オダギリジョーの仕事論、「仕事なんてどうでもいい。もっと大事なことがある」(オリコン)

Sponsered Link
Pocket

個性派俳優・オダギリジョー。10月6日公開の映画『エルネスト』では、キューバ革命の歴史的英雄、チェ・ゲバラからファーストネーム「エルネスト」を授けられ志を貫いて殉じた<もう一人のゲバラ>とも言える日系人フレディ前村ウルタード役で主演を務める。困難な作品に挑みつつも、「仕事なんてどうでもいい」と言い切るオダギリジョー流の人生の楽しみ方について迫った。

■「ある意味阪本監督がチェ・ゲバラ、僕がフレディ前村」

『エルネスト』は、阪本順治監督が本作の原案となる書籍『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯/革命の侍』(キノブックス刊)と出会ったことから始まった。3年半にわたり、監督は現地に足を運んでリサーチを続けた。オダギリジョーは体重を12キロ絞り、約半年間でスペイン語とフレディ前村の生まれ育ったボリビアの方言を習得。撮影の大半はキューバで行われた。

「監督からオファーをいただいたのが出演のきっかけです。今の日本の映画界で、まず成立するのが難しそうな映画だなと思いましたが、それに敢えて挑戦する監督やプロデューサー陣の『革命』に参加したいと思いました。ある意味監督がチェ・ゲバラで、僕がその想いに賛同したフレディ前村のような感覚ですね」

■つらいことを乗り越える名案なんてない

日本での撮影とは全てが異なる環境。ハードルを越えるために、くじけそうなときの乗り越え方について聞いた。

「つらいことを乗り越える名案なんてないんですよ。ただ、乗り越えていくしかない。今作は、辞めたい、逃げたいと思う事ばかりでした。でも、逃げて先延ばしにしたところで、結局自分に帰って来るだけですもんね。それに加えて、僕が演じたフレディは、自分の命を懸けてボリビアの解放運動に参加しています。そして25歳の若さで命を落としています。そんな人を演じなければならない自分が、こんなことで逃げ出すなんてあり得ないですよね。命を懸けて戦った彼の精神性に近づく為にも、苦しいことに向かって進まなければならなかったんです。でも、逃げたかったですよ、本当は(笑)。他の仕事だったら逃げているかもしれません」

手を抜く、ごまかす、逃げ出す…つらい時の人間の行動や乗り越え方もいろいろあるなか、「困難は乗り越えるしかない」と言い切る強さの源とは。

「それは…結局のところ“努力”ということになるんじゃないでしょうか? 例えば、スペイン語を憶えていくことも、もちろん、本当に嫌になることの連続なんですよ。でもひとつずつ“今日は一つAの発音をクリアしよう”ってクリアした時の喜びを感じていくしかない。進歩を実感できれば、その次も進んでいける気になりますよね」

■オダギリジョーにとっての“仕事”とは

仕事のこだわりについて聞くと、「仕事なんてどうでもいい」と意外な言葉が飛び出した。

「自分の中では、自分の人生を一番に考えるので、仕事じゃない面も重要だと思っています。仕事は人生の中で一つの要素でしかない。大げさな話、今の仕事を辞めて、アルバイトで生きていけるのならば、それでもいいと思っています。仕事なんてどうでもいいと思うんです。人生において、もっと楽しくてもっと重要なことは他にたくさんあると思っています」

「映画が好きで、それを仕事にしている面もたしかにありますが、ただ仕事だけが人生じゃない。人間の喜怒哀楽は仕事だけがもたらすものではないでしょ。確かに資本主義社会で生きて行くことはお金を稼がなければならない訳で、やりがいのあるプライドの持てる仕事につくことは大切なことなのは分かります。でも、僕にとっては仕事よりも人生を豊かにしてくれるものが他にあると思っているだけなんです。だって、もしも仕事をしなくても、残りの人生に必要なお金をあげますよと言われたら、最高じゃないですか?(笑)仕事を辞めて遊んで暮らしたいですよね?」

