすると映画より高いな」と話してました。

ワールドワイドなネットワークがあるから、制作費が100億の映画でも1800円のチケットで世界中に見てもらえる。そんなシステムをアメリカは持っている。だから、Netflixにはこっちから訪ねていったんです。おかもっちゃんが量販店に行って、テレビのリモコンに「ボタン、本当についてました」と言っていたときに、「行ってこい行ってこい」って。

BI:『火花』の話の前のことですか。

大崎:前です。ドラマを作りましょうかみたいな話は、ぼわっとしていました。

Netflixは具体的な数字は教えてくれないんです。190カ国で見られています。(日本のコンテンツも)50%強が海外で見られてます、みたいなことは教えてくれるけど、細かいことはまったく教えてくれません。

ただ、ケースバイケースですけど、3年後、5年後、10年後に著作権は吉本に戻ってきて、配信やマーチャンダイズがこちらでできるという強みがあります。

日本は制作会社が下請けと位置付けられているから、制作会社が育たない。制作会社を育てていれば、もっと日本のテレビ業界も変わったんじゃないですか。それはアニメもしかり。いままでは出口がテレビしかなかったのが原因だと思います。お笑いも僕もテレビと一緒に育ってきました。僕は、テレビは大好きだし、テレビしか知らない。でも、功罪相半ばと言うところだと思います。

映像も製造販売直販で中抜きになる時代

BI:Netflixは本来、吉本にとってライバルなのでは。

大崎:基本的にはそうですね。本来なら、60年お世話になってるテレビ局さんと共にあるのが一番幸せな形です。それ以上でもそれ以下でもない。でも、自由にやらせていただくのならば、ちょっとやってみようかなと。

BI:Netflixでドラマを制作すること自体が、業界の仕組みに挑戦する行為にもみえます。

大崎:いいか悪いかは別として、出口を押さえて、中抜きを飛ばして、製造販売直販だっていう世の中になっていく中で、映像カルチャーもそうならざるを得ないのは当然の流れでしょう。

BI:日本のテレビの制作現場の苦境を感じますか。

大崎:吉本興業は、売上のほとんどがテレビ局さん。AD(アシスタント・ディレクター)さんを3K(編集部注:きつい、汚い、危険。最近では、帰れない、厳しい、給与が安い、とも)と言ってた時期があったじゃないですか。テレビで3K、3Kと言っていたら、そんなところには、いい人材なんてこない。ADは本来、将来の演出家たちです。

それから、1分ごとに視聴率を測っていて、だれのトークで上がった下がったという物差しで、すべての放送局が番組を制作した。例えば、ある女優さんを出すと視聴率が上がるとか。同じようなものばかりがつくられるようになった。

現場の芸能事務所からすると、今思えば、ADを大事にせず、分計で視聴率をとったことが、違っていたんじゃないかと。資本主義の世の中で株式会社だから仕方がない面もあるけど、新聞も発行部数だけで測っていていいのか、と思うね。

自由と適正配分と市場規模とインフラコストゼロ

BI:Netflix、Amazonでは作りたいものが作れていますか。

大崎:制作の自由度が高いこと、適正配分がなされること、マーケットの規模が大きいこと、インフラの費用がかからないこと。これらが大きいと思う。

BI:表現の自由の幅は違いますか。

大崎:表現する者にとって自由な場というのは大きい。それは、編集者もライターも、みんな一緒じゃないですか。

BI:NetflixとAmazonに違いはありますか。

大崎:その辺が良く分かっていないんです。Amazonの方とはどっかで会ったと思うんですけど、記憶がないんです。おかもっちゃんと担当の人たちがやってくれた。

BI:吉本、例えば松本人志さんが作る作品は世界で受け入れられると思いますか。

大崎:それは本当に分からないけれども、松本と出会った時に、すごい才能があるんだなって思って。笑いって言葉の壁があって、なかなか受け入れられないけれども、出ていけるんじゃないかなとは漠然とは思ってたんです。松本がどう思ってるかは分からないけどね。

いつか行ってやろうとは思ってましたが、まさかこんな形でとは思ってなかったし、Amazonでつくった『ドキュメンタル』のフォーマットが海外でいま売れそうになっている。

例えば、インドのコメディアンが自由に集まって笑かしあいをするとなったら、ちょっと見てみたい。インド人は密室で、どんな笑かしあいをするんかなあと。こういう広がり方ってあるんだなあと思います。それをまた、松本とインドの芸人でやったらどうなるかなとか、日本とインドの対抗戦をやっても面白いかもしれない。中国でも、フランスでも見てみたい。