■「人は、楽しいことに没頭すべき」

「ダメ人間の言葉みたいですが(笑)、仕事もそうだけど向き不向きってありますよね?人はそれぞれ個性がありますから、隣の人とは違う長所があるはずなんです。それに気付かず、気乗りしないことを続けても、もったいないのかなと思うんです。では自分が何に向いているのか?それを見つける1つの方法は『楽しいと感じることをとことん深める』ということだと思います。何でもいいと思います、人の迷惑にならなければ。自分の心に正直に、楽しく過ごすことが重要じゃないかなと思いますね」

「僕は、20代をあまりに働きすぎました。やりたいこともあったし、目標もはっきりしていました。あまりに働きすぎて、結果こうなったと思うんです。“仕事なんて…”って。なってしまったものはしょうがないんですけれど、それは良いこととも思えません。30代40代って働き盛りだろうし、人生も脂がのってくる一番いい時期だと思う。もし、僕が20代の自分に会ったとしたら、“楽しいことを思い切りやるべきだ”と伝えると思います」

Sponsered Link



👦名無しさん
お子さんを亡くされてますもんね。
もっと大事なことがある、
辛い経験がそう言わせるのかもと思います。
👦名無しさん
理想は、そうなんです。
でも、生きるために稼がなきゃだからね〜。
ただ、日本は、もっと余裕ある働き方を推進すべきだとは思う。
👦名無しさん
ちゃんと読むと真っ当なこと言ってるのに見出しで損してるなあ。
👦名無しさん
オダギリさんは1歳のお子さんを急病で亡くされてます。仕事は仕事。家のことは家のこととして切り離して、仕事のせいで家のことまで犠牲にしたくないって思いが強いかもしれませんよね。自分が逆の立場だったらそう思う。
👦通りすがり
雇われ仕事はそう思うかもね
自分で作り出した仕事なら、また考え方変わると思う
👦名無しさん
わかる。年齢を重ねて年々そう思う。
👦名無しさん
20代を働き過ぎた、目標も、やりたい事もはっきりしてて、結果こうなったと思う。は凄い共感しました。私は20代で友達も無くし、大事なのは仕事だけじゃないと、私も本当に思いました。
👦名無しさん
仕事なんてどうでもいい~って投げ出せればどれだけ心が楽になるか。
母子家庭私には、土台無理。
でも、そう思う時がある。
それでも、子供が巣だつまでは、体に鞭打ってガン張らなきゃ!
世のおとうさん、おかあさん、お互い頑張りましょう!
👦名無しさん
すごくよくわかる話だった
率直に言って日本は仕事を美化し過ぎてる気がしてた。
彼は自ら言うように20代で働き過ぎて、多分彼の欲しかったものは何も得ることができなかったんだと思う。
金は生きるために必要だけど、たくさんあっても買えないものだってある。
それが人によってそれぞれ異なる「もっと大事なもの」なんだろうと。
個人的には仕事は人間を作らないし、豊かさももたらさないと思っているから、彼の言葉はすんなり受け入れられた。
仕事は仕事でやるべき事だけど、仕事が人間の全てではない。意識高い自己啓発にありがちな「自己実現」なんて仕事に求めるもんじゃない。
人を豊かにするのは無駄な時間や遊びやどうでもいいようなことだよ。仕事がそうなる人もいるけど、それはそれで良いんじゃない、という話。
仕事にすがって自己実現を目指した結果にまともな評価がされなかったらそりゃ過労も自殺もするだろう、そんな社会。
👦…..
私もそう思ってました。仕事は苦行でしかないと。
でも今の職場に出会ってから考え方かわりましたよ。
身体の疲れは勿論あるけど
上司が部下、一人一人を尊重してくれて
頼ってくれて、誉めてくれる、
そんな職場に出会えて感謝しかないし、
仕事が楽しいなんて
思える日が来るとは夢にも思わなかった。
オダギリさんは
辛い事がまだ近くにあって
乗り越えるにはまだ時間が経ってないですよね、
自分の子供も無くすなんて
想像絶する位辛いんだと思う。
👦名無しさん
その通り。
仕事は二の次って人生を私は望むかな。
ほとんどの国民はそうだと思う。
日本は本当に、働き方改革を早急にしなければならない状況にあるが、変わる様子は無いな。
日本国民はこれで良いのだろうか?
国民から行動を起こして行かないと絶対変わらないと思う。
優秀な人は海外行ったほうが幸せになれるよ。
このまま進めば遅かれ早かれ、日本は沈むゆく島だと思う。
👦mafu※※※※※
よく考えたら、平成のイケメン仮面ライダーの最初はこの人だし、なにげにいろいろとチャレンジ精神のある人だよね。
👦名無しさん
人生楽しんだ者勝ち。
娘にずっと言い続けてきた言葉…
試験の朝も、苦手な体育祭も
「楽しんでおいで」と送り出したなぁ。
そのお陰か性格か判らないけれど
社会人になった今も
毎朝「楽しんで来る」と言って出掛ける。
何よりだと親として思う。
👦名無しさん
確かに20代はドラマ、映画
主役ですごかったもんなー
好きだったなー
でもドラマで視聴率悪くなってから
見なくなったよね
オダジョーが悪いんじゃなくて
脚本が悪かったから視聴率とれなかった
だけなんだろうけど
それ以降主役をドラマで見なくなったもんな
でも脇役の方が今はあってるかもね
👦名無しさん
でも、仕事をしているからこそ、プライベートが楽しく感じたり生きている証になる時もあるんだけどね。
オダギリさんの考えもわかるしなぁ。日本人は定年退職後に鬱になる可能性が非常に高い。それは仕事に没頭して生きてきて、いざ仕事がなくなると何をしていいのかわからないらしい。
趣味も大切にしていきたいね。
👦名無しさん
人生は後悔の連続です。
だからきっと過去の自分にあったら。
私も同じ事を言うと思う。
人生は1度きりやりたい事をやれるならそれはやった方がいいのかもね…。
👦名無しさん
日本人は仕事に依存しすぎってことが言いたいんだと思う。
仕事のために本当にやりたいこと、家族や趣味の時間を犠牲にしてる。
通勤に2~3時間かけたり、単身赴任で飛ばされたり、会社の奴隷と化している。そこまで仕事や金が価値があるものではない。忠誠を誓った会社が潰れれば路頭に迷う。依存しすぎた結果だ。
神は人々に時間だけは平等に与えた。だれも200歳まで生きれない。
キューバに行ってそう感じたんだと思う。
👦必殺・天誅党
全く賛同いたします!
だから、年金が75歳で支給なんて言っている政権は、日本人に人生を楽しめなんて、思ってないと思う!
大橋巨泉じゃないが、いかに早くリタイアして、自分の好きなことのできる体制を作ることが、人生一番の大切なことだと思う!
日本は、十分にお金はたまっているが、天下りした一部の悪党のところに停滞している!
👦名無しさん
タイトルだけをみると家族を持ってる人間が何を言ってる?と思ったけど、オダギリさんは我が子を亡くした経験があるぶん、仕事以外に大事なものがあると強く考えますよね。
👦名無しさん
最初タイトルで何だと~!と思ったけど、読んでいるとそうも思える。でも私は明日の生活のために好きではないが働いている。
👦旅烏
明治維新以前の日本人の労働時間は極めて短く、しかもかなりいい加減でした。
雨が降ると中止せざるを得ない仕事は多かったし、夜になればおしまいという仕事も多かった。
安価な魚油の行灯は臭くて長時間使えないし、菜種油は高くてそんなに使えなかった。
週に30時間も働けばかなりのものだったと思われますし、それでもみんな食べていけた訳です。
人が労働者として、長時間労働をさせられるようになったのは明治中期以降ですし、皆が皆パソコンで仕事をし、ケータイで追い回されるようになったのもわずかここ20年ぐらいの話です。
一昔前はタイプライターは専門職、自動車電話は高価で、限られた人しか使えませんでした。
1980年代までは、出張ももう少しのんびりしていたものでした。
一回しかない人生、そんなにガツガツ急いで必死こいてどこへ行く?ですね。
👦名無しさん