松本が考えた企画が言葉の壁を越えて、コンテンツも外へ出ていくようになるんじゃないかなって思います。

漫才はアジアン・ドリームとして成立する職業

BI:日本の小説やドラマがグローバルなコンテンツとして受け入れられる、という見通しがあったのですか。

大崎:『火花』のNetflixのドラマも実は僕、ちゃんと見てないし、本当は本も読んでない。Netflixは、『火花』が190カ国で見られました、と言うてはりました。でも、『火花』の主人公の漫才師って日本にしかない職業。海外に向けたハウツー本みたいなものをつくってもいいかなと思う。

例えば世界に知られている「マンガ」は紙と鉛筆一本で描ける。漫才を始めるのは、なにもいらない。教室のすみっこにいるような、ハンサムじゃなくても運動神経がなくてもお金持ちでなくても偏差値が高くなくてもできる。アジアン・ドリームとして成立する職業だと思うんです。

東南アジアに行った時、若い子が「日本のポップカルチャーが好きで、日本語を覚えました。私たちの国には紛争や戦争があって、特有のカルチャーがないんです。今からつくっていきたいから、日本の人たちに教えてもらいたいんです」と言っていました。

アジアン・ドリームがかない、自己実現できる職業があるっていうのはいいなと思ってるんです。吉本としてチャレンジできるというのは、社員にとっても飽きないというか、面白い。

BI:Youtubeを通して、素人という黒船もきているのかもしれません。

大崎:情報過多だなとは思うけど、簡単に昭和の歌謡曲もアメリカの歌も聞ける。そういう幸せというのもある。ええ悪いということじゃなくて、マーケットが決めることかなあと。

東京に出ていく根性もお金も、そんな才能もないと思いながら、地方でコントをやってる子もいる。東京に行かなくても、吉本に入らなくても、デビューできるというのはすごく幸せなこと。可能性が広がっていくわけですから、楽しい時代だと思いますね。

『火花』のドラマがアジアや世界中に流れて、日本に漫才師という年収10億円が稼げることもある職業があって、いい学校を出ていなくても、ハンサムじゃなくても、成功できる可能があることを知らせることができるのは、幸せなことだと思います。