オダギリさんは以前からそう言ってますね。それなりに食べていけるでしょって。ほんとその通りで今の日本って平和ボケというか幸福感満足感を感じて生きてる人があまりいないと思う。生きてく為に危機感も感じないといけないと思う。働かないと食べていけないのではなく、毎日を楽しく燃焼できて生きる為に今、自分が何をすべきなのかということを考えないとね。ネット社会がそうしたのかもしれないけど、私も死ぬために生きてる気がする。何とかしないと。
👦名無しさん
一見、良い意味で達観してるようでもあるが、
いくら人とは違う良い仕事をしたとしても
それをきちんと見て評価してくれる人がいない。
きっと彼には、
そんな苦しさみたいなものが有るんだろうな。
アーティストはみんな、好きな映画をやったり、
好きな歌を唄ってるわけじゃないと思うけど。
時には狙って、興行的に当てていかないと、
もう次の機会がなくなってしまうわけだし。
僕はオダギリジョーよりも丁度1回り上だけど、
人間は『諦めの境地』が過ぎると
また次の次元で見えてくるものが有ると思うよ。
👦名無しさん
この人私生児で父親の顔知らない。家庭に恵まれなかったから自分は幸せな家庭良い父親になりたかったんだろうと思う。一見悪びれて見れるけど実は凄く真面目な人だと感じます。まだ息子さん亡くされて心は癒えないでしょうけどステキな俳優なので頑張って貰いたいです
👦名無しさん
20代は私も根を詰めて働きすぎました。周りからも会社からも評価されたくて、完璧主義を貫きました。
その結果なのかわからないけれど、心も体もいっぱいいっぱいで、病気になりました。こんなに真面目に働かなければよかったと今は後悔しています。
能力と時間を、自分のためだけに使いたい。多く稼がなくても必要不可欠なだけのお金があればいいので、自分を大事に1番に考えて生きて行こうと考え方を変えました。
👦名無しさん
大人になると
遊びはお金かかるよね。。
子供の頃は
公園の敷地内で済んだのに。
行動範囲が広くなるって
結局そういう事になるのだろう。
そう近くない未来に
仕事はロボットになるかな?
そしたら人間は少し休むべきだ。
働きすきだわよ(^_^;)
👦名無しさん
若い時に辛い疾患の経験があるから、過労で倒れるほど仕事に没頭したとは思わない。オダギリと同い年の俺も少し冷めた感じで仕事を捉えている。
まあでも、俺も趣味を仕事にできたらいいんだけどね。
それに向けて努力しているところ。
👦名無しさん
人一倍仕事してる人が言ってるからカッコいい。
これ重要だからね。
まあ後、何人か言及してるけど、彼、子供さんお一人亡くしてるからね。家族と過ごす時間の方が大切になるに決まってるよね……
👦名無しさん
オダギリって映画監督なりたくてアメリカの映画学校入ったら俳優コース間違って入っちゃったところから始まってるんだよね
嫌々受けた仮面ライダーのオーデションに受かったり変な運命の人生
👦名無しさん
税金を払うために働いてる気がする。搾取された税金は行方不明ですが。とにかく払わないといけないし、そのためには働かないといけない。仕事より大切なものたくさんあるけど、まず仕事のことを考えてしまう。何かが変だ
👦名無しさん
本当にそう思う。
とは言っても、仕事であっても楽しんでやってるものは仕事だと感じていないと思う。
てか、番宣のどの番組かで、オダギリ的なファッションはスタイリストの衣装であって、普段の私服はシンプルってのが一番驚いた。
👦名無しさん
体調を崩して数ヶ月の今、本当にそう思う。
毎日苦しいのに、働くことはやめられない。
でも、心身の健康以上に大切なことではない。
仕事より優先すべきことはある。
退職して、アルバイトしながら転職活動しようかな、、
それが出来るだけの貯金はある。
でもそれだと転職に不利かな、とか考えてしまったり。
生きづらい!
大切なことをちゃんと大切にしながら、生きていきたい!
👦名無しさん
逆に売れてなかったら、まだまだ仕事に貪欲なんだろうけどね。
👦名無しさん
私もどうでもいいと思うことがありますね。