Sponsered Link



👦名無しさん
適正配分されてないのが
今のエンタメの現場なんだな。
テレビ時代が幕開けして最初は熱量が高い人たちが現場にいたんだろうけど、長い年月をかけて現在はよくわかってない人達がただ利権を守ることに必死で、私腹を肥やした結果が今に至るんだなと感じた。
そんな中このインタビューを読んで、吉本は色々と言われているけれど、企業としてはまっとうな感覚を持っていると思った。
👦名無しさん
若手時代に苦労していたダウンタウンを面倒みた…その経験と実績がある人は凄いね。
もうテレビは終わりだな。
お笑いもそうだけど、ドラマも地上波よりwowwowとかの方が面白い。
👦名無しさん
結局資本力には勝てないな、と。
アメリカはアメリカ単体で世界最大のマーケットだし、英語圏もカバーするから本当にデカい
中国は単体で10億人以上の巨大市場
日本マーケット的に厳しいよね
これ作品が劣るとかとは別のこともだからね
いくら日本でクオリティの高い小説を書いても、マーケット的に海外には敵わない
日本語という言語圏小ささはいかんともし難い
👦名無しさん
地上波だと何かと色々規制が厳しいし、自由にもの造りが出来るネットに行くのは正直仕方が無い気がする。
もうスポーツにせよバラエティにせよ、本当に自分が見たいものはお金を払って見ないといけない時代なのかもしれない。
👦名無しさん
がんじがらめの地上波より、今やバラエティー番組はネットの方が面白い物が大半。
👦名無しさん
テレビは制限が多いけどネットでは自由にできるって意見が多いけど、ネットはコストが掛からない分今のところそんなにスポンサーが絡んでないから自由なだけだと思う。そのうちネットの番組にも大手のスポンサーとかが絡んできて、視聴者が増えたらクレイマーからの苦情も直でスポンサーに行くことになるだろうし、そうなったらテレビと同じになるんじゃないだろうか。ある意味テレビより反応が早いからもっと神経質にもなりそう。
👦名無しさん
芸能事務所や芸能人は別にテレビにこだわる必要ないからね。
👦名無しさん
テレビはネットから仕入れた動画や情報放送するだけの二番煎じばかり地方に住んでいた頃はキー局で制作された東京凄い番組と野球はなぜか放送されるの読売ジャイアンツの洗脳番組、Amazonは痛すぎた壁無く見れるしドラマやお笑いにせよお金の掛け方の規模も大きい今後ネット関連は更に伸びるだろうしテレビは終わる
👦ピアニッシモ
今からはお金で見たい番組を買う時代になる。
でも、金額的には安い。
それに比べてNHK、面白くなく見ないのに高い料金を強制的に取られる。
今後、ネットが普及すればNHKは要らなくなると思う。
👦名無しさん
アマゾンプライムに登録しています。面白いので、どんどん配信して欲しいです。
👦hiyd
テレビだけじゃなくネットも占領したいんでしょ。
まだ他の事務所やタレントがはびこってない今が攻め時だし。
ネットなら若手の宣伝や売名にも使いやすい。
👦名無しさん
ネットの方がCMも全く入らないとこもあるし、入っても1分くらい。
テレビだとCMばっかり。いいとこで切ってのCMは特に長い。
だから、サクサク見れていつでも何処でも見れるネットが今後ますます普及するね。
👦名無しさん
実家に帰ると、テレビもインターネットに繋がっていて、小さい姪っ子が見るのはテレビじゃなくて、youtubeを見てました。選択肢が多くなったと感じました。
👦japan—200X
今田東野のカリギュラは当たり外れがありすぎて面白いけどな。
オレオレ詐欺選手権とか面白いし、エロいところでは「教えて尻ガール」
なんて地上波では放送できん。
あと意外と後藤裕樹の話とか面白かった。
酷かったのが、ゾンビオーディション。
最初は初物やから見れていたが、もう後半はダレダレ酷かったな。
今田も次はないって言ってたわ(笑)
👦日式
地上波は終わっていくね。訳のわからんクレームに怯えて自主規制ばかり。ホモをホモと言ったら叩かれ、上原を扱おうもんなら上から咎められ・・・
報道番組は何処の局も扱うのは同じような内容。
もうだめだな。
👦なに言ってるんですかね!?私。
最近、吉本関連の記事が多いが朝ドラの影響か?
👦名無しさん
この記事は面白かった。
👦名無しさん
NetflixamazonHuluしか見なくなったな日本のテレビはお笑いにしても韓中と比べても本当面白くもないし俳優や女優の顔も最悪なうえにアイドルも不細工ばかりこれは生まれ持った遺伝子的な事で仕方ないとはいえ演技や喋りぐらいは最低限プロっぽい所見せて欲しいわ
👦名無しさん
エゲツナイ資金力と日本以外の拡散力と最後は規制に引っかからないのが最大の注目点じゃないの
👦名無しさん
日本はソフトは面白いのにハードの仕組みが悪いからグローバルな戦いができない。ハードを海外に頼ると結局は印税のくだりのように中抜きされるから適正配分にならない。今となっては主戦場だったテレビはクレーマーのせいでソフトすら潰されてもう終演を迎えてる。次世代のハードを早く手がけたところが勝つのは見てるから頑張ってほしいわ・・
👦開拓重機
ホリエモンが言ってた通りになったな。やり方が良くなかったかもしれないが・・・。皮肉にもフジテレビも撃沈www
👦名無しさん
吉本専門チャンネルとかできて、
過去の漫才や番組とかも観れて、
再生回数に応じて出演してる芸人さんにマージンを払うとかになれば、
将来の保証のない芸人さんでも、
少しでも安定した収入が入ってくるかも。
これまた目指す夢としての価値が上がるかもしれませんね。
👦名無しさん
テレビの規制が強くなったのも要因だと思う。
松本が出てる番組は下ネタオンパレード、浜田の番組は車ぶつけ合う過激なもの。
規制が少ないネットに光明を見出すのは先見の明があると思う。
Amazonの資金力もすごいけどw
👦名無しさん