ろくに休まず休憩すら取らず真面目すぎるぐらい働いて、お客様を一番に、徹底的に管理して、さっきも課全体に注意勧告したばかりだが、だからなんだと言うんだ。心なかでは本当はどうでもいいと思っているなど、まわりの人間は誰も思いもよらないだろう。
👦名無しさん
個人的には仕事の辛さって100%人付き合いから来るものだと思う
良い仕事をする為に厳しく言い合うのは楽しいし、そういったチームで仕事をしていれば自ずと定時に帰ってプライベートも充実する。
しかし立場でしかものを語れない上司や、責任範囲を理解してない客先と関わるプロジェクトにつくとほんとうんざりするし、無駄な作業に無駄な残業というよくあるパターンに陥る。
もし巷で言われるように本当に日本人の過労死が有意に多いのだとすれば、一番大きな原因は役職者にコミュ障が多すぎるということだと思う。
👦名無しさん
とても素直な言葉で心地よかった。
たしか、時効警察というドラマがターニングポイントって言ってたいたはず。あれは面白かったなあ。
👦名無しさん
人それぞれだね。
出川なんかは仕事で死ねたらいいくらいのこと言ってるし。
👦名無しさん
この記事のタイトルがあまり良くない。
👦名無しさん
まあ、ある意味余裕の発言には思えますね。芸能界での立ち位置がしっかりあるので。でも好きな俳優なので応援してます。作品に恵まれていない感じもあるのでね。
👦名無しさん
オダギリジョ-は日本一好きな俳優です。
とんがってた時代も好きですが、最近の力んでない言動も好きです。
アルバイトでもいいとのことですが、職場にオダギリジョ-が居たら、女性陣は喜んで仕事に行くと思います。
👦名無しさん
『オダギリ、仕事辞めて遊びたい』とか、全然言ってないじゃん。内容とあまりに違う表題に驚き。
👦風車
まれに、
仕事と大事なことがかなりの部分重なっている生き方をしている人が居る。
例えば日野原重明さんのような・・・
私もそうありたいと願っているが、
実はときどき、仕事も大事なこともどうでもよくなることがある。
👦名無しさん
言葉だけ拾うと甘いなと思うけど、お子さんを亡くした経験とか、たくさんの出来事に向かい合っての言葉だから、重みを感じる。
👦名無しさん
『楽しいと感じることをとことん深める』
いい言葉だなぁと思いました。
深めたいほど楽しいと感じられるものが見つけられない、、
そんな人が多いのも現実かなと思いました。
👦名無しさん
前向きな生き様が好感が持てますね
👦名無しさん
色々人生模索してよいと思う。
👦名無しさん
オダギリさんの話もそうですが、共感し過ぎて夜中なのにコメント読み漁りました。
ただ遊びたい、ではなくみなさんが苦労なされている事が伝わって来ました。
真面目な人ほど失う物が多くなっているように思います。
日本人は時間・心身に余裕の無い人が多く、クレームやストレスが循環してさらに状況を悪化させています。
人間らしい生活を送るためにも、自分を大事に、他人も大事にする様、生き方を考え直す必要がありますね。
みんな笑って生きたい。
👦白玉
多分彼みたいな人は、どんな仕事にも楽しさを見出せる性質だと思う。そんな彼が働きたくないというのは、言葉通りじゃなくて、昔の自分みたいにはもういいかなってニュアンスな気がする。仕事のこだわりのハードル下がったんだろうね。昔は命削りながらやっていたんだろうな。そら、もういっかってなる
👦がらがらへびのおっさん
引用>オダギリジョーは体重を12キロ絞り、約半年間でスペイン語とフレディ前村の生まれ育ったボリビアの方言を習得。
もう俳優として進歩の過程が無い、
俯瞰的な勝者の発言のように聞こえるけど
オダジョーなら納得ですな。
やっぱ、この映画を観たくなるって思わせられるのが、事実あっての論理。
👦ルイボス茶
もっと季節を楽しむ人が増えると、笑顔が生まれる。
👦inbit
人って、自分の幸せよりも子供の幸せ、親の幸せ
周りの大事な人の幸せを願って頑張ってるように思う。
そして、親が亡くなり親戚の大事なおじさん、おばさんが亡くなる。
年を取ると大事な周りの人が他界する。
何度も大事な人の、再起も看取る。そして葬式から焼き場へ。
骨を見て気づく。人間の命の儚さに。
一度きりの人生。何をそんなに頑張ってるのかってね。
仕事だけの人生なんてもったいないと悟った。価値観も変わったし。
お金なんて欲はは無限大。隣の芝生は青い。
大金は使えないし、大事なものに気づく弊害にもなる。
生活の困らなければ十分。
👦Annie
仕事なんてどうでもいい。って無責任なようだけど、最終的には大事な考え方だと思う。
仕事による過労死や自殺なんて、あってはならない。まず1番大切にすべきものは、自分の命。
👦b
仕事、どうでもいいというか、優先順位が一位になっちゃいけないなと思う事がよくある。もっと大事なことはそりゃあるよね。
👦名無しさん
向き不向きもあるけど、自分が楽しいことをとことんやるっていいことだと思う。
好きな仕事をしていた若い頃は、働くのが楽しくて仕方なかった。意味もなくプライドみたいなものさえあって仕事帰りに仲間と仕事についてよく語ったなぁと。
結局大した実力もなく挫折して、苦しんだけど、やりたいことをチャレンジしたという充実感はあるので後悔はない。
今はちょっと、もぬけの殻。中年になったいま、何か夢中になれることはないか、ずっと探している気がする。
👦ハルマゲドン
共感しました。その通りだと思う。
苦労された感じあるね。
👦名無しさん
うーん…でも、仕事が充実してると人生も充実するけど、私の場合。
でも、数年で飽きてしまうので、何度も転職してますが、いろんな面白い仕事をしてきました。ある意味、遊びより面白い。
仕事は仕事、遊びは遊び、どちらも楽しむ人生が送れたらいいと思う。
👦名無しさん
子供が巣立ってから離婚しました。
お金には困らなくなったけど、今度は何のために働かなきゃいけないのか、何のために生きなきゃいけないか判らなくなりましたね。
ただ、仕事で死ぬのは嫌だということはあります。
歳も歳だし、これから自分探し。なんてカッコイイ大義名分も当てはまらないし。
日々模索です(^-^;
👦名無しさん
仕事なんてどうでもいいとは思わないが、遊んで暮らせるなら、それに越したことない。
👦名無しさん
相変わらず素直にモノ言い過ぎて、誤解を多く生んでるなぁ…(笑)
読解力ない人振り落とされまくって、見当違いなコメントしてる人もいっぱい…。
「仕事はどうでもいい」って言うのは、生きていく上で人生の一番の重きはそこじゃないってだけでしょ?それは個々の作品の撮影に臨むスタンスとは決してイコールじゃないと思うけど。
オダジョーは引き受けた仕事は全力で全うする人だし、でなきゃ12kgも減量してスペイン語はおろか現地の方言まで短期間で習得しようなんてするわけが無い。
クウガの頃も特撮や子供番組についての持論を述べたソコだけ取り上げられて色々言われてたけど、アレだってインタビュー全文キチンと読めば彼がどういう意識でやってたか黒歴史だと思ってなんか無いってわかるハズなんだけどな…。
👦aramondo
この人を特別好きなわけじゃないけど、見る作品の中でたまに拝見するけど、見るたびにその作品の中のキャラに引き込まれる。
どうでもいいと言ってはいるけど仕事に情熱を注いでいると思いますけど。

 
<PR>


■テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト【トリバゴ】

楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど

国内外250社以上の旅行サイトが提供する80万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較。

最安値の宿泊プランを検索できます。

国内旅行から海外旅行までホテル探しなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す