バラエティに関してはネットでやった方がいいんじゃないかな?
ネットTVの方が面白くなってきた
👦マティーニ
朝ドラジャック。
👦あれ?
もうテレビは終わりだな、とか仰る方がいるけどネットが更に広まれば、クレイマーもそっちを見始めて、苦情を言って、自主規制が始まるはず。
👦名無しさん
ガキ使でブリーフ一丁で体張ってた岡本氏が凄くエライ人になったのは感慨深い
未だイジられる藤原氏もそうだけど…
👦キー局の某作家
地上波はスポンサーや制限の問題で苦しいかもしれない。ただ、Abemaだって作ってるのは実質テレ朝だし、Amazonもだって制作は自社じゃない。要はノウハウはなくならないから、どの媒体でどうするのかってこと。
みんなネットのおかげでテレビ局がピンチと思ってるかもだけど、そんなことはなくて。それはそれでテレビ局にも恩恵があるんだよね
👦名無しさん
分かり切ったことだろ。テレビの枠がいっぱいになり過ぎたから、ネットにも広げたってことだろ。吉本がネットに大御所を使うのは、若手がネットにも行きやすくするためのパイプ作りだと思うけどね。
👦名無しさん
テレビの未来は暗いな。実際ほとんど見ないし。
👦inori
関東のお笑いはどんなのをやってるか知らないが、関西のテレビは毎日毎日吉本芸人ばかりで見る気もしない。最近は政治を扱うような番組でも吉本芸人が顔出してるし、東京の人がうらやましい。
👦ahonomics
まぁホモダの件は目くじら立てすぎとも思うが、
芸歴20年を超えたような連中がこぞって
ハゲだのデブだのブスだのが使えないと規制、
規制というのも芸が無く情けないと思うけどなぁ。
何時まで大学生向けまでの番組をベテランの域の芸人がやっとんねん。
大人になってテレビが昔より面白く無くなったと思うのは当たり前の話。
いつまでも誰かの容姿がどうのこうので笑えるわけが無い。
いっぺん松本だの岡村の「昔面白かった」枠の芸人に
規制とか一切気にしなくていいので面白い番組作ってくださいとやらしてみ。
それでも今流れているレベルと大差ない物が出来ると思う。
昔面白かった枠と腐したけどそれだけ中高齢層を笑わせるのは難しいという事。
👦名無しさん
テレビ地上波を参入自由化にしたらいい
👦ソフトクリーム
可愛がってる松本人志の映画の赤字を補填するためだろ!
👦名無しさん
動画コンテンツは死んだわけではないのにテレビは死んだと言われる。動画コンテンツとテレビの差を考えればこの原因が分かりそうなものの、テレビは広告代理店含めてシガラミだらけでどうにもならないのだろう。
ただ最終的には日本のお笑いは日本語圏から出られないので日本の市場が大きくなることが全体の利益になるのだが吉本興業がそこまで考えているとはとても思えない。むしろ銭にがめついイメージである。
👦aaaaaaaaaaaaaaaa
既成枠組みには閉塞感があるように感じる
吉本は お笑い エンターティメントだけじゃなくマネジメントや広告代理店業務もある。海外展開に向けた取り組みなら 若い人にも希望が出来るし 視聴媒体としても選択肢が増えるのは悪くない。
住み分けとして 地上波は高齢者向けの健康食品スポンサーの長いCMや健康番組でもやってれば?
👦名無しさん
テレビに将来性を感じなくなったからなのでは?
👦名無しさん
だからダウンタウンがアマゾンに出てるんか・・
なんでやろうって思ってた・・
もう社長になってんか・・凄いな・・
👦名無しさん
沖縄の番組なんてキー局からの東京スゴイ番組そのまま垂れ流し福岡に越してきたココでも東京外国人に人気日本スゴイばかり気持ち悪すぎ
自己愛性パーソナリティー障害でも発症してんじゃね
👦名無しさん
最近の芸人は政治的発言が多すぎる。
そんなもの面白い訳ないだろう。
絶対に両極端の意見があるのに、揉めるのが分かりきっている。
最近のテレビは左翼の洗脳番組ばかりでおかしいし、辟易する。
何の規制のないネットのほうが、わだかまりが無いモノが作れるんじゃないか。
👦名無しさん
「島流し」されたけど頑張って成功したナイナイさんすげー。
当時は周りの大人全員信用できなかったって言ってた。
👦名無しさん
吉本も、「芸人の取り分は10%です」で、ず~っとやってきてるんだけど、よそ様に同じことを言われると不条理に感じるんだなw
👦
内村さまぁ〜ずの初期
吉本所属のゲストMC回がDVDで欠番になった
別にその時不祥事起こした人はいなかったのにw
セカンドになってまた吉本所属芸人が出演するようになってけど
明らかに前は揉めたんだな?
👦名無しさん
先頭車じゃなくて戦闘車です
👦名無しさん
地上波なんてほとんど見る気にならんもんな。退屈。
👦名無しさん
いい記事だな
長いけど夢中で読んでしまった
👦名無しさん
年末の絶対笑ってはいけない!でケツバットが禁止になるように
地上波はあまりに規制が厳しい。だからテレビからネット動画配信へ
シフトチェンジするってことでしょ
吉本芸人全員ユーチューバーにすればいいんだよ
👦名無しさん
結局地上波テレビって既得権益の塊みたいなもんでそこはもうカチッとしててなにか変えようっていう力学が働かないようになってるんかな
でもこうやって外部からどんどん新しいコンテンツが生まれてくると必然的にテレビも変わっていかざるをえない状況になると思ってるけど
👦シリアルママ
ハウスオブカード、どはまり
民法はcmだらけで見てられないし見たいテレビはテレ東だらけ
頑張って下さい
👦名無しさん
日本のテレビの終わりも近いね

 
<PR>



▶ CMでも話題の利用者数150万人!ブランド宅配買取実績No.1【宅配買取 ブランディア】
送料・査定料・キャンセル料など全て無料で、お取扱いブランドは6,000以上!!
詳細はこちら ⇒ 利用者数【第1位】!!宅配買取ブランディア

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す